$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2018.11.28第六回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

錦町校区では、昨年度「錦町校区小地域福祉活動計画」を策定しましました。

高齢者の楽しむ場所を作りたい・高齢者がいつでも集える場所が欲しい、との想いから、

この“錦のひろば”サロンを開催する事になりました。

(詳しくは、6月13日掲載『「小地域福祉活動計画」を進めています!』をご覧ください。

 

今日は、「地酒処田村本店」四代目田村洋文氏をお招きし、日本酒の講話と利き酒を開催します。

秋の夜長、日本酒を頂きながら、参加者同士の親睦が深まればと思います。

                           (まちづくり協議会担当)

 

「今日は、田村さんにお酒をいっぱい持って来て頂きました。

酔わない程度にみんなで楽しい時間を過ごしましょう!」

夏原副会長のあいさつで始まります。

    

「今日は利き酒をするために、日本酒を12種類持ってきました。

昔、日本酒を “さけ”と呼んでいました。酒税法では“清酒”と言います。

今皆さんが飲まれているお酒は、奈良時代に出来たものです。 

ではここで、質問です。

お酒全体の売上高の中で、日本酒が占める割合はどのくらいだと思いますか?

続きを読む

2018.09.21「あの日を振り返って(聞く)~7月豪雨の体験より~」を 錦町市民センターにて開催しました!

 

現在、錦町校区では錦町校区小地域福祉活動第一次計画(「錦町しあわせ計画」)を推進しており、重点実施項目の一つに“本当に役立つ災害対策”をあげています。

(詳しい「錦町小地域福祉活動計画」については、6月22日掲載記事をご覧ください)

 

“本当に役立つ災害対策”の一つとして、錦町市民センターと連携し生涯学習市民講座 

にしき散歩「あの日を振り返って(聞く)~7月豪雨の体験より~」を開催しました。

 

まず、十塚館長のあいさつ☆彡    

「錦町校区は、7月6日の豪雨で大きな被害があった地域と被害がなかった地域がありました。だけど、みなさん不安な日々を過ごしたのではないでしょうか。この記憶が新しいうちに災害、災害の恐怖、防災・・・他人ごとではなく、自分たちの事としてもう一度考え直し、あの日を共有したいと思います。今日はよろしくお願いします。」

 

続いて、手島校区社協会長より☆彡

「災害が起きそうなとき、消防署から避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告などのメールが、夕方の忙しい時間や深夜など時間に関係なく来ます。そしてそれが解除になった時、また時間に関係なく来ます。ここ最近はとても多いと感じています。

昭和28年の水害を体験しました。その時は山津波、今でいう土石流、土砂災害で広石地区の被災者の自宅にあったノートや教科書、家財などが土砂に埋もれ『全てを失う、失ってしまう』と感じました。この実体験を通じて感じたことを忘れずに、今後の防災活動に活かしていきたい・・・」

 

宮村地区民児協会長より☆彡

 「その日、準備情報の連絡が手島会長からありました。大したことはないだろうと油断していたら、すぐ避難指示が出されました。びっくりして山手にお住いの方にすぐ連絡しました。しかし、三角山と清滝神社から短時間に大量の雨水が流れだし、町内にある“清年神社”と“三宜楼”の坂になっている所が “川”のような状態になっていました。これでは避難できないので、雨が小降りになるのを待ってから避難誘導をしました。山の水路も壊れ、側溝も水があふれ、川のようでした・・・」

   

 菊池民生委員より☆彡

「早朝、ラジオ体操に行きました。始まって約10分、すっごい雨が降り出しました。

気をつけて帰ろうね、と声を掛け合い帰りました。

8時前、ふと外を見ると自宅前の坂が“滝”のようになっていました。

その水も茶色く濁っていて、一瞬で“逃げられない、家にいるしかない”と感じました。

そして、家の中から外を見ると、木切れと石ころの量がものすごいんです、その部分が盛り上がっていて。避難勧告が発令されていましたが、避難出来ない状況でした。

少し雨がおさまって避難出来る状態になり、高齢の母と共に息子夫婦宅に避難し一泊しました。

実際に、家族の中で高齢の母を息子夫婦宅に移動し一泊させましたが、母は「二度と行きたくない」と言い、息子も「二度とくるなよ~(笑)」という結果になりました。

高齢者を移動するときは、身のまわり、例えば移動式トイレを一緒に持って行かなくてはならないなど多くの付属物があり、避難することだけでも大変な手間がかかるということがよく判りました・・・」

  

公園第一町内会の安藤氏☆彡

「昨年度、錦町校区小地域福祉活動第一次計画を策定する中で、もし災害が起こった時、公園第一町内会が孤立してしまうのではないか心配。まずはモデル地区として緊急連絡網を作ってみてはどうか、という話しになり緊急連絡網を作成しました。一軒一軒伺ってお話しを聞き、連絡網を作りました。

しかし、避難したくないと言うかたもいらっしゃる。どうしたら避難してもらえるだろうか・・・」

   

最後は、十塚館長☆彡

「あの日は錦町市民センターに泊まられた方が27名いらっしゃいました。

避難後食べ物を買いに行こうとされた方が多かったが、ハローディは閉まっているしコンビニの商品は少ない状況でした。時間があるなら、食べ物と普段飲んでいるお薬、まくら、ひざ掛けなど持ってこられるといいですね~。

今後、この市民センターの限られたスペースで、避難して来られた方の不安を和らげ、避難しやすいセンターである工夫をし、準備していく事が課題だと感じています。また、韓国からの旅行者が避難して来られました。観光地なので観光客への対応の必要性も感じました・・・」

 

その後、参加者からの質問や、「やっぱり地域の力が大切やね~」「その時の写真を撮って記録しておくといいね」「非常食のおかゆ、そのままでも食べられておいしいよ~」などの意見がありました。

 

当初予定していた人数より多い参加があり、住民の方の災害、防災に関する意識の高さが伺えました。

昨今、各地で災害が起こり、甚大な被害がでています。備えあれば憂いなし!今回の経験をみんなで共有し、いつ起こるか分からない災害に備えましょう!(^^)!

2018.09.18第四回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

今日は、青少年育成協議会による、門司区役所甲斐保健師さんから「検診の案内、インフルエンザ、高齢者用肺炎球菌の予防接種について」のお話しと、理学療法士 薬師寺先生による「簡単なストレッチ体操」です。

 

はじめに、金子青少年育成協議会副会長より

「今日は、どうしたら長生きができるか、という事について甲斐保健師よりお話し頂きます^^」(拍手)

 

甲斐保健師:「こんにちは。みなさんは一年に1回、健康診断を受けていますか?」

参加者:「は~い」

甲斐保健師:「今年は受けられましたか?」

参加者:「まだですぅ」(笑)

甲斐保健師:「門司区では、今月特に健康診断を受けましょうと力をいれています。

        ご自身だけでなく、ご家族やお友達、ご近所さんも誘って一年に1回、

        健康チェックをして欲しいと思います。」

その他、年齢別に受けられる検診の種類やがん検診、予防接種について説明がありました。

そして、参加者の方からの質問にも分かりやすく答えて頂きました。        

金子副会長:「ありがとうございました。

        これでみなさん100歳までカ・ク・ジ・ツ(確実)に生きられますね。

        甲斐保健師さん、ありがとうございました。(^^)/」

 

次は、薬師寺先生による「簡単なストレッチ体操」です。

     

薬師寺先生:「こんにちは。今日は、体操のポイントや普段の心がけなどを中心に

        お話ししたいと思います。よろしくお願いします。」

  

薬師寺先生:「まずは姿勢です!

        イスに深く座り、上からピ~ンと引っ張られている感じで背筋を伸ばします。

        姿勢が良いということは、健康への第一歩ですよ♪はい、みなさんも背筋のばして

        くださ~い。背筋ピ~ン」

    

                  「背筋ピ~ン」

     

  次は、首をゆ~っくり伸ばしてストレッチ             手を高~くあげて

      

       シャツの襟をつまんだまま             足を上げて、力を入れます

       肘を回し肩をほぐします         女性では、尿漏れの予防にもなりますよ~

  

 あとふくらはぎ。ここは第二の心臓と呼ばれるくらい大切な所。

かかとを上げて筋力アップ!

ふくらはぎの筋肉があるほど、心臓の働きが楽になるそうです。

 

ここで・・・普段の心がけのポイント!

~食器の洗い物をするとき~

①かかとをあげる 

②流し台にもたれかかって、背筋ピ~ン

これだけでも、毎日続けることで日々の生活が楽になってくるそうです。

   

ここで・・・質問コーナー!

松山青少年育成協議会会長:「自分は体が柔らかいと思っていたら、理学療法士さんに“硬い”と

                  言われた(涙)柔らかくする方法は?」

薬師寺先生:「ストレスとも関係があります。よく笑い、深呼吸して体に酸素を取り込むことも

        大切ですよ」

 

ストレッチと笑いと深呼吸で・・・

「あ~ら奥さん、最近若々しいわね~」なんて声をかけられる日も近いかも!?!(^^)!

 

ぜひ、みなさん継続は力なり、毎日少しずつでも続けていきましょう!!

 

次回は10月16日(火)11時~12時 錦町公民館 1階ホール

北九州市認知症・介護予防センター「サロンで健康づくり」を行う予定です。

 

申込み・お問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947 

2018.08.28第三回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

今回は、民生委員児童員協議会による「DVD鑑賞会」です。

北九州市人権啓発映画 「秋桜(コスモス)の咲く日」を鑑賞しました。

出演は大野拓朗さんと平山あやさん、石橋蓮司さん・・・

(大野拓朗さんは、NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」キース役で出演していたそうです☆)

舞台は北九州♪

 

社会には、色んな障害を持っている方がいらっしゃる。

この映画は、「目に見えにくい障害」の一つとして発達障害をとりあげています。

見えにくい障害をみんなでどうやって生きていくか、という映画です。

と浅田氏より説明があり、はじまります。

 

はじめ、“なかしまクンと主任”のやりとりに笑い声もありましたが、

次第にみなさん真剣に・・・ 

                  

鑑賞が終わると、宮村民児協会長より「私たち民生委員児童委員協議会(民児協)は、

人権、障がいなど福祉に関する事を行政につなぐ、という活動をしています。

『違い』を認めることで生まれるプラスのエネルギーがあります。」と民児協の活動と

役割等についてお話しがありました。

そして、活動への理解と協力の呼びかけがありました。

                                        

茶話会では、民生委員より活動上の思いなどを話し、参加された方からは質問が・・・   

                                  

参加された方:「活動する上で、一番難しいことは?」

民生委員:「この映画のように一人一人考え方が違う。その中でその方にとって

           一番いい方法は何か、を模索する時が大変だなと感じます。」

  

その他、生活に関する話題などで盛り上がりました☆彡   

 

最後に、錦町校区社協 手島会長より。

この「錦のひろば」サロンは“錦町校区小地域福祉活動計画”の中で、

みなさんの幸せと健康を考えて行こうという事で始まったサロンです。

これからも是非ご参加ください☆彡

 

次回は9月18日(火)11時~12時 錦町公民館 1階ホール

理学療法士 薬師寺先生の「簡単なストレッチ体操」を行う予定です。

 

申込み・お問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947

☆沢山の参加、お待ちしています☆

 

 

※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

2018.07.10第二回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

錦町校区社協 手島会長の挨拶で始まります!

  

次に講師の紹介。本日の講師は、お隣庄司校区よりシマダ酒店 島田氏をお招きし、

「発酵食品と甘酒」についてお話し頂き、6種類の甘酒を試飲しました。

   

まず、「発酵食品と甘酒」について説明。

「発酵とは?」から始まり、「発酵食品のいいところ」「栄養価」「甘酒の種類と作り方の違い」

「甘酒はノンアルコール」などなど・・・知っているようで知らないお話しがありました!(^^)!

  

お勉強した後は・・・いよいよ試飲です!

   

猿喰新田で作られた“吟のさと”というお米で作った甘酒「猿喰」や3/4山田錦で作られている甘酒、

八種類の穀物が入った「八穀」、黒ゴマが入っている黒い色の甘酒などなど

見た目の違いより、味は個性的で違いがよく分かりました。

  

  

  

  

甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、朝目覚めにコップに軽く1杯飲むと、

ブドウ糖が脳のエネルギー源になりとてもいいそうです。

みなさん、お好みの「甘酒」を見つけて、この暑い夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか!!

 

今回は、総勢28名の参加がありました☆彡

 

次回は8月28日(火)11時~  錦町公民館 1階ホール

内容については決まり次第、このホームページ等でお知らせします。

 

申込み・問い合わせは錦町公民館まで ☎321-2947

☆沢山の参加、お待ちしています☆

2018.06.22第一回 “錦のひろば” サロンを開催しました!

 

錦町校区社会福祉協議会では、住み慣れたまち『錦町』で共に安心して生活していくという想いを形にするため、

昨年度「錦町校区小地域福祉活動計画」を策定しました。

その中で、高齢者の楽しむ場所を作りたい・高齢者がいつでも集える場所が欲しいとの想いから、

「地域の井戸端会議~港がみえる丘サロンの開催~」を目標にし、その第一歩として、今回 “錦のひろば” サロンを開催する事になりました。

(詳しい「錦町校区小地域福祉活動計画」については、前回掲載記事をご覧ください)

 

まず、錦町校区社協 手島会長の挨拶で始まります!

次に講師の紹介。

今日の講師は、元高校社会科教師で地元の歴史に詳しい藤原先生。

藤原先生には錦町を中心にした「地域の歴史」をお話し頂きました。

   

   

                                         【明治時代の地図】

明治時代の地図を基に、海を埋め立てて行った順番や“門司運河”があったことなど

門司港、錦町の地形がどのように変わっていったか説明。

 

   

   

昭和初期頃の写真を見ながら、昔の錦町の風景・・・田中丸呉服店(玉屋デパートの前身)、

桟橋通りにあった群芳閣(バナナの叩き売り発祥の地の石碑横にあった旅館)、

川卯旅館(明治末~大正初期)、みなと祭り(昭和26年)や西日本大水害(昭和28年)、ちんどん屋などなど。

今日は、約20名の参加があり、次々に出る懐かしい写真とお話しに、みなさん興味深く聞き入っていました。

   

   

   

   

お話しの後は婦人部による、おにぎらず、巻きずし、野菜のピクルス、お汁を頂きました。

ここでも、引き続き昔話に花が咲いていました✿

(今回の参加費は校区内の方200円・校区外の方250円でした)

 

次回は7月10日(火)11時~12時  錦町公民館 1階 ホール

シマダ酒店 島田氏をお迎えして、「飲む点滴」と言われる甘酒(ノンアルコール)について、

効果、効能の説明を聞きながら試飲を予定しています!

 

※画像をクリックすると、PDFが開きます。

 

申し込み・問い合わせは錦町公民館まで ☎ 321-2947      

 ☆沢山の参加、お待ちしています☆      

  

          【錦町公民館】

2018.06.13「小地域福祉活動計画」を進めています!

 

 平成29年度小地域福祉活動計画策定委員会を、錦町公民館にて全10回行いました。

 錦町校区の “気になっていること” や “現在の活動” などを出し合い、「安心・安全なまち 錦町校区」に

するための5カ年計画 「錦町しあわせ計画」 を策定しました

      

     

                             【策定委員会の様子】

 

 平成30年度から、小地域福祉活動計画に基づいた取り組みが実施されます。

それには、校区のみなさんの協力が必要です。

 錦町校区を「ずっと住み続けたい『錦町』」にするため、どうぞご協力をよろしくお願いします。

 

 最後に、今回の計画の冊子と概要版ができましたので、こちらも併せてご覧ください☆

                                        

※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

 

  

 ※ 画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

2017.06.19ふくしプランニング工房(小地域福祉活動計画策定研修)に参加しました

 今年度錦町校区では、まちの夢や将来像をみんなで話し合い、その実現に向けて段階的に進めていくための「小地域福祉活動計画づくり」に取り組みます。

 

策定の意義や方法を学ぶため、第1回目のふくしプランニング工房に、校区社協から2名が参加し、校区の課題の整理などを体験しました。

  

これから約7か月間で計画を作ります。多くの皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

«前へ1次へ»

門司区