「らいと」のサービスについて

法定後見制度ってどんな制度?

すでに判断能力が不十分な方が、介護サービスの利用契約や不動産・預貯金などの財産管理・遺産分割の協議などをする必要があるときに、自分でこれらを行うことが難しい場合があります。
このような場合に、家庭裁判所によって選ばれた支援者(成年後見人等)が、本人の利益を考えながら、本人に代わって契約を結んだり、財産を管理したり、遺産分割協議に加わったりすることによって、本人を保護・支援する制度です。
この制度は、本人の判断能力の程度に応じて「後見」、「保佐」、「補助」の3つに分けられます。
利用するためには、家庭裁判所へ申し立てを行います。

 



※申立てに必要な費用は、鑑定料を含め原則として申立人が負担します。
 

 申立手数料(収入印紙)   800円
 登記手数料(登記印紙)   4,000円
 郵便切手          4,000円程度

●その他、戸籍謄本、登記事項証明書、診断書などの書類を入手するための費用などがかかります。

●後見、保佐開始の申立てを行う場合は、鑑定料が必要です。
※本人の判断能力を医学的に十分確認するための医師による鑑定にかかる経費(おおむね10万円以下)

 



  後 見 保 佐 補 助
対象となる方 判断能力が常に欠けている状態の方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方
例えば、自分の財産を管理したり、処分したりすることが全くできない方など 例えば、自分の財産を管理したり処分したりするには、常に援助が必要な方など 例えば、自分の財産を管理したり、処分したりするには、援助が必要な場合がある方など




申立てができる方 本人、配偶者、四親等内の親族(※1)、検察官、市区町村長など
本人の同意 不要 不要 必要
鑑定等の要否 原則として鑑定が必要 原則として鑑定が必要 原則として鑑定が不要








必ず与えられる権限 ○財産管理についての全般的な代理権、取消権(日常生活に関する行為を除く) ○特定の事項(※2)についての同意権(※3)、取消権(日常生活に関する行為を除く)
申立てにより与えられる権限 ○特定の事項(※2)以外の事項についての同意権(※3)、取消権(日常生活に関する行為を除く)
○特定の法律行為(※4)についての代理権
○特定の事項(※2)の一部についての同意権(※3)、取消権(日常生活に関する行為を除く)
○特定の法律行為(※4)についての代理権
制度を利用した場合の資格などの制限 医師、税理士等の資格や会社役員、公務員などの地位を失う、選挙権を失うなど 医師、税理士等の資格や会社役員、公務員などの地位を失うなど  

※1 4親等内の親族とは次のような方たちです
          ●父母、祖父母、子、孫、ひ孫 
          ●兄弟姉妹、甥、姪 
          ●おじ、おば、いとこ 
          ●配偶者の父母、子、姉妹
※2 民法13条1項に掲げられている借金、訴訟行為、相続の承認や放棄、新築や増改築などの事項をいいます
ただし、日用品の購入など日常生活に関する行為は除かれます
※3 本人が特定の行為を行う際に、その内容が本人に不利益でないか検討して、問題がない場合に同意して(了承)する権限です.保佐人、補助人は、この同意がない本人の行為を取り消すことができます
※4 民法13条1項に掲げられている同意を要する行為に限定されません




法定後見の申立てから開始までの流れ図

審理・審判            本人や関係者からの聞き取りなど
(家庭裁判所にて)        成年後見人等の候補者の適格性の調査など
                 成年後見人等の選任




≪北九州市成年後見制度利用支援事業≫

自らの申立てが困難で、かつ、身寄りがないなどの理由で、申立てをする人がいない場合は、
市町村長が申立をすることができます。


お問い合わせ先

65歳以上の方・・・お住まいの小学校区の地域包括支援センターへ
障がいのある方・・・お住まいの区役所保健福祉相談係へ

 

 


任意後見制度

将来、判断能力が不十分になった場合に備えて、あらかじめ自分で選んだ支援者(任意後見人)に、「どのような支援をしてもらうか」を公正証書により契約しておく制度です。本人の判断能力が不十分になったときには、「任意後見人を監督する人」(任意後見監督人)を家庭裁判所に選んでもらいます。

任意後見監督人が決まって初めて任意後見人は支援を開始できるようになります。

 



 公正証書作成の基本手数料  11,000円
 登記嘱託手数料  1,400円
 登記所に納付する印紙代  4,000円

●その他、本人らに交付する正本等の証書代、登記嘱託書郵送用の切手代などがかかります。

 

 

ファイルダウンロードを開始します成年後見制度に関するパンフレットはこちら≫


↑このページの先頭へ戻る