赤い羽根募金

エフコープ生活協同組合と災害時における相互協力協定を締結しました

平成28年12月20日(火)、北九州市社会福祉協議会(市社協)とエフコープ生活協組合(エフコープ)は市内で自然災害が発生した際に、災害ボランティア活動や被災者支援を効率的に行うための「災害時相互協力協定」を締結しました。

今後は本協定に基づき、市社協とエフコープとの間で「連絡会議」を設置し、以下の事項について協議していきます。

 

(1) 災害ボランティアセンターの運営に関すること

(2) 災害ボランティア活動の人的・物的支援及びこれに係る役割分担に関すること

(3) 災害時の効果的な支援活動に資するため、事前の情報収集、資源把握及び資機材の
   備蓄推進に関すること

(4) それぞれのネットワークを活かした情報の収集及び共有に関すること

(5) その他、必要と認められる事項に関すること

 


左から、市社協 下田所長、火箱事務局長、川之上常務理事、エフコープ 山下理事、高山理事
市社協 柏木会長、エフコープ 菊谷理事長

 

 
 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.