北九州市社会福祉協議会コンテンツメニュー

年長者作品展を開催しました。

 

9月20日(火)~23日(金)、北九州市立美術館 黒崎市民ギャラリーにて年長者作品展を開催しました。

この作品展は、八幡西区にお住まい、または福祉施設を利用されている年長者の皆さん、 65歳未満を含む障害者福祉施設を利用している皆さんの作品を展示するものです。

今年度は出展数208点、共同作品を含め606名の方にご出展いただき、4日間で延べ1,079名の来場者で賑わいました。

 

 

作品のジャンルは、絵画、写真、書、陶器、手芸などさまざま。

どれも力作揃いです。

9月23日は表彰式を執り行い、審査員による選考の結果、25名の方が各賞を受賞され、表彰状と記念品を授与されました。

 

 

八幡西区社協会長賞を受賞したのは、手芸作品「小野小町」。

繊細な十二単の重ねが美しく表現されており、見る人の感嘆を誘いました。

 

 

最年長出展者にお贈りする「年長者賞」を受賞されたのは、なんと105歳の女性!

にこやかに表彰状を受け取られました。

 

 

 

開催中は多くの来場者で賑わい、一つ一つの作品の前で足を止め、熱心に見入る姿がそこかしこに見られました。

「よ~できとるねぇ。」「これ面白いね!」「来年もがんばるけん!」

会場を後にする皆さんは、足どりも軽く、にっこり笑顔。

来年もきっと素敵な作品に出会えることでしょう。

 

 

八幡西区社協では、今後も年長者および障害者のみなさんの社会参加や、生きがいづくりと作品を通じた心のふれあいを深めるための事業を実施していきます。区民の皆様のご理解とご支援をお願いいたします。


ご出展いただいた皆様、また、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

来年も会場でお待ちしています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.