北九州市社会福祉協議会コンテンツメニュー

第14回 ボランティアフェスタin八幡西 を開催しました!

 

平成29年2月26日(日)、九州共立大学 自由ヶ丘会館4階で、第14回目となる「ボランティアフェスタin八幡西」を開催しました。

 

ボランティアフェスタは、八幡西区を中心に活動する多くのボランティアが一同に集まり、学びあい、交流を深める場です。

また、これから活動を始める人への啓発、広報、ボランティア人口の拡大、すでに活動している方の更なる活動の充実を目的に開催しています。 

当日は快晴に恵まれ、ひんやりとした風が心地よいフェスタ日和でした!

 

今年のテーマは

見て!聞いて!やってみよう!TOMO(友・共)に楽しくボランティア

 ~熊本・大分へ あなたとわたしの想いで笑顔の花が咲く~

来場者は450名を超える楽しいフェスタになりました♪

 

 

 

オープニングは高須幼稚園による器楽演奏。

博多どんたくのマーチングパレード、福岡マーチングフェスティバルに出演し、金賞をとる実力派です。

クラシックや童謡をアレンジした演奏を披露し、最後は「ドレミの歌」を英語で合唱。

観客を大いに沸かせました。

わたしたち、こんな活動やってます!

ステージでは、八幡西区内で活躍している12のボランティアグループによる活動発表が行われました。

 

かわいいダンスや楽しい演芸、被災地でのボランティア活動やチャリティーイベントなど、グループの特色や活動コンセプトがわかりやすく伝えられました。

 

展示スペースでは、20グループが作成した情報パネルが並べられました。

模造紙いっぱいに書かれたイラスト、広報紙…思い思い工夫を凝らしたパネルからは、ボランティア活動に対する情熱が伝わってきました。

 

また、折り紙の体験コーナー、作業所などによる販売コーナーも大変にぎわいました。

陶器でできた器やカップ、ふくろうのランプシェード、クッキーやパンは大人気!大人も子どもも、自分のお気に入りを楽しそうに選んでいました。

特別企画 「平成28年 熊本地震」へ想いをこめて

今年のサブテーマは「熊本・大分へ あなたとわたしの想いで笑顔の花が咲く」。

現地の活動をぜひ知っていただきたく、特別企画としてパネル展示を行いました。

ご協力いただいたのは、熊本震災・災害時起動ボランティア「チーム北九州」と「小倉南区役所 総務企画課」。

北九州市社協ボランティア・市民活動センターからは、災害ボランティアセンターの紹介パネルを設置しました。 

 

 

受付では災害義援金募金箱を設置。

皆様からお預かりした3,551円は、熊本県共同募金会に送金いたしました。

この義援金は、熊本県の義援金配分委員会に集約され、被害状況に応じて配分額を決定し、市町村行政から被災した方々へ届けられます。

ご協力、ありがとうございました。

昨年の大好評企画を今年も敢行!

昨年、初出演を果たしてくださった福原学園の沖縄県人会による「エイサー」。

勇壮な大太鼓と締太鼓が会場中に響きわたり、三線の音色が沖縄の風を運んできます…会場中が華やかな雰囲気に包まれました。

最後は”カチャーシー”、座っている人も立っている人も思い思いに踊り、会場の心は一つに!

 

さらに、今年の「福引」はパワーアップ!

熊本の応援をテーマに掲げた今回のフェスタ。福引の景品には、応援の気持ちをこめて熊本から取り寄せたお菓子もご用意しました。

実行委員が次々にクジを引いていき、悲喜こもごも、歓声とため息があちこちから聞こえました。

しかし、今年の福引は一味違います!はずれた方にも「フェスタの思い出に残るようなお土産を」と作業所手作りの可愛い小物をご用意して、会場の皆さんにお持ち帰りいただきました。

 

音楽は心のビタミン愛♪

各地で引っ張りだこの音楽療法士 近藤美鈴先生が、ファンの皆さんの大声援に応えていよいよ登場!

「台風」、「星に願いを」、「情熱大陸」、「真田丸のテーマ」…めまぐるしく紡がれる音楽で観客を圧倒。

 

その後、近藤先生のご指導のもと、会場の皆さんで手をつなぎ「オクラホマミキサー」でダンス!

会場が笑顔に包まれました。

 

学生ボランティアが大活躍♪

【九州共立大学 学生ボランティア「アダプテッドスポーツ研究会」】

毎年、タイムキーパーやステージ管理等、裏方をテキパキこなされ、フェスタを支えてくださる「アダプテッドスポーツ研究会」の皆さん。

にこにこ体操」の実演では、会場の皆さんと頭と身体をやわらかくする「あと出しじゃんけん」で、あちこちから笑い声が聞こえてきました。

 

【北九州市立ユースステーション】

プチボと一緒に会場を盛り上げてくださった学生ボランティアの皆さん。

大きな会場でちょっと緊張ぎみのプチボの手を優しく引いて、子どもたちを楽しませてくださいました。

 

ぼらんてぃあ川柳

今年のぼらんてぃあ川柳は、なんと日本全国より109句のご応募をいただきました!

ぼらんてぃあ川柳グランプリは、コムシティ4階 市民ロビー、穴生学舎ロビー、そして、インターネットでの投票による事前投票の結果、八幡西区にお住まいの木村豊さんに贈られました。

その他の受賞者・受賞作品は現在のウインドウで内部リンクを開きますこちらのリンクページをご覧ください。

フィナーレは「365日の紙飛行機」

フェスタのフィナーレは、実行委員によるハンドベルと、「365日の紙飛行機」の合唱!

会場が一体となり、思い思いの紙飛行機を飛ばしました。

皆さんの想いとエールが、熊本・大分まで届きますように・・・

 

社協はボランティアの皆さんを応援しています!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。また、ご参加、ご協力下さったボランティアの皆様、ありがとうございました。

八幡西区社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターでは、今後もボランティアの輪が広がり、活動が更に充実したものになっていくよう、支援を続けていきます。区民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

皆様の今後一層のご活躍をお祈りします。ありがとうございました。

 

 

 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.