Fさんは、94歳の認知症のある女性です。子どもが3人いて、その長女Gさんと暮らしていますが、Gさんにも認知障害がでており、2人の通帳や現金が度々なくなっていました。
そんなFさん親子の様子を心配しながら見守っていたケアマネージャーでしたが、ある日、Fさんがクモ膜下血腫で緊急入院したときに、たまたまヘルパーが預かったバッグの中に多額の定期預金証書が入っており、その保管に困っての相談でした。

 

~最初の訪問~

Fさんが退院してすぐ、説明に伺いました。
Fさん親子の定期預金の保管についての相談でしたが、日常の様子から、「金銭管理・生活支援サービス」の必要性も感じられ、サービスの説明をしたところ「あたしゃーできんから」というFさんのことばに、Gさんも「うん、うん」とうなづかれました。
 定期預金の存在のこと自体、ふたりとも良く覚えていないようでした。

 

~ご近所からの侵害?~

ケアマネージャーによると、二人とも被害妄想があるとのことでしたが、FさんもGさんも隣室の少年が盗みに来ていたと言われていました。
でも隣室は既に引っ越しており、盗みが事実だったかどうかは今となっては確認できません。

 

~権利擁護サービスが始まってから~

お二人との契約が成立したので、定期預金は「財産保全サービス」としてお預かりし、「金銭管理・生活支援サービス」でそれぞれ月に1回、世帯としては月に2回の訪問としました。
なるべくご自分でできることは、自分でしていただくことが基本ですので、しばらくの間、生活費とお小遣いをお届けしていましたが、Gさんは糖尿病があるにもかかわらず、大量のパンを買い込んだり、いたんだものを食べては不調を訴えたりするため、ご本人とケアマネージャーと話し合い、ホームヘルパーに食費を預け、栄養管理をしてもらうことにしました。

 

~進んだ住環境の整備~

これまでケアマネージャーが腰痛で起き上がること難しいFさんに利用を勧めていたベッドやトイレを「もったいない、もったいない」と受け入れませんでしたが、定期預金の存在もわかったことから、少しずつですがうけいれるようになりました。

 

~難しい親族からの侵害への対応~

Fさんには子どもが3人、Gさんにとっては兄と妹が遠方にいます。
お兄さんは遠方ながら、協力が得られていましたが、そのお兄さんが亡くなってから、かかわり始めた妹さんは、Fさん親子にお金を無心してくるようになりました。
こうした場合、FさんやGさんが嫌がれば、権利擁護センターとしては本人との金銭管理の契約がありますので、妹さんからの依頼は断ることができます。
ただ、Fさん親子は度々無心されているにも関わらす、「どうにかしてあげたい」と言われるのです。
「これからのお2人の生活を守る大切なお金ですよ。」とお話しても「でも、どうにかしてあげたい!」と繰り返されると、権利擁護センターとしてはどうしようもありません。
ケアマネージャーさんにも話してもらいましたが、だめでした。
端からみれば本人への侵害だとしても、本人がどうしてもと言えば「本人の意思」を尊重することになります。
本人達にとっては「いらぬおせっかい」になるのかもしれません。
家族の中のことは、私たちの知らない家族としての長い歴史があり、さまざまな感情が入り組んで、本当にデリケートな問題で、立ち入れません。権利擁護センターとしてもそのせめぎあいで悩む場面が多いのです。

 

~今後に向けて~

 お2人の会話を聞いていると、お互い相手をけなしているようでも、その生活を楽しんでいるような気がします。
できるだけ、この生活を続けていけるよう「こころとからだの変化」に気をつけながら、見守っていきたいと考えています。

 

 

活動事例一覧へ→


↑このページの先頭へ戻る