ぼらぐ ~ボランティア・市民活動センターの職員ブログ~

市社協創設50周年記念市民講演会 高校生ボランティア大活躍♪

投稿日:2016.02.17 カテゴリー: 市社協VC

講師の三屋裕子さんとともに

春がやって来たかのように暖かかった講演会当日、

高校生ボランティアさんが爽やかに活動してくれました

 

  

<オリエンテーションの様子>      <プチボがお出迎え

 

北九州市立高等学校のインターアクト部 14名、

慶成高等学校のインターアクト部 8名、

そして両校の引率の先生方、みなさんありがとうございました

 

731名の来場者を受付・誘導していただきました。

  

<もうすぐ開場~ドキドキ>       <受付開始です

    

  <資料をお渡ししま~す

  

<こちらのお席が空いてま~す、ご協力ありがとうございます

 

来場者の方から

 高校生のボランティアさん、感じ良かった♪

 将来有望だね♪

などのお褒めの言葉をたくさんいただきました。

 

来場者が退場した後の「忘れ物チェック」も完璧です

  

   <チェック中>           <アンケート記入中>

 

みなさんこれからもボランティア活動続けてくださいね

今の自分に出来ること

私たちボランティア・市民活動センターにも応援させて下さい。

これからもよろしくお願いします(*^-^*)

 

 

市社協創設50周年記念市民講演会 大盛況!

投稿日:2016.02.12 カテゴリー: 研修課

11日、快晴の下、

市社協創設50周年記念 市民講演会

ウェルとばた大ホールで開催されました

 

北九州市社会福祉ボランティア大学校 山﨑校長の挨拶の後、

「第部 市社協50周年のあゆみ」を

北九州市社会福祉協議会  下田事務局長より紹介させていただきました

 

部では、元バレーボール全日本代表・スポーツプロデューサー

三屋裕子さんから、

分の個性と能性を信じて』~あなたも域のになれる~

をテーマにご講演いただきました

  

オリンピック選手となるまでの力の日々や、引退後に取り組んでいる

様々な活動を、時折いをおりまぜながらお話いただきました

「私なんて・・・」と言わずに、自分の可能性を信じて新たなことに

チャレンジする気を大切に・・・

 

   

人間の可能性は無限。可能性の扉をあける勇気をもてば、

必ず新たなものに出会える

 

参加者からは、

50周年の社協のあゆみを聞いて、社協についてよくわかった。今回知れたことを

糧にランティアに取り組んでいきたい。

子どもたちにも聞かせたい講演会だった。心がふれること、たくさんあると思う。

一歩ふみだす力をつけていきたい。フォローしていきたい。

三屋さんの体験談を聞いて、身の引き締まる思いがした。厳しい試練を乗り越えたから、

今色々な事にチャレンジできているのだと思った。

等の声が寄せられました

 

講演後、楽屋で記念撮影していただきました

三屋さんは、高校生のボランティアさんにも声をかけ、

気さくで笑顔がとても素敵でした

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。   

ふくしのまちづくり講座②(門司区・白野江校区)を開催しました!

投稿日:2016.02.10 カテゴリー: 研修課

回目は、

「セラピューティック・ケア体験~手のぬくもりは心のぬくもり~」

です

 

講師は、NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会

北九州支部代表 岩阪 哲子 さんです

  

 

今回も、白野江校区社協のホームページに掲載されていますので、

そちらをぜひご覧ください

 

白野江校区社協HP ←こちらをクリックして下さい!

                   白野江校区社協HPへ移動します

 

次回最終回は18日(木)1330分~白野江市民センターで

「今求められているし ~ことばと癒し 雑談の力、関わる力~」

をテーマにl実施します

 

白野江校区の皆さんのご参加お待ちしています

ふくしのまちづくり講座③(小倉南区・朽網校区)を開催しました!

投稿日:2016.02.09 カテゴリー: 研修課

回は、

朽網(ここ)きていく~みんなで朽網のこれからを考える~

と題して、おとなりさんネットワーク「えん」 代表 田代久美枝さんに

ご講義いただきました

いる』ということ→誰でも幸せな最終景でありたい

を合わせる → 環境をつくる → サロン活動

気にかけてくれる人がいると豊かになる

というお話がありました。

 

本視点

・何が求められているか。 ・私に何ができるか。 ・私は何がしたいか。

 

 

   

参加者より

・住みなれた地域で他人に関わる識づけをして、これを実行していくことが大事

ロンの大事さ、みんなを参加させる難しさを感じた。

・まず自分が加しなければ何もはじまらない。何からはじめようか・・・?

などの声がありました

 

そして交流会グループごとに今回の研修を振り返ります

   

・いろんな人と話せて、が和んだ。朽網はいい人が多くいい町だと感じた。

・ここに参加している人達が、一生懸命動されているのがわかり、

私自身もできるだけ協力できるようしていきたい。

 

 

朽網のまちを知り、地域への愛着が深まったようです

朽網のまちでボランティアが増えるよう、地域の事に参加を呼びかけ、

活動につなげたいというが多く聞かれました。

 

みなさまの今後一層のご活躍をお祈りいたしております

ふくしのまちづくり講座①(門司区・白野江校区)を開催しました!

投稿日:2016.01.27 カテゴリー: 研修課

白野江校区は、

 

「自分の生活をよりよく豊かにする講座」

 ~だんのらしをあわせに~

をテーマに全回実施します

     

 

第1回目は、

「日本がつくるいやしの時間」

~美味しい御茶の楽しみ方~    です

講師は 

論 Salon du JAPON MAEDA

   (サロン デュ ジャポン マエダ)

代表取締役 前田 敏さんです

     

 

いつもは、こちらで講座の内容を掲載するのですが・・・

今回は、白野江校区社協のホームページに掲載されていますので、

そちらをぜひご覧ください!すてきなブログです

白野江校区社協HP

こちらをクリックして下さい 白野江校区社協HPへ移動します♪

 

 

次回は、日(水)1330分より白野江市民センターで

「セラピューティック・ケア体験」

~手のぬくもりは心のぬくもり~

をテーマに実施します

 

ご参加おまちしています

ボランティア講座を開催します

投稿日:2016.01.22 カテゴリー: 小倉北区

こんにちは

小倉北区ボランティア・市民活動センターから講座のご案内です

 

2月にボランティアのための認知症サポーター養成講座

を開催します

 

ボランティアの活動中や、

地域や普段の生活の中で認知症の方に出会ったら・・・

どのように接すると良いでしょうか?

 

この機会に、

ボランティアの心構えの一つとして、学んでおきましょう!

 

認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、

認知症の人やその家族を温かく見守る「応援者」のことです

 

受けたことがある方も、新たな発見があるかも・・・

日  時  平成28年225日(木)1400~1530

場  所  小倉北区役所 東棟812会議室(大手町1-1)

講  師  伸寿苑 在宅介護支援センター看護師・介護支援専門員 相島 佐智子

対  象 ボランティアや地域で活動中の方 ・ 認知症に関心のある方

募集人数 先着50名  参加費 無料

申込方法 2月18までに、下記申込先に

       FAX・電話・Eメールでお申込ください。

ご応募、お待ちしております  

 

<お申込み・お問合せ先>

小倉北区社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センター(担当:井上、小池)

803‐8510 小倉北区大手町1-1  小倉北区役所東棟3階

TEL&FAX 562-2051 /  kokurakita-vc@kitaq-shakyo.or.jp

 

今年もよろしくお願い致します!

投稿日:2016.01.05 カテゴリー: 研修課

 

研修課(ボランティア大学校)です

あけましておめでとうございます

本年も、皆様にご満足いただける研修を心がけますので、

よろしくお願い致します(*m_ _)m

 

 

早速ですが、ご案内です

このたび弊会では、創設50周年を記念して、

元バレーボール全日本代表でスポーツプロデューサーの

三屋裕子先生をお迎えし、講演会を開催します

 

日時は11日(木・) 13:30~15:30

場所は、ウェルとばた(JR戸畑駅横)3F大ホールです。

 

 

テーマは、『自分個性可能性じて

~あなた地域れる

です

 

自分たちの専門分野であるポーツを被災地支援に生かそうと立ち上げた

被災地訪問ボランティア活動

「東日本大震災健康支援プロジェクト“こころとからだの健やかのために”」

で感じたことなど様々な経験の中で掴んだ感をもとに自分の人生を

自分でザインしていくことの素晴らしさを伝える気がでる講演です

 

 

何と! 参加です

お時間のある方はどうぞお誘いあわせの上、お越しください。

事前申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください

 

クリックすると、PDFが開きます)

 

お申込みお待ちしています

今年もお世話になりました!

投稿日:2015.12.26 カテゴリー: 研修課

 

研修課(ボランティア大学校)です

「ぼらぐ」をご覧いただき、ありがとうございます

今年も残りあとわずかですね・・・

 

 

  年末年始のおみは

  1227(日)~1(月)

    です

   1月5日(火)より館いたします

 

 

寒さも厳しくなってきますが、皆様お体にお気をつけて、

よい新年をお迎えください

 

 

年も、いろんな研修を企画していますので、

よろしくお願い致します。

みなさんのご参加お待ちしています

 

クリスマス会

投稿日:2015.12.25 カテゴリー: 市社協VC

12月20日    

介護付有料老人ホーム「ハピネス赤坂」でのクリスマス会に

参加させていただきました

ハピネス赤坂さんは、介護支援ボランティア事業の受入施設 として登録されています。

施設長さんの発案で、レクリエーション担当の方から

楽器演奏等のボランティアグループの活動依頼があり、

ギターアンサンブル「エスポワール」さんをご紹介しました

 

エスポワールさんは年間約40回の慰問活動を行っていて、

特にこの時期は大忙しで、この1週間はほぼ毎日活動されるそうです

 

当日の演奏は、タンゴから始まりました。

そして2曲目からはクリスマスソングを含めて「青い山脈」など

みんなで歌える曲を5曲続けて演奏していただきました

参加していた40名程の利用者さんも大きな声で大合唱でした

アンコールが終わって、司会の職員さんが利用者さんにインタビューしたところ

「久しぶりに大きな声で歌ったよ~ 」

「もっといろんな曲を聞きたかった。歌いたかった 」

「ギターの音色が心にしみるね」という嬉しい感想をいただきました。

     

      <演奏の様子>       <インタビューの様子>

30分ほどの演奏会でしたが

みなさんの歌声とギターの音色で、ほんわかした気持ちにさせていただきました

また来年もお元気でお過ごしくださいね

ありがとうございました

 

 

 

 

 

ふくしのまちづくり講座②(小倉南区・朽網校区)を開催しました!

投稿日:2015.12.24 カテゴリー: 研修課

回目は、「片付け上手なあなたになろう!」と題して、

終活コーディネーター 寺﨑 愛 先生にご講義いただきました

みなさん、終始楽しく聞き入っていました

 

 

 参加者より

自分のり方」についてのお話を聞いて、これからの

 自分の生き方を考えてみようと思った。

「自己容」のお話がよかった。自分が満たされていないと、

 ボランティアをしても不満がでる。まず、自分を好きになろうと思った。

ユーモアたっぷりで、あっという間に時間が過ぎた。

 もう一度「終活」を見直してみようと思った。

などの声がありました

 

 

ンディングノート」について・・・

自分勝手な思いを書くノートではなく、残された人がこまらないように、

残された人の気持ちを考えて書くことがポイント

 

 

次に、小倉南区社協 事務局より、「社協ってなぁに?」

と題して、事業説明が行われました。

 できる人ができることを少しずつ出し合って、域の実情に

合わせたきめのかい支え合いのまちづくりを住民が体と

なって進めていくことが一層重要になってきます

 

 

次回が最終回です。

20(水)10時から、朽網市民センターで

「朽網(ここ)で生きていく」 ~みんなで朽網のこれからを考える~

をテーマに開催します。

 

朽網校区のみなさんのご参加、お待ちしています

«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 14 | 15 | 16 || 次へ»