権利擁護・市民後見センター「らいと」について

権利擁護・市民後見センター「らいと」では、日常生活上の判断に不安のある方(認知症高齢者や知的障がい・精神障がいのある方)が地域で安心して生活できるように、地域福祉権利擁護事業と法人後見事業でトータルにお手伝いいたします。

 


一般社団法人 北九州成年後見センター「みると」との連携

「らいと」と同じ事務室には、一般社団法人 北九州成年後見センター「みると」が入っており、二つのセンターが連携しながら、判断能力が不十分な方の権利と財産を守るための支援を行っています。

「みると」は、弁護士や司法書士、社会福祉士等の専門職で構成されているため、法的に高度な専門性を必要とする場合や、ご本人とご親族間で紛争性のある場合などに、「みると」が法人として成年後見人等に就任しています。

一方、「らいと」では、市民の力を活かした法人後見を行うため、ご親族が行うような細やかな支援を必要とする場合に就任することになります。

 

 

社会福祉協議会ならではのネットワークを活かして

地域福祉権利擁護事業で培った高齢者や障がいのある人への支援のノウハウを活かし、ご本人の意思を尊重した支援を行います。

また、社会福祉協議会の特徴を活かし、地域住民や福祉・法律の関係団体と連携しながら、ご本人を中心とした見守りのネットワークをつくります。

社会福祉士などの資格を持った職員(専門員)が、ご本人に適した支援方法を考え、支援員と協力しながら支援していきます。

 

市民の力を活かした法人後見事業

北九州市が実施している『社会貢献型「市民後見人」養成研修』を修了し、後見活動に関する幅広い知識を習得した市民スタッフが支援員となり、後見事務を担います。
支援員の活動は、市社協がしっかりと監督します。
また、市社協が「成年後見人」等として行う行為は、家庭裁判所のほか、第三者で組織する監視委員会が監視します。
○市民の視点を活かし、ご本人の意思を尊重しながら、きめ細やかな支援ができることで、安心して住み慣れた地域や施設で暮らし続けることができます。
○市民の参加により、成年後見制度の担い手が増え、この制度の利用を促進することができます。

地域福祉権利擁護事業の『仕組み』はこちら→

 

 


↑このページの先頭へ戻る