生活福祉資金(障害者、高齢者世帯等の自立を助けるために)

低所得者や障害者・高齢者世帯等の自立を手助けする貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度は、低所得者、障害者又は高齢者世帯に対し、資金の貸付と必要な援助指導を行うことで、その経済的自立及び生活意欲の助長を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的としています。

下記の資金の種類ごとに、貸付の要件、貸付限度額等があり、それぞれの用途に応じた貸付を行っています。

ご利用できる世帯

  • 低所得世帯
    • 世帯の収入が一定基準内の世帯
       ※資金によって基準が異なります。
  • 障害者世帯
    • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方の属する世帯
  • 高齢者世帯
    • 日常生活上、療養または介護を要する65歳以上の人が属する世帯
       ※貸付には、すべて所得制限があります。

資金の種類

◎ 総合支援資金  
 ● 生活支援費・・・・・・・ 生活再建までの間に必要な生活費用
 ● 住宅入居費・・・・・・・ 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
 ● 一時生活再建費・・・ 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用
◎ 福祉資金  
 ● 福祉費・・・・・・・・・・・ 日常生活上一時的に必要な経費等
 ● 緊急小口資金・・・・・ 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用
◎ 教育支援資金  
 ● 教育支援費・・・・・・・ 低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校に修学するために必要な経費
 ● 就学支度費・・・・・・・ 低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校への入学に際し必要な経費
◎ 不動産担保型生活資金  
 ● 低所得世帯向け・・・ 低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金
 ● 要保護世帯向け・・・ 要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金
◎ 臨時特例つなぎ資金・・ 住居のない離職者で、離職者を支援するための公的給付制度又は公的貸付制度を申請している者で、当該給付等の開始までの生活に困窮している場合の生活費用

貸付限度額

  • 貸付資金の種類により異なります

貸付利率

  • 年利1.5~3%
    ただし、緊急小口資金及び教育支援資金は無利子
    その他資金についても、連帯保証人を立てる場合は無利子
    ※ 返済を延滞した場合には、年5%の延滞利子が発生します

据置期間・償還期間

  • 貸付資金・貸付額により異なります。

連帯保証人

  • 原則として、保証能力のある方1名が必要ですが、連帯保証人を立てない場合でも貸付を受けることができます。(ただし、緊急小口資金は不要)

その他

  • 申請時は、各種の添付書類が必要です。

相談受付

  • お近くの民生委員にご相談のうえ、北九州市社会福祉協議会「生活福祉資金相談コーナー」へ。
  • 注)この資金は、他の貸付制度などの対象とならない場合に、初めて申請を行うことができます。

お問い合わせ

  • 北九州市社会福祉協議会  生活福祉資金相談コーナー
      相談受付時間  午前 9時~12時  午後 1時~5時
      TEL:093-882-4405  FAX:093-871-4585

           
Adobe Readerをダウンロード

PDFファイルの表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。
インストールされていない場合は左のリンク先からダウンロードしてください。

 
PAGE TOP
当サイト内の画像及びテキストの転載はご遠慮ください。
COPYRIGHTS © Kitakyushu City Council of Social Welfare ALL RIGHTS RESERVED.