ぼらぐ ~ボランティア・市民活動センターの職員ブログ~

新任福祉協力員研修(戸畑区)を開催しました!

投稿日:2015.09.03 カテゴリー: 研修課

月21日、畑区役所で行われました

 

戸畑区社会福祉協議会 草木会長より開講の挨拶の後、

 

「社会福祉協議会活動とふれあいネットワーク活動推進事業」

の説明がありました

ふれあいネットワーク活動つのしくみ

り・け合い・え合い

 

 

次に「福祉協力員活動のワンポイントアドバイス」

福祉協力員を無理なく続けるための五箇や、

よりよいミュニケーションについてのお話がありました

 

 

 

「健康マイレージの事業説明」「ボランティア・市民活動センターからのご案内」

の後、戸畑区役所 いのちをつなぐネットワーク 白浜担当係長より、

「ふれあいネットワーク活動の支援」について・・・

~地域で「つけるなげる・見」~

 

 

グループワーク「先輩に学ぼう!福祉協力員の活動」では、

一枝地区社協と浅生地区社協の先輩福祉協力員さんから

経験談をきいたり、アドバイスをしてもらったり充実した時間だったようです

しく活動できるように考え方も楽しくすること」

「日常の活動の中での配り、無理しないですることが長きする」

などのお話があったようです。

 

 

最後に北九州市社会福祉ボランティア大学校 山﨑校長より閉会の挨拶

 

 

色々なテーマがあり、充実した内容のプログラムで、とても有意義な

時間となりました。

ご参加いただいた皆様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております

 

夏祭り

投稿日:2015.08.28 カテゴリー: 市社協VC

みなさん こんにちは

夏休みも終わりに近づいてきましたが

まだまだ暑い日が続いていますね~

高齢者施設では

あつい

夏祭りが行われていますよ

 <第一シルバーホーム小倉さん>

 施設長さんから渡されたハッピを着ているボランティアさん

夏祭りに参加している利用者さんの移動補助のお手伝いをしてくれました。

 「焼き鳥焼いてま~す

    <ラクラス浅野さん>

「タコ焼きど~ぞ

 

ボランティアとして活躍してくれているのは

麻生公務員専門学校の学生さんです。

顔出しNGの人も OKの人も

にこにこ テキパキ 頑張ってました

この日はとってもお天気で暑かったので

ボランティアさんのテラスでの活動に

「とても助かってます~」と職員さんから喜びの声をいただきました

利用者のみなさんも夏祭りを楽しんでいました

朝晩涼しくなってきてるので

みなさん体調管理に気をつけてくださいね

 

 

 

八幡西ボラ連 第3回 ボランティア講座

投稿日:2015.08.26 カテゴリー: 総合

八幡西区社協 ボランティア・市民活動センターです

八幡西区ボラ連 第3回 ボランティア講座が、

8月18日(火)に筒井市民センターにて開催されました。

テーマは、「地域の中で元気でイキイキと生きるには」

講師は、元社会教育主事 半田 百合枝さん

 

 

 

 

 

 前半は、これからの人生に必要なものとは・・・・。健康を維持するためには・・・・。

たくさんのヒントをいただきました。

「子どもは必要とされて大人になっていく。老人は、必要とされて生かされる。」

との言葉が心に響きました。

必要とされるために、脳を活性化し、若返り体操に挑戦!

 

 

 

 

 

 

グー、チョキ、パーを組み合わせた手遊びです。

思うように動かなくて、皆さん笑ってごまかしていましたよ

「長生きサンバ」の曲にあわせてノリノリでした。

地域の中で仲間づくりをして、これからもイキイキ活動しましょう。

 

おかげをもちまして、ボランティア講座(全3回)が、無事終了できました。

ご協力ありがとうございました。

この秋,ボラ連では、バス研修、市民ふれあいフェスティバルのバザー参加などの

活動を予定しており、会員皆で楽しみながら準備をすすめています。

 

あなたもボラ連の会員になりませんか?

詳しくはこちら

 

 

 

親子点字教室

投稿日:2015.08.12 カテゴリー: 市社協VC

 皆さん、こんにちは!

 北九州市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターです。

 「体験」を通じた学習機会を提供し、より多くの方が福祉を身近に感じていただける

ことを目的に、8月8日(土)に、ウェルとばた12階のHI研修室で親子点字教室

開催しました!

 この教室は、小学校高学年のお子さんと保護者を対象にしており、今回23組46人の

方が参加して、一緒に点字について学習・体験しました

 (会場の様子)

 親子点字教室の内容は、まず開会の挨拶の後、一般社会法人 生き方のデザイン研究所

の原槇(はらまき) 奈々恵さんから「目の不自由な方の生活と点字」をテーマに、お話

がありました。

 ご自身の体験を踏まえ、料理のレシピや新聞、調味料の容器などの身近な所で、点字が色々

使われていることに気づかされていました

   (原槇さんと相棒の盲導犬のヴェリー)

  原槇さんのお話が終わると、続いては実際に点字盤を使って点字を打つ体験です。

北九州市点訳・音訳ボランティア連絡協議会の鳥羽 啓子先生が前に立って、点字

の書き方について説明され、その説明を聞きながら皆さん黙々と点字を打ってました。

分からなくなったりしても、すぐ先生方が教えてくれていました

     

(点字の説明をされる鳥羽先生)    (点字を打つ参加者と見守る先生方)

 打った点字は、原槇さんを始め、普段から点字を使っている4人の先生の所へ持って

行き、間違いが無いかチェックしてもらいます。それにしても慣れていらっしゃるとはいえ、

先生方の点字を読む速度の早さに驚きです

  (打った点字のチェック中)

 この後は点字で残暑お見舞いのハガキを作成しました。

 最後に生き方のデザイン研究所 代表理事 遠山 昌子先生より、「今日の体験を通して

目の不自由な方にとって、点字の点一つ一つが大切なものであること、また点字が皆さん

生活の身近なところにあるということを学べたと思います。もし街中で点字を見つけて

も、点を剥いだりしないようにしてください。」とまとめとふりかえりをしていただき、

点字教室は終了しました。

 (遠山先生のまとめ)

 私はずっと見学していたんですが、見学だけでも点字について凄く勉強になりました

来年度も開催する予定ですので、興味がある方はぜひ参加してくださいね

    

  (親子点字教室の題字)      (来年の皆の参加をお待ちしてるワン)

  

 

 

 

 

 

 

夏ボランティア体験学習開催中!

投稿日:2015.08.09 カテゴリー: 市社協VC

 皆さんこんにちは!

 北九州市社会福祉協議会ボランティア市民活動センターです

 最近暑い日が続いておりますが、そんな中今年もいよいよ夏ボランティア

体験学習が始まりました!

 今年も太陽に負けないくらい、熱い心を持った730名からご応募いただき、

抽選の結果、670名が参加することになり、先日事前研修会を行いました。

            

 研修では、ボランティア活動を行う上で、重要な注意事項について注意・説明

させていただきました。多いときには1回の研修に300人近くおり、その前で話を

する私は緊張しっぱなし。ですが皆さんのご協力のおかげで、無事に終わりました!

          

   (事前研修会が始まったときの様子)   (注意事項に熱心に耳を傾ける参加者達)

  これからは決められた日程で3日間、受入先の施設へ伺ってボランティア活動を

することになります。早い人はもう終わっているし、遅い人はまだこれからの活動に

なります。

 この3日間は他では経験できないことを経験できる、とても貴重な3日間です。

この活動を通して、色々な事を学び、感じてくださいね。

 もちろん、楽しむことも忘れずに!Let's enjoy!

 

P.s 夏ボランティア体験学習のページは右側の「2015夏ボランティア体験学習」

 をクリックすれば見れます!良ければ一度見てみてください

 

 

 

 

傾聴ボランティア養成講座を実施しました!その3

投稿日:2015.08.08 カテゴリー: 研修課

最終日は専門研修です

 

 

「認知症サポーター養成講座」「施設が求めるボランティア」

2コマの講師はグループホームやまびこ 施設長 田中良幸先生です

   

認知症についての症状、現状、介護家族の負担など事例を交えて、

わかりやすくお話していただきました。また、施設ボランティア

大事なことを教えていただきました

 

 

修了証授与

 

 

・・・そして交流会です

活動者による体験発表は、期修了生の廣川さんです。

1年先輩のお話は、感できたり、参考になったりしたようです

 

 

八幡西区社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センターから

講座のお知らせなどをしました

 

 

最後は、先輩ボランティアさんを交えて、お話が盛り上がったようです

 

加者より・・・

・これから私に何ができるかと自分にうよい時間を過ごせた

いてもらうことで心のケアになると感じた

・共しながら傾聴ボランティアができるようになりたい

などの声がありました。

 

 

3日間おつかれさまでした

みなさまの今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

 

傾聴ボランティア養成講座を実施しました!その2

投稿日:2015.08.07 カテゴリー: 研修課

日目「応用研修」の様子をご案内します

 

 

まず、「シャベリカ」というカードを使って、各グループでワーク。

傾聴の基本姿勢を学びます。カードに書いてあるお題について、

1人ずつ話し、他の人が傾します

 

         

いていることを態度と言葉で表現することでコミュニケーションは活気づきます

 

 

午後からは、「表情をかに表現するワーク」を実際にやってみました

   

・意図的に行うとしい。

の表情は心と一致してないと笑顔もこわばり、言葉もむなしく相手に伝わる。

 

という声がありました

 

 

次は、しあう体験!班のみんなを順番にほめていく「いいところさがし」

2日間終えて、1人ずつ感想

・お話がわかりやすかった。

・ワークは実践で生かせそうだ。

・たくさんの人と接し、新しい出会いに感謝。

などいろんなことを学べて有意義だったようです。

 

 

次回は、第日目を掲載します

 

傾聴ボランティア養成講座を実施しました!その1

投稿日:2015.08.05 カテゴリー: 研修課

ボランティアとは・・・

 

不安や寂しさを誰かにきいてほしいと感じている人の

こころに寄り添い、話を聞き、話や考え方を否定することなく

受け止めて話を聞くボランティアです

 

 

今年度は、八幡西区で開催しました。たくさんの応募の中から

抽選で選ばれた受講生は、今回で10期生となります。

講師は、福岡県臨床心理士会

臨床心理士 シャルマ直美先生です

 

 

今回は、第日目「基礎研修」の様子をお伝えします

まずは、自己紹介をかねて共通点さがし

1人ずつ全員とお互いの共通点を見つけます

あっという間に仲良しに・・・

      

 

 

講義では、こころを癒し、孤独感や不安を軽減して安心感と

なることや、思いを聴き必要な援助につなぐなど、

傾聴の意義を学びました。

 

 

各グループに先輩のボランティアさんに入っていただき、

実際の動についてのお話を伺ったり、質疑答を行いました

 

 

最後に「ゲートキーパーの得」をDVD視聴

グループで気づいたことや心に残っていることを話し合い、発表しました

 

次回は第日目の「応用研修」を掲載します

 

八幡西ボラ連 第2回 ボランティア講座

投稿日:2015.07.28 カテゴリー: 総合

八幡西区社協 ボランティア・市民活動センターです

八幡西区ボラ連 第2回 ボランティア講座が、7月21日(火) 筒井市民センターにて開催されました。

テーマは、「琉球民謡で伝える 沖縄の心」

講師は、二代目定絃会師範 林輝美琉球民謡研究所主宰 林 輝美さん

沖縄生活で学ばれた肝心(チムグクル)とは

「思いやり」「優しさ」「助け合い精神」などを表す言葉だそうです。

沖縄の人の心に触れ、あったか~い気持ちになりました。

沖縄民謡の歌詞には、楽しく生きていく為の心得が込められているそうです。

語りと歌で心が癒されるひと時でした。

最後にみんなで楽しく踊りましょう “カチャーシー”

手の動かし方を教えていただきました。

講師の奏でる三線と歌声にあわせて踊るのはとてもたのしかったです。

 

沖縄の「なんくるないさー」(なんとかなるさー)で乗り切って行こうと思いました。

 

次回の講座は8月18日(火)13:30~15:30 筒井市民センターです

詳しくはこちら

 

 

 

新任福祉協力員研修(小倉南区)を開催しました!

投稿日:2015.07.04 カテゴリー: 研修課

月6日に若園市民センターで、6月20日に曽根市民センターで

開催されました。

 

 

まずは、ふくし劇団「こくら南プチボ」による演劇・・・

  

身近に起こりうるニセ電話詐欺のお話

地域の人とのつながりは大切です

ひとりでかかえこまず、まず相談を・・・

 

 

次に「社会福祉協議会の活動とふれあいネットワーク活動」について

守り・け合い・し合い

 

 

康マイレージ事業

  

 

 

小倉南区役所 保健福祉課 いのちをつなぐネットワーク担当係長より

  

民の皆様が社会的に孤立することなく、

支援が必要な人には、くしのサービスなどにつなげることができるように

地域全体で見守る仕組みをつくっています

 

 

最後に、小倉南区社協 﨑田事務局長より閉会の挨拶があり、終了しました。

 

加者からは、

・高齢者の方などが心して暮らせるよう、見守り活動をしていきたい。

・困った時の絡先がわかってよかった。

という声がありました。

 

みなさまの今後一層のご活躍をお祈りいたしております

 

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || 次へ»