ふくしのまちづくり講座1日目が開催されました。

2017.10.20

10月10日に葛原市民センターでふくしのまちづくり講座1日目が開催されました

 

「葛原のここが心配!」~防災・減災の目で葛原校区を見てみよう~と題し、北九州市危機管理室から長谷川講師をお迎えし、講義していただきました

 

 

7月に発生した九州北部豪雨の雨が降ったメカニズムについて解説していただきました

 

北九州市防災ガイドブックを参考に、土砂災害が起きた際の葛原校区の危険箇所を参加者全員で確認しました

 

避難勧告と避難指示の違いや気象用語の解説もしていただき、気象情報の入手についても学びました

 

 

また、地震やミサイル落下時の行動についても学びました

 

地震や豪雨による災害は「まさか」ではなく、「いつか」起こるものであるということを再認識しました

 

次回2日目は、「逃げ友をつくろう!」~災害が起こった時、あなたは いつ 誰と逃げますか~

 

と題し、11月7日に葛原市民センターで開催されます

 

小倉南区