\街かどサロンが開催されました/

2017.08.07

西門司市民センターにて開催された『街かどサロン』は、ウクレレ同好会を主体に始まったサロンです。

 

ウクレレ同好会のはじまりは、さかのぼること4年前・・・

市民センターのウクレレ教室で知り合った生徒の有志4名が、

昼間に集まれる会を開きたいと昨年立ち上がったものです。

 

ウクレレと言えば、ハワイアンをイメージされると思いますが、

レパートリーは、唱歌・童謡・歌謡曲から演歌まで多彩です。

 

今日は男性4名女性2名の計6名が参加して、

同好会のテーマ曲となっている、「故郷」・「きらきら星」・「四季の歌」を皆で演奏しました。

  

左手の指を滑らかに動かし、単音をつなげて主旋律を奏でます。(すごい!)

楽器の演奏は、認知機能を司る脳内の部位を活性化するとも言われています。

 

テーマ曲以外にも、

独奏で「思い出の渚」や「アロハ・オエ」、「無法松の一生」が披露されました。

  

メンバーのおひとりがボランティアで施設を訪問した際、「無法松の一生」のリクエストを受け演奏すると、

リクエストされた方が、ご自身の”刀”を持ち出され、踊りを披露されたそうです。

いつまでも心に残る、素敵な思い出ですね。

 

合奏の間に、それぞれ自己練習する時間や、おしゃべりする時間もあり、

市民センターの一室に和やかな時間が流れます。

メンバー同士で、演奏時の疑問や楽譜提供などが行われ、

応答的な関係を通して練習が充実し、皆さんのまなざしは真剣そのものです。

真剣な中にも、つねに笑いが絶えないのは皆さんのお人柄でしょうか。

  

次回は、8月21日(月)13:00から開催予定しています。

 

優しい音色が心に響きます。

興味のある方は、気軽にご参加ください♪

門司区