\ふれあい昼食会で、シルバー川柳鑑賞会を行いました/

2018.12.25

平成30年12月14日 

 西門司校区の今年度のふれあい昼食会は、お弁当を用意。味噌汁・お吸い物は、たくさんの具を入れて、温かい物を市民センターでつくりました。

  

 

 12時、定刻になり、小野事務局長による始まりの言葉で、「いただきま~す」。

  

 一人だと、料理もしないでコンビニ弁当になりがち。だけれど、お弁当でもみんなと食べると、美味しさが違います (^^)

 

 お食事が終わる頃、渡辺館長より、舞台のツリーについてお話しがありました。

 木の幹や枝だけでなく、お花もひとつひとつ、手作り。ちょっと舞台にあるだけで、明るい雰囲気になります。

  

 

 お食事のあとの本日の講話は、社会福祉協議会の小田事務局長による「シルバー川柳鑑賞会」です。

   

 「誕生日 ローソクふいて 〇〇〇〇〇」〇の中に入る言葉は?

   「入れ歯飛ぶ」「息がきれ」となかなか、いいお答え。正解は … 「たちくらみ」

 「ア~ンして むかしラブラブ 〇〇〇〇〇」 … 「いま介護」等々…。

  

 思わず、笑顔があふれ、笑い声でいっぱいになりました。

 「久しぶりに笑った」という声も聞かれ、楽しんでいただけたようです。

 笑いは健康の元です。『いつまでも。笑って元気に過ごしましょう!』

 

 しばらくお休みをしていたふれあい昼食会ですが、皆さんと楽しい時間を持ちたいとの声が多くあり、再開したとのことです。かたちにこだわらないで、無理なく続けていきましょう。

門司区