結婚に求めるもの【第3回】

2015.02.02

 交際中に相手の性格などを正確に分析・理解することは容易ではありません。
では、そんな時どうすればよいかということですが、比較的簡単なことは相手の両親を観察することです。
子は親の性質を映す鏡のようなもので、相手の人格形成(価値観や性格等)は、その両親あってこその結果だといっても良いくらいだからです。

 両親がそれぞれの人格を尊重し、仲良く生活できているようであれば、その家庭で育った相手もあなたの人格を尊重して円満な家庭を築ける可能性がそうでない場合に比べると高くなると思います。
事実、夫婦いずれかの両親が離婚している場合の離婚率は、そうでない場合と比較すると高めにあるようです。
しかし、両親が離婚している相手とは結婚しない方が良いと言っているわけではありませんので誤解しないでくださいね。

【4回シリーズ(毎月1日頃掲載)】


< 結婚に求めるもの【第4回】

結婚に求めるもの【第2回】 >

日記一覧へ→


↑このページの先頭へ戻る