ぼらぐ ~ボランティア・市民活動センターの職員ブログ~

熊本地震に伴うボランティアバスを運行しました~パート2~

投稿日:2016.06.14 カテゴリー: 総合

こんにちは北九州市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターです

熊本地震に伴うボランティアバスの運行~パート1~の続きです

 

活動を行う依頼者さんのお宅に到着したら、まずはご挨拶そして詳しい活動内容の確認を行います。

今回の主な活動内容は、

倒壊した家屋から出された大事な家財道具をゴミステーション(集積所)まで運んだり・・・

 

 

 

 

 

 

 

別のグループでは、落ちてきた屋根瓦や倒壊した壁を土のう袋に詰めたり・・・

 

また別のグループでは、一輪車や人の手で運べる場合は災害ゴミを近くのゴミステーションまで運搬したり・・・

 

・・・と、多岐に渡りました。

気温の上がった日中の活動は特に、休憩を適度に取りながら熱中症やケガに気をつけます

 

活動自体が終わらなくても15時には活動を終了し、16時までに出発した熊本市災害ボランティアセンターの各サテライトまで戻ってきます

サテライトに戻ってきたら、災害ボランティアセンターから持ち込んだ資機材をきれいに洗浄します

 そして、メンバーからの意見をまとめたリーダーが、運営スタッフに活動報告をします。

 活動報告の内容は、依頼者の要望も聞いた上で活動を継続するのか完了なのか、また活動中気付いた点を伝え、次回に活かします

 

 

 

 

 

活動報告を終えれば、活動終了です活動を終え、清清しい表情をされていますね

 

 

 

 

 

  

 みなさんお疲れ様でした

 

これからまた、バスに乗って北九州まで帰ります

日帰りという短い時間の活動ではありましたが、少しでも困っている方々の力になれたのであれば幸いです

 

 

そして・・・災害ボランティアとして活動する上で1番大切なことは、ケガや熱中症に気をつけることもそうですが・・・

依頼者の(地震により喪失感に悲しまれ、大事な家具や持ち物を災害ゴミとして処分しなければならない)気持ちに寄り添いながら活動を行うことです

 

参加された方々からいただいたアンケートの中には、

『自分が災害に遭えば同じような想いをしているでしょう。希望を見つけ元気を出してもらいたい。』との声がありました。

また、『人のために無償で活動することの楽しさを感じた。』

『人のお役に立つこと、そして支えあうことの大切さを学んだ。』ともありました。

 

災害ボランティアセンターは、主に各地域の社会福祉協議会と行政や関係機関・団体等が協働のもと運営しています。

災害ボランティアセンターによって、運営主体や運営方法はさまざまですが、災害ボランティア活動を被災地の力になるようにつなぐ役割を果たすことに変わりありません。

 

 

そして・・・今でも熊本地震により大きな被害を受け避難生活を送っている方、また、日常生活を送っているように見えても、心配ごとや悩みごとを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。

現地に行くことはできなくても、義援金や支援金を送ったり、熊本産の物産を購入したり・・・とできることをこれからもしていきます

いち早く日常を取り戻すことができますように、心から願っています。

 

最後に・・・今回のボランティアバスの運行にあたっては、様々な方々のご協力があり実施できました。

運行のご協力をいただいた北九州市交通局さま、

早朝から駆けつけご参加いただいた市民の皆さま、

北九州青年会議所さま、連合北九州さま、北九州高齢者福祉事業協会さま、大英産業さま、九州電力さま、エフコープさま・・・

本当にありがとうございました

 

西部ガス労働組合北九州支部 U-SHIP様より、プルタブ・義援金等を寄付いただきました

投稿日:2016.06.09 カテゴリー: 市社協VC

市社協ボランティア・市民活動センター 活動推進課です。

6月7日  西部ガス労働組合北九州支部 U-SHIPさんが来所され

プルタブ(24.3kg)、切手(290g)を持参してくださいました

 

 プルタブは、若手組合員で構成されるU-SHIPさんが呼びかけ、

北九州支部の組合員約300名の方々が、協力して集めていらっしゃるそうです。

今年のプルタブの量は、なんと昨年の2倍以上

みなさん、かなり喉の渇いた一年だったのでしょうか?

冗談はさておき、きっとプルタブ収集活動が浸透された証ですね!

  

 

さらに今年は、3月のフリーマーケットでの売上金を

熊本地震義援金として寄付してくださいました。

お預かりした義援金27,564円は、熊本県共同募金会に寄付させていただきます。

 被災地支援には、今回の義援金や寄付金のほか、被災地の品物を購入したり、

現地に行かなくてもできる方法があります。

私たちもU-SHIPさんのように、自分たちにできることで

被災地のみなさんを応援していきたいですね 

 

西部ガス労組北九州支部のみなさん、ありがとうございました。 

熊本地震に伴うボランティアバスを運行しました~パート1~

投稿日:2016.06.09 カテゴリー: 市社協VC

こんにちは 北九州市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターです

段々ジメジメとした季節になっていますが、いかがお過ごしでしょうか

 

さて、5月27日(金)と6月3日(金)の合わせて2回、平成28年熊本地震に伴う被災地支援活動としてボランティアバスを運行しました。

参加いただいた方々は、災害ボランティア登録者さんや北九州青年会議所さん、北九州高齢者福祉事業協会さん、関係企業・団体さんなどです

早朝に市内で出発式を行い、1回目は熊本市災害ボランティアセンターの城南サテライトへ、2回目は城南と東区サテライトへ向かいました

       出発式の様子                  出発前に集合写真               

 

 

 

 

  交通局職員さんや社協職員でお見送りです

 『いってらっしゃい~

 

 

熊本市までの車内では、社協職員による災害ボランティア活動にあたっての心構えや注意点などのオリエンテーションを行いました。

地震の影響で高速道路には亀裂が入り、車窓から見る景色がふだんと違いました・・・

               

 

災害ボランティアセンター到着後、まずは受付を済ませます。

ここでは、ボランティア登録とボランティア保険に加入しているのかの確認を行い名札シールに記入します。

(※次に通常はオリエンテーションを行いますが、車内で済ませているため、省略させていただきました。)

 

その後はマッチングですここでは、依頼者のおおまかな情報と活動内容(ニーズ)をお伝えし、手上げ式で活動希望者を募ります。(活動内容によっては、男女比が決まっている場合もあります。)

 

ニーズによって必要な資機材は変わってきます。マッチングのスタッフとグループメンバーが話し合った上で、資機材を決めることもあります。

 瓦礫処理に土のう袋や軍手は欠かせません

 必要な資機材を揃えたら、さあ出発です 

 

 

 

 

依頼者宅までの移動方法は、徒歩、自転車、公共交通機関等さまざまです。

マッチングの際に受け取った地図や、自身のスマホを頼りに現地まで向かいます

 

                活動の様子など、パート2につづく・・・

第16回 北九州市民ひまわり駅伝大会

投稿日:2016.05.13 カテゴリー: 市社協VC

 

5月8日 日曜日 晴れ(*^-^*)

北九州市庁舎の周回コースを7時間駅伝競走する大会が開催されました

参加資格は、健康で500m以上走ることができること、

チームで申し込むこと、

1チームの構成人員は何名でも構わないこと、

自己責任の取れること(未成年の参加は保護者の同意が必要)、

そして、準備もしくは後片付けに必ず1チーム1名の協力が条件でした

 

好天に恵まれ、約90チームが開会式にのぞみ、

ボランティアチームも全員整列し、紹介されました

 

 <参加チームのみなさん

わがボランティア・市民活動センターからボランティアとして参加してくださったのは

* ヒビッキークラブ 5名

* 真颯館高等学校 10名

* 麻生公務員専門学校北九州校  21名の計36名

   

 <全員整列です>          <ちゃんと水分補給してくださいね

ボランティアの36名のみなさんは

周回するランナーに大きめの輪ゴムを渡すグループと

1時間ごとにチームごとの輪ゴムを集計するグループの

2つに分かれて活動しました

   

  <輪ゴム準備OK>       <定位置につきました

 

   

<がんばってください>    <お猿もがんばります

   

      <集計中です>          <間違えないように1本ずつ数えますよ>

みなさん頑張って走った後は笑顔でハイタッチしていました(*^-^*)

   

 <小倉城をバックにハイタッチ>

そして・・・

大会事務局より、熊本地震の義捐金を市社協がお預かりしました。

お預かりした義捐金は必ず熊本にお届けしますね

   

<みなさまありがとうございます

気持ちの良いお天気と皆さんの頑張りが

とても清々しかった素敵な一日でした。

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

「あんしん30号」贈呈式

投稿日:2016.05.12 カテゴリー: 市社協VC

 

第87回北九州メーデーが4月29日(金・祝)に

門司港レトロ多目的広場で開催されました

連合北九州地域協議会・北九州地域労働者福祉協議会さんの主催で、

北九州市社会福祉協議会から会長他3名が出席しました

 

私たちにとってのメインイベントは

「シルバーひまわりサービス事業」の送迎車両の贈呈式です

シルバーひまわりサービス事業は、連合・北九州市・北九州市社会福祉協議会の

三者の協働で行っている65歳以上の在宅高齢者の送迎サービスです

    

      <あんしん30号>            <車椅子のまま乗車OK

送迎は2人1組のボランティアさんで行ってもらっています

運転ボラさんは、国土交通省の定める運転講習を受講された方です。

同乗ボラさんは、利用者さんの見守りや運転の補佐をしてくれています。

登録してくれているボランティアさんの数は

連合関係者の方を含め1,100人を超えています

利用者さんも900人を超える登録があり、年間5,000件近い利用件数です。

    

  <ゴールデンキーの贈呈です>       <会長よりお礼の挨拶>

今回あんしん30号をいただいて、現在のあんしん12号はお仕事終了となります。

12号も連合さんに平成14年にいただいた車両です。

走行距離は10万キロを超えています

本当にお疲れ様でした

 

北九州市の街並みをあんしん号が走るのを見かけたときは

連合さん・北九州市・北九州市社会福祉協議会の車が

頑張ってるな~と応援してくださいね

 

今回新しい車両をいただきまして

本当にありがとうございました

連合関係者の皆様に感謝いたします。

 

 

 

 

 

23個のランドセル(平和パゴダにて)

投稿日:2016.03.29 カテゴリー: 市社協VC

「子どもが6年間使ったランドセルですが、とても状態が良いので捨てるのがもったいないのです

どこかで活用していただけるところはありませんか?」と

昨年の12月、ボランティア・市民活動センターにお電話がありました

 

門司区の「平和パゴダ」では高校生の運動部員が3年間使用したシューズユニフォーム

ご家庭の子ども服で小さくなって着られなくなったもの等を引き取ってくれて、

ミャンマーに送り祖国で使ってくれているという情報を得て

平和パゴダの事務局である「㈱サンレー」さんに連絡を入れました

 

サンレー事務局の方がパゴダの住職さんにお話を伝えて下さって

ついに、3月25日(金)に相談者のご家族からパゴダの住職さんへ

23個のランドセルが渡されました

八幡西区にお住いの相談者さんはタイムラインを利用して

この春に小学校を卒業される保護者に声掛けをされたそうです

色とりどりのランドセルは、とても6年間使用したとは思えないほど綺麗な状態でした

     

<6年間使ったランドセル>    <平和パゴダの駐車場にて

 

住職さんは

「このランドセルを貰える子どもはクジに当たったようなもので、とってもラッキーなんですよ」と

言われていました

相談者のお子さんは

「将来は人の役に立つ仕事をしたい」と希望しているとの事でした。

当日はミャンマー語で住職さんへお手紙を書いて渡していて

住職さんも笑顔で読んでいました

     

  <記念撮影です>            <鐘の音が響きました

 

ランドセルの受け渡しの後は、サンレー事務局の方がパゴダ内を案内して下さいました。

関門橋が綺麗に見えて、とても景色の良いところでした。 

 

    <パゴダの中です>

 

1本の電話からこのように皆さんと関わり合う事ができて

本当にコーディネーター冥利に尽きる出来事でした(*^-^*)

これからも地域のみなさんと、たくさん関わっていければいいなと思っています

 

プルタブ贈呈式

投稿日:2016.03.19 カテゴリー: 市社協VC

プルタブを 7.1㎏ 持ってきてくださったのは

北筑高校の保健委員会のみなさん

引率の鳥井先生、委員長の中川さん、副委員長の德永さんと中村さんです(*^-^*)

    

  <すこし緊張気味>        <委員長さんのご挨拶です

保健委員さんは「保健だより」の作成、冬場の換気、夏場の節電などの活動をしていて、

クラスに2名ずついらっしゃるそうです

プルタブは昼食後の清掃時間に集めていて

空き缶入れの中にプルタブがついたままの缶を見つけたりすると

プルタブを外して集めてくださったとのことです

    

  <副委員長さんから贈呈>   <戸畑消防団の竹内団長さんです

この1年間に集めてもらった7.1㎏は戸畑消防団さんにお渡しし、

換金後、車椅子に形を変えてボランティア・市民活動センターに届けられます。

戸畑消防団さんは車椅子の他にも

住宅火災警報器、レスキューセット、防災ヘルメット、メガホン等を寄贈されています。

<センター長よりお礼の挨拶です

  <記念撮影です

みなさんの活動が市民の方のお役にたっています

本当にありがとうございました

また来年もボランティア・市民活動センターで

お待ちしていますね

 

 

ふくしのまちづくり講座③(戸畑区・東戸畑地区)を開催しました!

投稿日:2016.03.17 カテゴリー: 研修課

心して暮らせる戸畑のための福祉マップづくり講座

最終回です

 

はじめに前回までを振り返ります

 

北九州市の齢者数の推移や、

ふれあいネットワーク活動つのしくみについて

 

 

作業開始

東戸畑地区はつに分かれています。それぞれの班で、前回

作成した見守り対象者名簿をもとにマップに記載し、完成です

 

 

次に天籟寺地区社協の連絡調整会議の様子を視聴

どんな小さなことでも、順番に言ずつみんなが発言します

 

 

最後は交流会  みんなで研修を振り返ります。

そして、しく仲間になった福祉協力員さんの紹介が行われ、

温かい拍手で迎えられました

交流会では笑顔が絶えず、日頃みなさんが楽しみながら

活動を行っているようすが伝わってきました

 

加者より

地域の流をしっかりと確立できるような活動がしたい。

マップが完成し、さっそく活をはじめたい。

今回の研修で域のことがよくわかった。少しでも役に立てれば・・・

という声がありました。

 

講座の終了にあたり、東戸畑地区社協 白川副会長よりご挨拶

連携して見守りをやっていきましょう

 

皆様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

第3回福祉有償運送運転協力者研修を実施しました!

投稿日:2016.03.15 カテゴリー: 研修課

今回は、セダン型講習のようすをご案内します

「利用者理解及び乗降介助等の対応に関する講義」

「利用者理解及び乗降介助等の対応に関する演習」

コマです。

 

講師は、作業療法士 熊添 潤一先生です

 

 

 

 

講義では、セダン車での必要な介助や注意点を学びます

 

 

その後の演習では、利用者の立場になり、座る位置や乗り方等の

確認を行いました。利用者の状態によっていろいろな対応が必要だと

いうことを学び、受講者のみなさんも心に質問していました

 

 

講生からは、

・分かっているつもりでも知らないことがあり、随分勉強になった。

・ケースによっての対応が聞けてよかった。利用者目線を心がけようと思った。

・とてもためになる講義だった。仲間にも受講を勧めたい。

などの声がありました

 

皆様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております

 

でできるボランティアはじめませんか

来年度の日程は、こちらの「ぼらぐ」か「ニューストピックス」でお知らせします。

チェックです

ふくしのまちづくり講座③(八幡東区・槻田第一地区)を開催しました!

投稿日:2016.03.10 カテゴリー: 研修課

回目は、知症を理解しよう!~認知症のある人や

その家族が安心して暮らせるまちづくり~」と題して、

自悠の庵 幸神 中須賀辰矢先生にお話していただきました。

北九州市の高齢化の将来推計や認知症高齢者の状況についてなど学びました

 

 

認知症の人が困っているようすが見えたら、

「なにかお手伝いすることがありますか

ひと声かけてみましょう

 

 

次は、域で福祉のまちづくり~社会福祉協議会の活動~」

八幡東区社協とボランティア・市民活動センターよりご案内

誰もが安心して生活することのできる祉のまちづくり」

実現を目指して、地域で暮らす皆様や関係機関の協力を

得ながら、さまざまな活動を行っています

また、シルバーひまわりサービス事業について

ご案内をしました

 

 

閉会挨拶は、八幡東区社協 江事務局長です。

 

 

みなさん、おつかれさまでした。

田第一地区がますます明るく元気になりますように・・・

みなさまの今後一層の活躍をお祈りいたしております

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || 次へ»