誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるように

地域福祉の推進役として社会福祉協議会は取り組みを進めています。

ふれあいネットワーク活動推進事業

校(地)区社協が要となって推進する小地域福祉活動

誰もが住みなれた地域の中で安心して暮らせるよう、支援を必要としている人たちを見守り、支え合うために、市内全ての154校(地)区社会福祉協議会が基本事業として取り組んでいる住民が主体となって推進するまちづくりです。

小地域福祉活動の基本 “ふれあいネットワーク活動”とは?

「ふれあいネットワーク活動(見守り・助け合い・話し合いのしくみ)」とは?

詳細を見る≫

 

校(地)区社協の小地域福祉活動を紹介するDVDを製作しました

みんなが安心して暮らせる
支えあいのまちづくり

読み込み中...

地域福祉活動者間の連携強化

個人情報保護の手引きを作成しました。

「個人情報の取り扱いの手引き」》PDF形式

あなたもまちもいきいき!「高齢者のサロン事業」

身近な地域の集会所等を活用して、地域住民が気軽に立ち寄ってお話ししたり、健康づくりに取り組んだり…そんな「サロン」が、多くの地域に広がっています。

「サロンの手引き」
》PDF形式

 

 

平成27年度「高齢者のサロン事業」実態調査報告書兼事例集を発行しました。

報告書兼事例集
》PDF形式

 

次世代地域福祉活動者育成事業(ウェルクラブ活動)

地域の宝である子どもたちがふれあいネットワーク活動を中心とした小地域福祉活動に参加することで、保護者とともに 次世代の地域づくりを担ってもらいたいとの願いから、出会いの機会を作っています。  

読み込み中...

詳細を見る≫

 

校(地)区単位の小地域福祉活動計画づくり

自分たちの地域の課題を話し合い将来のまちの姿を描く、校(地)区単位での5ヶ年の小地域福祉活動計画づくりに取り組んでいます。

 

小地域福祉活動計画とは

小地域福祉活動計画とは、校(地)区社会福祉協議会が中心となり、住民や地域団体・関係機関等に呼びかけて策定する校(地)区の地域福祉活動における中長期の計画です。

 

小地域福祉活動計画策定の手引きを作成しました

この手引きは、校(地)区単位の小地域福祉活動計画づくりを支援するために作成しました。

「計画策定の手引き」》PDF形式

 

福祉救援体制づくり手引き・事例集の追加等

災害が発生したときも平常時と同様に、すべての人々の安全が守られ支え合えるまちづくりを目指しています。

 

福祉救援体制づくりの手引き・事例集を作成しました。

 

「福祉救援体制づくりの手引き・事例集」》PDF形式

 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.