「市民後見人」を目指す人のための講演会

『市民がささえる権利擁護』を開催します!

「権利擁護・市民後見センター」開所記念及び「地域福祉権利擁護事業」開始10周年記念事業として、記念講演会を開催いたします。

第一部では、講談師 神田織音さんを迎えて、成年後見制度に関する講談を、第二部では、北九州市の権利擁護の現状説明を、そして、第三部では、社会貢献型「市民後見人」養成研修の受講者募集説明会を行います。

市民後見人を目指す人も、目指さない人も、成年後見制度に関心のある方はどうぞご参加ください。            

 


第一部 講談でわかる成年後見制度

    講談師:神田織音氏による成年後見制度に関する講談

    ◆第一話 認知症の老姉妹を食い物に~過剰工事・・・三年間で数千万円分
  ◆第二話 経済的虐待を防ぐために~家族による預貯金や年金の使い込み
  ◆第三話 ナオト君だって一人の人間なんだよ~親亡き後を心配して


第ニ部 記念講演と活動事例発表

  ◆北九州市における権利擁護の取り組み

  講師:弁護士 河原一雅(権利擁護・市民後見センター所長)

  ◆支援員としての活動事例発表

  権利擁護・市民後見センター支援員

 

第三部 社会貢献型「市民後見人」養成研修 受講者募集説明会

  ◆オリエンテーション

  説明:北九州市保健福祉局高齢者支援課


ファイルダウンロードを開始します講演会のチラシはこちら



神田 織音

芸  歴 高校時代から芝居の勉強を始める。その後約十年芝居に携わる。
           1999年4月 神田香織に入門 講談協会所属(芸名 神田おりね)
           1999年9月 前座
           2003年4月 二ツ目昇進(芸名 神田織音)
   
仕事経歴 講談一席(地域寄席・敬老会・イベントなど)
       学校講演(講談一席・講談の特徴など)
       バス添乗(講談師と行く赤穂義士ゆかりの地ツアー・他ご希望に添って)
            成年後見制度のPR講談(実話を基に成年後見制度の必要性を訴える)



↑このページの先頭へ戻る