ボランティア活動を高めたい方へ

災害ボランティアって?

 台風、豪雨等による風水害や地震、津波等の災害が発生した際、被災地では災害ボランティアによる支援活動が大きな力を発揮し、被災地に欠かせない重要な支援になっています。
 テレビや新聞、インターネット等で災害により被災して困っている人のことを知り、ボランティアとして参加したいと思ったときにはどうすればいいのでしょうか?

 支援方法としては、(1)被災地に行って活動すること、(2)後方支援(現地には行かずに募金、物資提供等を行うこと)の2つあります。
 ここでは、(1)被災地に行って活動することについてお話しします。

 災害ボランティアとして被災地に行くにあたり、以下のようなことに注意しましょう!

 

食事・宿泊場所

 基本的に食事・宿泊場所は用意されません。ご自身で手配するようにしましょう。また、食費・宿泊費は自己負担になります。

 

交通手段

 被災地に行く際の交通手段はご自身で確保しましょう。交通費は自己負担です。緊急車輌や災害復旧作業の妨げにならないように、極力マイカーでの乗り入れは控えましょう。

 

心構え

自発的な意思と責任により被災地での活動に参加・行動しましょう。

まずは、ご自身で被災地の情報収集を行い、現地に行くか、行かないかを判断しましょう。ご家族の理解も大切です。その際には、現地に設置されている災害ボランティアセンターに事前に連絡し、ボランティア活動への参加方法や注意点についてご確認ください。
 なお、災害ボランティアセンターに設置されているお電話は、被災者からのニーズ(困りごと)や問合せ等により混雑することが多々あります。
 最近では、HPやSNSなどで随時情報発信をする災害ボランティアセンターもありますので、それらを活用して情報収集することも大切です!

 

ボランティア活動保険に加入しましょう。

現地の災害ボランティアセンターに行く前に、極力最寄の社会福祉協議会で加入手続を行い、被災地に負担を掛けないようにしましょう。

>>北九州市内の社会福祉協議会(ボランティア・市民活動センター)はこちら
>>ボランティア活動保険についてはこちら

 

危険を予測しましょう。

どんな危険があるか、自分なりに最大限に危険予測をして関わりましょう。また、被災地での活動は危険が伴うことや、重労働となる場合があります。安全面や健康面については自己管理のうえ、体調が悪ければ参加を中止することも肝心です。

 

マナーやプライバシーは守りましょう。

 被災地では、被災した方々のお気持ちに寄り添い、プライバシーに十分配慮し、マナーある行動と言葉遣いで活動しましょう。
 お話しを聴くときには、否定せず聞き続けることも大切です。心の苦しみを言葉を出すだけで気持ちが軽くなり、ストレス軽減にもつながります。

 

ボランティアは行政のように平等でなくていい

 平等にこだわりすぎると動けなくなります。不平等すぎない範囲で臨機応変に活動しましょう。
 判断に迷うときは、災害ボランティアセンターに相談しましょう。

 

笑顔を忘れないようにSmiley

 ボランティアが無理をして眉間にしわを寄せていたら、見ているほうはもっと疲れますし、気を遣います。笑顔はとても大切です!

 

参考HP:全国社会福祉協議会 災害時のボランティア活動について
     特定非営利活動法人レスキューストックヤード 災害ボラの予備知識