ぼらぐ ~ボランティア・市民活動センターの職員ブログ~

アーカイブ:2015年05月

八幡西ボラ連 救命講習会

投稿日:2015.05.27 カテゴリー: 八幡西区

八幡西区社協 ボランティア・市民活動センターです

八幡西区ボランティア連絡協議会の救命講習会が

5月19日(火)筒井市民センターにて開催されました。

八幡西消防署より救急隊5名、救命ボランティアの会より2名の方に来ていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

「熱中症の予防と対策」「応急手当」のDVDを視聴の後は実習。

参加者16名のひとりひとりが、AEDを使用した心肺蘇生法を

丁寧に指導いただき体験しました。

 

心臓が止まり10分経過したら蘇生率は0になってしまうそうです。

自分のために、家族のために、身近な人のために

1年に1度受講していますが、少しずつ身についてきているようです。

 

6月からボランティア講座が始まります。

テーマは「健康」。ご参加お待ちしています。

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

傾聴ボランティア・フォローアップ研修を実施しました!

投稿日:2015.05.23 カテゴリー: 研修課

年度最初の研修です

 

テーマは“アサーション”

「心の声を大切にするコミュニケーション」と題して、

NPO法人 北九州自立生活センター 代表

ピアカウンセラー 林 芳江先生に

講義していただきました

 

 

    

まずレーション グループごとに自己紹介

緊張をほぐします。

 

 

会場が温まったところで、

「アサーティブネス」についての講義

 

自分の要求や意見を相手の権利を侵害することなく

誠実に、率直に対等に表現することを意味します

   

 

 

No!といえない場面の多いボランティアさん・・・

何でもひきうける必要ないですヨ」

「感情は心の手当をするものですヨ」

 

などの先生の言葉に参加者のみなさんは癒されたようです。

   

 

参加者より

・自分の気持ちをしく伝えることの難しさを学べた。

・自分の意ははっきり表現した方がよい。

加型で楽しく受講できた。

・ロールプレイで感情の取り扱い方を験できてよかった  などの声がありました。

 

先生の講義はとてもしく、あっという間の2時間でした

 

 

本日参加された38名の傾聴ボランティアの皆さん、おつかれさまでした

みなさまの今後一層のご活躍をお祈りいたしております

 

車両贈呈式

投稿日:2015.05.02 カテゴリー: 市社協VC

こんにちは、北九州市社会福祉協議会ボランティア市民活動センターです

4月29日(祝)に開催された「第86回北九州メーデー」において、新たに

連合福岡・北九州地域協議会、北九州地域労働者福祉協議会様から寄贈さ

れる車両の贈呈式がありました。これがその車両「あんしん29号」です↓

    

贈呈式には北橋市長をはじめ、柏木北九州市社協会長及この車両使用する

小倉南区社協の古澤常務理事、﨑田事務局長、河野コーディネーターがステージ

上に上がり、品川北九州地域労働者福祉協議会会長による、贈呈に到る経緯の

お話がありました。

  

品川会長のお話の後、北橋市長へゴールデンキーが贈呈され、

北橋市長から品川会長へ感謝状が手渡されました。

  

その後、柏木会長から、車両寄贈にご協力いただいた会場の皆様への感謝

の言葉がありました。

   

連合福岡・北九州地域協議会ならびに北九州地域労働者福祉協議会の皆さん、

あんしん29号は、高齢者の外出支援のため「シルバーひまわりサービス事業」

送迎車両として「大切に使わせていただきます!

ありがとうございました

 

 

 

«前へ1次へ»