ボランティア活動を高めたい方へ

ボランティア保険について(平成29年度)

ボランティア活動中のケガや事故など、「いざ!」というときのためにかけておきたい保険。
北九州市社会福祉協議会は、全国社会福祉協議会が運営しているボランティア保険の窓口となっています。
(各区社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターでも加入できます)

ボランティア活動保険

日本国内でのボランティア活動中のケガや賠償責任などについて補償する保険です。

加入者ボランティア個人・グループ、団体、NPO法人など
補償期間毎年4月1日午前0時~翌年3月31日午後12時まで
保険料基本タイプA
350円/1人(年額)
本タイプB510円/1人(年額)
天災タイプA

500円/1人(年額)

天災タイプB710円/1人(年額)
※ボランティア活動保険には助成金があります。
助成金額については窓口または電話でお問い合わせください。
加入方法1.印鑑と保険料を持って窓口へお越しください。 (電話・FAX・インターネット等での加入はできません)
→開所時間と場所はこちら

2.窓口で所定用紙にご記入ください。

(団体で加入する場合は、加入者の氏名、年代をお書きいただきます。すでに作成済みの名簿がある場合は名簿添付でも構いません)

3.手続きは30分ほどで完了します。適用は、加入手続き完了日の翌日午前0時から当該年度の3月31日午後12時までです。

《災害ボランティアの場合は、特例により手続き完了時点から適用されることがあります》

その他

詳細はふくしの保険(全国社会福祉協議会HP)にてご確認ください。

ボランティア行事用保険

地域福祉活動やボランティア活動の一環として行われる各種行事におけるケガや賠償責任を補償する保険です。

加入者ボランティア個人・グループ、団体、NPO法人など
補償期間その行事の開催期間
※行事の前日までに保険料の支払を済ませてください
保険料A1プラン1日 28円/1人(最低保険料560円)
A2プラン 1日 126円/1人(最低保険料2,520円)
A3プラン 1日 248円/1人(最低保険料4,960円)
Bプラン(宿泊を伴う行事) 1泊2日 239円/1人
 ~20泊21日 863円/1人まで
Cプラン(参加者不特定行事) 1日 28円/1人(最低保険料560円)

その他

詳細はふくしの保険(全国社会福祉協議会HP)にてご確認ください。

福祉サービス総合補償

在宅福祉・地域福祉サービスなどの活動中の事故を補償します。

加入者施設、団体、ボランティアグループなど
補償期間毎年4月1日午前0時~翌年3月31日午後12時まで
保険料Aプラン
延活動従事者数×17円
Bプラン 延活動従事者数×28円
Cプラン延活動従事者数×42円
※その他、オプション(感染症補償 延活動従事者数×1円)
対象となるサービス在宅福祉サービス/地域福祉サービス/ホームヘルプサービス/デイサービス/家事援助サービス/配食・給食サービスなど

その他

詳細はふくしの保険(全国社会福祉協議会HP)にてご確認ください。

送迎サービス補償

送迎、移送サービス中の自動車事故などによるケガを補償します。

加入者施設、団体、ボランティアグループなど
補償期間毎年4月1日午前0時~翌年3月31日午後12時まで
保険料
Aプラン
【利用者特定方式】
利用者1名 20円/1日
(1申込につき最低保険料1,000円)
Bプラン
【自動車特定方式】
法定乗車定員1名 2,000円/年間

その他

詳細はふくしの保険(全国社会福祉協議会HP)にてご確認ください。

※保険加入時にボランティア登録票の提出をお願いしております。
  詳細につきましては、窓口またはお電話でお問い合わせください。