第11回 “門司にっこりサロン” を開催しました

今回は門司校区で鮮魚店を営まれていた井野氏、お惣菜店を営まれていた鶴岡氏より

「魚のさばき方」を教えていただきました。

 

まず、“ひらそ” をおろしていきます。

(“ひらそ” は地域によって “ひらす” や “ひらまさ” とも呼ぶそうです)

 

       

                                                          金タワシでウロコをとります

 

     

腹わたを取った後は、血合いの部分を包丁でしごいてきれいにすると良いですよ~

皮をはがす時は、包丁をまな板につけて皮を引っ張るようにしてはがします。

もし失敗した時は、反対側からはがしま~す などなど分かりやすく教えて頂きます

 

      

                     教えて下さる“コツ”や“技“に「へぇ~」 「なるほど~」

 

 

       

門司校区社協 中村会長が体験します!!プチボエプロンもお似合いです^^

意外にも!?上手に皮をはぐことができて、拍手が沸き起こりました^^

 

        

次に、鯛とイワシもさばき・・・

 

       

さらに、大根のかつらむきも教えて頂き・・・

 

        

                                                                     ✿できあがり✿

 

 

       

他に鯛の煮つけ、ひらそのあら炊きなどもあり、とてもおいしく頂きました。

 

今日は、魚のさばき方、大根のかつらむきのコツなど色々教えて頂きました。

お刺身は食べる直前に切ると、よりおいしく頂けるそうです。

お家でも魚をおろしてみてはいかがでしょうか?(*^。^*)

 

次回は、4月23日(月) 11時~

内容は決まり次第、町内回覧等でお知らせします。

参加ご希望の方は、門司校区公民館にある申込み用紙に記入し、その横にあるBOXにお入れください。

初めての方も大歓迎です。たくさんのご参加、お待ちしています★