高齢者福祉施設職員が福祉専門職として地域福祉活動を支援!


去る7月10日に本会と北九州高齢者福祉事業協会(以下:高福協)は「地域における公益的取組の推進に関する協定」を締結しました。
 今後は、この協定に基づき、高福協に加盟する51法人・77施設の専門職員(介護福祉士や介護支援専門員など)が、校(地)区社協の連絡調整会議に参加したり、地域のサロン活動で介護予防の指導を行ったりして、地域福祉活動を支援します。
 平成29年度は、各区1校(地)区でモデル事業を実施し、来年度以降、順次拡大していく予定です。
 地域だけでは解決が難しい生活・福祉課題への対応や、多様化する地域ニーズに伴い、地域への福祉専門職による支援の必要性が高まってきた中で、地域福祉活動が一層充実したものになるよう、高齢者福祉施設と連携した取組を推進してまいります。


 

 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.