ぼらぐ ~ボランティア・市民活動センターの職員ブログ~

23個のランドセル(平和パゴダにて)

投稿日:2016.03.29 カテゴリー: 市社協VC

「子どもが6年間使ったランドセルですが、とても状態が良いので捨てるのがもったいないのです

どこかで活用していただけるところはありませんか?」と

昨年の12月、ボランティア・市民活動センターにお電話がありました

 

門司区の「平和パゴダ」では高校生の運動部員が3年間使用したシューズユニフォーム

ご家庭の子ども服で小さくなって着られなくなったもの等を引き取ってくれて、

ミャンマーに送り祖国で使ってくれているという情報を得て

平和パゴダの事務局である「㈱サンレー」さんに連絡を入れました

 

サンレー事務局の方がパゴダの住職さんにお話を伝えて下さって

ついに、3月25日(金)に相談者のご家族からパゴダの住職さんへ

23個のランドセルが渡されました

八幡西区にお住いの相談者さんはタイムラインを利用して

この春に小学校を卒業される保護者に声掛けをされたそうです

色とりどりのランドセルは、とても6年間使用したとは思えないほど綺麗な状態でした

     

<6年間使ったランドセル>    <平和パゴダの駐車場にて

 

住職さんは

「このランドセルを貰える子どもはクジに当たったようなもので、とってもラッキーなんですよ」と

言われていました

相談者のお子さんは

「将来は人の役に立つ仕事をしたい」と希望しているとの事でした。

当日はミャンマー語で住職さんへお手紙を書いて渡していて

住職さんも笑顔で読んでいました

     

  <記念撮影です>            <鐘の音が響きました

 

ランドセルの受け渡しの後は、サンレー事務局の方がパゴダ内を案内して下さいました。

関門橋が綺麗に見えて、とても景色の良いところでした。 

 

    <パゴダの中です>

 

1本の電話からこのように皆さんと関わり合う事ができて

本当にコーディネーター冥利に尽きる出来事でした(*^-^*)

これからも地域のみなさんと、たくさん関わっていければいいなと思っています

 

プルタブ贈呈式

投稿日:2016.03.19 カテゴリー: 市社協VC

プルタブを 7.1㎏ 持ってきてくださったのは

北筑高校の保健委員会のみなさん

引率の鳥井先生、委員長の中川さん、副委員長の德永さんと中村さんです(*^-^*)

    

  <すこし緊張気味>        <委員長さんのご挨拶です

保健委員さんは「保健だより」の作成、冬場の換気、夏場の節電などの活動をしていて、

クラスに2名ずついらっしゃるそうです

プルタブは昼食後の清掃時間に集めていて

空き缶入れの中にプルタブがついたままの缶を見つけたりすると

プルタブを外して集めてくださったとのことです

    

  <副委員長さんから贈呈>   <戸畑消防団の竹内団長さんです

この1年間に集めてもらった7.1㎏は戸畑消防団さんにお渡しし、

換金後、車椅子に形を変えてボランティア・市民活動センターに届けられます。

戸畑消防団さんは車椅子の他にも

住宅火災警報器、レスキューセット、防災ヘルメット、メガホン等を寄贈されています。

<センター長よりお礼の挨拶です

  <記念撮影です

みなさんの活動が市民の方のお役にたっています

本当にありがとうございました

また来年もボランティア・市民活動センターで

お待ちしていますね

 

 

ふくしのまちづくり講座③(戸畑区・東戸畑地区)を開催しました!

投稿日:2016.03.17 カテゴリー: 研修課

心して暮らせる戸畑のための福祉マップづくり講座

最終回です

 

はじめに前回までを振り返ります

 

北九州市の齢者数の推移や、

ふれあいネットワーク活動つのしくみについて

 

 

作業開始

東戸畑地区はつに分かれています。それぞれの班で、前回

作成した見守り対象者名簿をもとにマップに記載し、完成です

 

 

次に天籟寺地区社協の連絡調整会議の様子を視聴

どんな小さなことでも、順番に言ずつみんなが発言します

 

 

最後は交流会  みんなで研修を振り返ります。

そして、しく仲間になった福祉協力員さんの紹介が行われ、

温かい拍手で迎えられました

交流会では笑顔が絶えず、日頃みなさんが楽しみながら

活動を行っているようすが伝わってきました

 

加者より

地域の流をしっかりと確立できるような活動がしたい。

マップが完成し、さっそく活をはじめたい。

今回の研修で域のことがよくわかった。少しでも役に立てれば・・・

という声がありました。

 

講座の終了にあたり、東戸畑地区社協 白川副会長よりご挨拶

連携して見守りをやっていきましょう

 

皆様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

第3回福祉有償運送運転協力者研修を実施しました!

投稿日:2016.03.15 カテゴリー: 研修課

今回は、セダン型講習のようすをご案内します

「利用者理解及び乗降介助等の対応に関する講義」

「利用者理解及び乗降介助等の対応に関する演習」

コマです。

 

講師は、作業療法士 熊添 潤一先生です

 

 

 

 

講義では、セダン車での必要な介助や注意点を学びます

 

 

その後の演習では、利用者の立場になり、座る位置や乗り方等の

確認を行いました。利用者の状態によっていろいろな対応が必要だと

いうことを学び、受講者のみなさんも心に質問していました

 

 

講生からは、

・分かっているつもりでも知らないことがあり、随分勉強になった。

・ケースによっての対応が聞けてよかった。利用者目線を心がけようと思った。

・とてもためになる講義だった。仲間にも受講を勧めたい。

などの声がありました

 

皆様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております

 

でできるボランティアはじめませんか

来年度の日程は、こちらの「ぼらぐ」か「ニューストピックス」でお知らせします。

チェックです

ふくしのまちづくり講座③(八幡東区・槻田第一地区)を開催しました!

投稿日:2016.03.10 カテゴリー: 研修課

回目は、知症を理解しよう!~認知症のある人や

その家族が安心して暮らせるまちづくり~」と題して、

自悠の庵 幸神 中須賀辰矢先生にお話していただきました。

北九州市の高齢化の将来推計や認知症高齢者の状況についてなど学びました

 

 

認知症の人が困っているようすが見えたら、

「なにかお手伝いすることがありますか

ひと声かけてみましょう

 

 

次は、域で福祉のまちづくり~社会福祉協議会の活動~」

八幡東区社協とボランティア・市民活動センターよりご案内

誰もが安心して生活することのできる祉のまちづくり」

実現を目指して、地域で暮らす皆様や関係機関の協力を

得ながら、さまざまな活動を行っています

また、シルバーひまわりサービス事業について

ご案内をしました

 

 

閉会挨拶は、八幡東区社協 江事務局長です。

 

 

みなさん、おつかれさまでした。

田第一地区がますます明るく元気になりますように・・・

みなさまの今後一層の活躍をお祈りいたしております

ふくしのまちづくり講座③(門司区・白野江校区)を開催しました!

投稿日:2016.02.29 カテゴリー: 研修課

回目は、

求められている

~ことばとし 雑談の力、関わる力~」

です

 

講師は、臨床心理士で、北九州大学名誉教授の

島俊介先生です

  

 

 

今回も、講座の様子が白野江校のホームページに

掲載されていますので、そちらをぜひご覧ください

 

白野江校区社協HP   こちらをクリックして下さい!

                     白野江校区社協HPへ移動します。

 

ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした

北九州マラソン

投稿日:2016.02.27 カテゴリー: 市社協VC

2月21日(日)天気:晴れ

北九州マラソンが開催されました

良く晴れてはいましたが、風がものすご~く冷たい一日でしたね。

その冷たい風の中、11,070人の走者が楽しく頑張っていました

とっても感動しました(*^-^*)

   

   <九工大付近>       <門司港付近>

沿道には途切れることなく、応援の人たちがたくさんいました

スタート地点から折り返し地点へと我々は電車で移動

電車の中は北九州マラソン応援用の風船を持った人たちでいっぱい

ランナーは沿道からの知り合いの顔・声援が、とても励みになったそうです

(応援に行って良かった~

 

  <折り返し地点>

今回のマラソンで活動したボランティアは5,000人を超えたそうです

センターを通して、ボランティア募集に手を挙げてくださった

 門司、門司港の給水ポイント

 豊国学園高校の生徒さん 53名

 門司大翔館高校の生徒さん 43名

 浅野、赤坂の給水ポイント

 慶成高校の生徒さん 3名

日明、東港の給水ポイント

 麻生公務員専門学校の生徒さん 7名

小倉地区の給水ポイントと西日本総合展示場の受付には

 連合福岡・北九州地域協議会のみなさん 7名

給水ポイントなどで活動されたボランティアの方々、

寒い中、長時間の活動本当にお疲れ様でした

 

私たちボランティアセンターチームも

前日のランナー受付ボランティアに参加しました。

         

   <お名前確認中>   <Tシャツ引換所はあちらで~す>

        

<がんばってくださ~い>     <サイズ確認中>

ランナーの中には北九州市内、福岡県内の方はもちろん

関西、東京等からも多く、海外からの参加もありました。

たくさんの方が北九州市に足を運んでくださいました~

また北九州市に行きたいねと思ってもらえるような「おもてなし

ボランティアとして北九州マラソンに参加できました。

みなさん来年もまたお会いしましょう(*^-^*)

 

ふくしのまちづくり講座①(戸畑区・東戸畑地区)を開催しました!

投稿日:2016.02.26 カテゴリー: 研修課

心してらせる戸畑のための祉マップづくり講座」

~グループで行う、見守り対象者の再確認と活動者の発掘~

をテーマに実施します

 

 

 第回目は、

んと来い2025年!心できるふくしのまちづくり

~地区社協が取り組むれあいネットワーク活動」

です

 

戸畑区社協 平野事務局長と坂邊主事より2025年問題について・・・

  

「後期高齢者が多くなる」ことに注目

20年後には、3人に1人が65歳以上の高齢者に・・・

 

 

次に、戸畑区社協 茅切主事より、ょっと気になるご近所さん」

生活困窮者自立支援事業にみる「要支援者」とは~  について

生活困窮者自立支援法とは、これまで十分ではなかった生活保護受給者以外の

生活困窮者に対する第のセーフティネットを拡充し、包括的な支援体系を創設

するものです

 

 

最後に話し合い

  

「支援が必要な人とは・・・」担当地区の状況を情報有したり、

各グループ毎に、どのようにしているかなどの発表をし、

東戸畑地区の現状を確認しました

 

次回は、たしたちのご近所の要支援者」

~福祉マップづくり(見守り対象者と担当福祉協力員 他)~

です

現任福祉協力員等研修(小倉南区)を開催しました!

投稿日:2016.02.25 カテゴリー: 研修課

最初に、小倉南区社会福祉協議会 築別会長より

開会のご挨拶

 

 

今年度は、九州共立大学 元准教授 永渕美法先生をお迎えして、

「ボランティア活動に楽しく取り組もう」

と題して講演していただきました

しみながら活動するコツ・・・ 貴方はどのような工夫をしていますか

 

自分と相手の両方がしいボランティアで元気になる。

活動がちょっと苦になることもあったが、気持ちを切りかえて

 負担に思わず、しんでいきたい。

せっかくボランティアするなら、しんで!

などの声がありました

 

 

次はテーマごとにわかれての、グループワークです

    

今回は、

①日常的な見守り・訪問活動の取り組み

②助け合い活動の取り組み

③地域の活動・行政と連携した活動の広がり

つのテーマで話し合いました

 

 

    

最後は、各グループの発表をしました

他地区で、自分の地区にない問題点があり、参考になった。

発表会では他のテーマの内容も聞けたのでよかった。

各校区の活動内容や工夫がよく分かった。

などの意見がありました

 

参加された66名のみなさんお疲れさまでした

みなさまの今後一層の活躍をお祈りいたしております

市社協創設50周年記念市民講演会 高校生ボランティア大活躍♪

投稿日:2016.02.17 カテゴリー: 市社協VC

講師の三屋裕子さんとともに

春がやって来たかのように暖かかった講演会当日、

高校生ボランティアさんが爽やかに活動してくれました

 

  

<オリエンテーションの様子>      <プチボがお出迎え

 

北九州市立高等学校のインターアクト部 14名、

慶成高等学校のインターアクト部 8名、

そして両校の引率の先生方、みなさんありがとうございました

 

731名の来場者を受付・誘導していただきました。

  

<もうすぐ開場~ドキドキ>       <受付開始です

    

  <資料をお渡ししま~す

  

<こちらのお席が空いてま~す、ご協力ありがとうございます

 

来場者の方から

 高校生のボランティアさん、感じ良かった♪

 将来有望だね♪

などのお褒めの言葉をたくさんいただきました。

 

来場者が退場した後の「忘れ物チェック」も完璧です

  

   <チェック中>           <アンケート記入中>

 

みなさんこれからもボランティア活動続けてくださいね

今の自分に出来ること

私たちボランティア・市民活動センターにも応援させて下さい。

これからもよろしくお願いします(*^-^*)

 

 

«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 || 次へ»