$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2017.04.20古城校区で「みに・ミニ文化祭」を開催しました

 

この文化祭は、古城校区社協の「さろんof古城」が主催して開催されました。

サロン開始から3年間の活動の足跡をささやかに辿りたい...そんな想いから企画され、サロン

おしゃべりしながら作った作品の展示や太極拳をご披露し、サロン参加者以外の多くの住民も

参加してにぎわいました!

        

手づくりの看板も用意して準備万端!

介護予防を目的とした太極拳では、座ったままでもみんなと一緒に楽しみました!

 

   

   

 

 ギャラリーでは、3年間の手芸の成果が展示されていました!

 

   

 

カレーやケーキ、コーヒーなどが販売され、お昼はみんなでいただきました!

一方で準備する福祉協力員の皆さんは大忙しでした(^▽^;)

初めての開催でしたが思い出の詰まった楽しいミニ文化祭となりました。

また定例の「さろんof古城」で元気にお会いしましょう!

2016.10.14平成28年度 まちづくりゼミナールで発表しました!


9月15日(木)にウェルとばたで開催された「まちづくりゼミナール」において、
『地域の人に支えられるサロン活動 ~地域の人材を活用し、参加者やスタッフみんなが生き生き楽しく会話できるサロン活動~』

と題して、古城校区社協の浜崎いつ子さんから「さろん of 古城」を立ち上げたきっかけや企画、運営についてお話しました。

 

        

今回約50名の方が参加される中での発表です!

 

          

 

 毎月2回、古城市民サブセンターで開催されている「さろんof古城」。

「近くでみんなが集まれる場所が欲しいよね」という住民の声からはじまりました。

「だれが生徒か先生か」というめだかの学校方式でしており、参加者はみんな生徒になったり先生になったりします。

あらかじめテーマは決めず、その都度みんながやりたいことを話し合っています。

内容は料理、編み物、パッチワーク、ペーパーフラワーや筆ペン、お茶会、講演 などなど・・・♪

特技を持つ地域の方も先生になります。

 

     

  

みなさん、メモをとりながら真剣な表情で聞いています。

発表が終わると、サロンの内容や運営についてたくさんの質問があり、ひとつひとつ丁寧にお答えしました。

2016.04.12ランドセルカバーを贈呈しました


門司区では、子どもたちの安全を願い、赤い羽根共同募金を活用して新一年生に黄色いランドセルカバーを贈呈しています。

港が丘小学校では、入学式の中で、古城校区社協 和田正己会長と、清見校区社協 坂口初一会長より贈呈し、代表で奥苑輝良くんと中山萌々香さんが受け取ると、新一年生はみんなで「ありがとうございます。」と元気にお礼を述べました。

皆さまの見守り、声かけにより、子どもたちが健やかに成長できることを願っています。

«前へ || 1 || 次へ»

門司区