2018年11月27日(火)18:30~ 到津市民センターにて

小地域福祉活動計画づくりを目指して

第2回策定委員会が開催されました

まずは、今日の流れを小倉北区社協の島田さんより説明がありました

今日は、到津校区の福祉課題を抽出していく作業だそうです

いよいよカードワークのはじまりはじまり

 

グループに分かれて地域の福祉課題をカードに記入し、模造紙に貼っていきます

「役員が高齢化している」「一人暮らしの高齢者が増えてきている」「会議が多い」

さまざまな意見が飛び交います

 

次に抽出された福祉課題を「似たもの同志」を集めてグループ化

グループごとにタイトルをつけて、全体のキャッチコピーを考えます

そしていよいよ発表です

 

それぞれのグループで話し合った意見や内容を丁寧に発表していきます

福祉課題を「見える化」したことで、到津校区の現状を共有することができました

 

「楽しくゆとりのあるまち到津」  「あしたのために今日から」

すばらしいキャッチコピーが出来上がりました

5年後の到津校区がこうあってほしいという願いを込めて・・・

次回1/29(火)18:30~ 第3回策定委員会が開催予定です