「高齢者サロン」ふうせんバレーを開催しました。

2018.03.26

平成29年8月9日 東谷興農会館 体育館で朝9時からふうせんバレーが行われました。
 
ふうせんバレーは、障害の有無に関わらず、子どもから高齢者まで一緒に楽しめるスポーツとして北九州で考案され全国に広まったスポーツです!
障害者と一緒に楽しむという仮定で、1人が車椅子に座り、メンバーが車いすを操作しながら全員がふうせんに触って相手コートにかえすのがルール。
全員がふうせんに触ったか、みんなで確認しながら行うのでみんなで楽しむことができます。


この日は、新道寺小学校の放課後児童クラブ、市丸小学校の学童から児童が参加し6チームに分かれ、新道寺校区、市丸校区の高齢者で合計9チームに分かれ8試合行いました。



準備体操をして、プレイ開始
児童チーム対高齢者チームで対戦です

まずは、握手であいさつ 
車いすの操作をしながらプレー 全員ふうせんにさわります
みんなプレーに夢中   子どもも負けてません
一生懸命プレーを楽しんだ後は、美味しいカレーがまっています。

子ども達の靴です。みんな靴をそろえて素敵です

地域の人たちと一緒に、楽しくカレーをいただきました

 

 

 

 

 

小倉南区