$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2018.09.18第四回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

今日は、青少年育成協議会による、門司区役所甲斐保健師さんから「検診の案内、インフルエンザ、高齢者用肺炎球菌の予防接種について」のお話しと、理学療法士 薬師寺先生による「簡単なストレッチ体操」です。

 

はじめに、金子青少年育成協議会副会長より

「今日は、どうしたら長生きができるか、という事について甲斐保健師よりお話し頂きます^^」(拍手)

 

甲斐保健師:「こんにちは。みなさんは一年に1回、健康診断を受けていますか?」

参加者:「は~い」

甲斐保健師:「今年は受けられましたか?」

参加者:「まだですぅ」(笑)

甲斐保健師:「門司区では、今月特に健康診断を受けましょうと力をいれています。

        ご自身だけでなく、ご家族やお友達、ご近所さんも誘って一年に1回、

        健康チェックをして欲しいと思います。」

その他、年齢別に受けられる検診の種類やがん検診、予防接種について説明がありました。

そして、参加者の方からの質問にも分かりやすく答えて頂きました。        

金子副会長:「ありがとうございました。

        これでみなさん100歳までカ・ク・ジ・ツ(確実)に生きられますね。

        甲斐保健師さん、ありがとうございました。(^^)/」

 

次は、薬師寺先生による「簡単なストレッチ体操」です。

     

薬師寺先生:「こんにちは。今日は、体操のポイントや普段の心がけなどを中心に

        お話ししたいと思います。よろしくお願いします。」

  

薬師寺先生:「まずは姿勢です!

        イスに深く座り、上からピ~ンと引っ張られている感じで背筋を伸ばします。

        姿勢が良いということは、健康への第一歩ですよ♪はい、みなさんも背筋のばして

        くださ~い。背筋ピ~ン」

    

                  「背筋ピ~ン」

     

  次は、首をゆ~っくり伸ばしてストレッチ             手を高~くあげて

      

       シャツの襟をつまんだまま             足を上げて、力を入れます

       肘を回し肩をほぐします         女性では、尿漏れの予防にもなりますよ~

  

 あとふくらはぎ。ここは第二の心臓と呼ばれるくらい大切な所。

かかとを上げて筋力アップ!

ふくらはぎの筋肉があるほど、心臓の働きが楽になるそうです。

 

ここで・・・普段の心がけのポイント!

~食器の洗い物をするとき~

①かかとをあげる 

②流し台にもたれかかって、背筋ピ~ン

これだけでも、毎日続けることで日々の生活が楽になってくるそうです。

   

ここで・・・質問コーナー!

松山青少年育成協議会会長:「自分は体が柔らかいと思っていたら、理学療法士さんに“硬い”と

                  言われた(涙)柔らかくする方法は?」

薬師寺先生:「ストレスとも関係があります。よく笑い、深呼吸して体に酸素を取り込むことも

        大切ですよ」

 

ストレッチと笑いと深呼吸で・・・

「あ~ら奥さん、最近若々しいわね~」なんて声をかけられる日も近いかも!?!(^^)!

 

ぜひ、みなさん継続は力なり、毎日少しずつでも続けていきましょう!!

 

次回は10月16日(火)11時~12時 錦町公民館 1階ホール

北九州市認知症・介護予防センター「サロンで健康づくり」を行う予定です。

 

申込み・お問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947 

2018.08.28第三回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

今回は、民生委員児童員協議会による「DVD鑑賞会」です。

北九州市人権啓発映画 「秋桜(コスモス)の咲く日」を鑑賞しました。

出演は大野拓朗さんと平山あやさん、石橋蓮司さん・・・

(大野拓朗さんは、NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」キース役で出演していたそうです☆)

舞台は北九州♪

 

社会には、色んな障害を持っている方がいらっしゃる。

この映画は、「目に見えにくい障害」の一つとして発達障害をとりあげています。

見えにくい障害をみんなでどうやって生きていくか、という映画です。

と浅田氏より説明があり、はじまります。

 

はじめ、“なかしまクンと主任”のやりとりに笑い声もありましたが、

次第にみなさん真剣に・・・ 

                  

鑑賞が終わると、宮村民児協会長より「私たち民生委員児童委員協議会(民児協)は、

人権、障がいなど福祉に関する事を行政につなぐ、という活動をしています。

『違い』を認めることで生まれるプラスのエネルギーがあります。」と民児協の活動と

役割等についてお話しがありました。

そして、活動への理解と協力の呼びかけがありました。

                                        

茶話会では、民生委員より活動上の思いなどを話し、参加された方からは質問が・・・   

                                  

参加された方:「活動する上で、一番難しいことは?」

民生委員:「この映画のように一人一人考え方が違う。その中でその方にとって

           一番いい方法は何か、を模索する時が大変だなと感じます。」

  

その他、生活に関する話題などで盛り上がりました☆彡   

 

最後に、錦町校区社協 手島会長より。

この「錦のひろば」サロンは“錦町校区小地域福祉活動計画”の中で、

みなさんの幸せと健康を考えて行こうという事で始まったサロンです。

これからも是非ご参加ください☆彡

 

次回は9月18日(火)11時~12時 錦町公民館 1階ホール

理学療法士 薬師寺先生の「簡単なストレッチ体操」を行う予定です。

 

申込み・お問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947

☆沢山の参加、お待ちしています☆

 

 

※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

2018.07.10第二回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

錦町校区社協 手島会長の挨拶で始まります!

  

次に講師の紹介。本日の講師は、お隣庄司校区よりシマダ酒店 島田氏をお招きし、

「発酵食品と甘酒」についてお話し頂き、6種類の甘酒を試飲しました。

   

まず、「発酵食品と甘酒」について説明。

「発酵とは?」から始まり、「発酵食品のいいところ」「栄養価」「甘酒の種類と作り方の違い」

「甘酒はノンアルコール」などなど・・・知っているようで知らないお話しがありました!(^^)!

  

お勉強した後は・・・いよいよ試飲です!

   

猿喰新田で作られた“吟のさと”というお米で作った甘酒「猿喰」や3/4山田錦で作られている甘酒、

八種類の穀物が入った「八穀」、黒ゴマが入っている黒い色の甘酒などなど

見た目の違いより、味は個性的で違いがよく分かりました。

  

  

  

  

甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、朝目覚めにコップに軽く1杯飲むと、

ブドウ糖が脳のエネルギー源になりとてもいいそうです。

みなさん、お好みの「甘酒」を見つけて、この暑い夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか!!

 

今回は、総勢28名の参加がありました☆彡

 

次回は8月28日(火)11時~  錦町公民館 1階ホール

内容については決まり次第、このホームページ等でお知らせします。

 

申込み・問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947

☆沢山の参加、お待ちしています☆

2018.06.22第一回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

錦町校区社会福祉協議会では、住み慣れたまち『錦町』で共に安心して生活していくという想いを形にするため、

昨年度「錦町校区小地域福祉活動計画」を策定しました。

その中で、高齢者の楽しむ場所を作りたい・高齢者がいつでも集える場所が欲しいとの想いから、

「地域の井戸端会議~港がみえる丘サロンの開催~」を目標にし、その第一歩として、今回 “錦のひろば” サロンを開催する事になりました。

(詳しい「錦町校区小地域福祉活動計画」については、前回掲載記事をご覧ください)

 

まず、錦町校区社協 手島会長の挨拶で始まります!

次に講師の紹介。

今日の講師は、元高校社会科教師で地元の歴史に詳しい藤原先生。

藤原先生には錦町を中心にした「地域の歴史」をお話し頂きました。

   

   

                                         【明治時代の地図】

明治時代の地図を基に、海を埋め立てて行った順番や“門司運河”があったことなど

門司港、錦町の地形がどのように変わっていったか説明。

 

   

   

昭和初期頃の写真を見ながら、昔の錦町の風景・・・田中丸呉服店(玉屋デパートの前身)、

桟橋通りにあった群芳閣(バナナの叩き売り発祥の地の石碑横にあった旅館)、

川卯旅館(明治末~大正初期)、みなと祭り(昭和26年)や西日本大水害(昭和28年)、ちんどん屋などなど。

今日は、約20名の参加があり、次々に出る懐かしい写真とお話しに、みなさん興味深く聞き入っていました。

   

   

   

   

お話しの後は婦人部による、おにぎらず、巻きずし、野菜のピクルス、お汁を頂きました。

ここでも、引き続き昔話に花が咲いていました✿

(今回の参加費は校区内の方200円・校区外の方250円でした)

 

次回は7月10日(火)11時~12時  錦町公民館 1階 ホール

シマダ酒店 島田氏をお迎えして、「飲む点滴」と言われる甘酒(ノンアルコール)について、

効果、効能の説明を聞きながら試飲を予定しています!

 

※画像をクリックすると、PDFが開きます。

 

申し込み・問い合わせは錦町公民館まで ☎ 321-2947      

 ☆沢山の参加、お待ちしています☆      

  

          【錦町公民館】

2018.06.13「小地域福祉活動計画」を進めています!

 

 平成29年度小地域福祉活動計画策定委員会を、錦町公民館にて全10回行いました。

 錦町校区の “気になっていること” や “現在の活動” などを出し合い、「安心・安全なまち 錦町校区」に

するための5カ年計画 「錦町しあわせ計画」 を策定しました

      

     

                             【策定委員会の様子】

 

 平成30年度から、小地域福祉活動計画に基づいた取り組みが実施されます。

それには、校区のみなさんの協力が必要です。

 錦町校区を「ずっと住み続けたい『錦町』」にするため、どうぞご協力をよろしくお願いします。

 

 最後に、今回の計画の冊子と概要版ができましたので、こちらも併せてご覧ください☆

                                        

※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

 

  

 ※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

2017.06.19ふくしプランニング工房(小地域福祉活動計画策定研修)に参加しました

 今年度錦町校区では、まちの夢や将来像をみんなで話し合い、その実現に向けて段階的に進めていくための「小地域福祉活動計画づくり」に取り組みます。

 

策定の意義や方法を学ぶため、第1回目のふくしプランニング工房に、校区社協から2名が参加し、校区の課題の整理などを体験しました。

  

これから約7か月間で計画を作ります。多くの皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

«前へ1次へ»

門司区