ボランティア活動を高めたい方へ

平成25年度 災害ボランティア活動報告会

釜石のいま~みんなで踊ったスタコラ音頭が釜石へ~

北九州市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターが平成25年度から開催している災害に関する講座。
今年度は、9月に「私にもできる災害ボランティア入門講座」、「災害ボランティア・フォローアップ研修」を開催しました。
その受講生を対象に、「災害ボランティア活動報告会」を1月18日に行いました。

当日は、釜石市などで災害支援活動を行っているNPO法人ANGEL WINGSの理事長・藤澤健児さんをお迎えし、釜石市の現状などについてお話をしていただきました。


講師の藤澤先生

前回の研修時に、釜石の被災地におられる方々に北九州から元気を届けたい!との想いで、受講者のみなさんで踊った「スタコラ音頭」を藤澤さんに届けていただきました。
そのお返しに、スタコラ音頭を教えていらっしゃる釜石最後の芸者・伊藤艶子さんからのメッセージをみんなで見ました。


メッセージをみんなで見ています

受講者のみなさんからは、

  1. 活動報告会の開催を待ってました。友だちにも声かけしたいと思います。
  2. 3年経つと、少しずつ忘れてしまいがちです。復興は、まだまだ進んでいない現状である、東日本は遠くて見えないことばかりです。藤澤さんのお話を今後も聞きたいです。
  3. 情報はたくさん欲しいです。
  4. 地域の防災だけでなく、いろんな活動をされている方のこれからの展望をお聞き出来てうれしかったし、頼もしいと感じました。微力ですが、何か活動できればと思いました。

などの声をいただきました。


活発に意見が出されました

災害ボランティアに関する研修は、今年度も開催予定です。
内容は、HPで順次ご案内します。