私たちの主な活動内容の紹介

美しい住みよい安全安心なまち浅生

住民発!浅生地区 小地域福祉活動第一次計画

 
   
 

地区社協だより等

 
   
 

最も力を入れている活動の紹介

 
 

「愛の声かけ見守り訪問活動」

~よりきめ細かな活動で、美しい住みよい安全安心なまち浅生にしよう!~

●見守り体制 福祉協力員40余名を10班編成
●活動内容 ふれあいネットワーク活動の基本の見守りのしくみ
福祉協力員が年長者宅を訪問し、声かけ、安否確認、相談、ニーズ等の把握を行い、きめ細かな、対象者の心が読めるような活動の展開をめざしています。
 
 
 
 

「浅生地区社協連絡調整会議」

~ふれあいネットワーク活動の“話し合い”「連絡調整会議」~

●開催回数 年間10回程度
●開催場所 浅生市民センター
●参加者 地区社協役員、福祉協力員、民生委員・児童委員、区役所、消防署、警察署、地域包括支援センター、区社協、医師会など
●内容 ふれあいネットワーク活動の見守り・助け合い活動における報告や情報交換をはじめ、行事等の連絡調整・役割分担などを話し合っています。
会議だけでなく、福祉協力員の資質向上や情報収集のための各種研修会を取り入れるなどの工夫もしています。



草木正人会長のあいさつ

●平成23年7月11日(月)
連絡調整会議の中で、大塚製薬株式会社の出張健康セミナー「熱中症の予防」についての研修会を開催しました。
暑い中活動する福祉協力員や見守り対象者にとって、大変参考になる研修会でした。
 
 
 
 

「ふれあい交流会」

~長寿を地域みんなで祝う“ふれあい交流会”~

●開催日時 年4回(概ね、11時~13時)
●開催場所 浅生市民センター
●主催 浅生地区社協
●参加者 浅生地区在住の年長者
●内容 平成12年度より、地域の高齢者のみなさんが、健康で生きがいのある生活を送っていただくためのお手伝いとして、お誕生日を地域のみんなでお祝いする、「ふれあい交流会」を開始しました。
地域のみなさんが揃って昼食をとりながら、話したり、人の話を聞いたり、歌を歌ったり、芸能を見たり、笑ったりすることで生きる喜びを感じてもらいます。浅生市民センターのクラブのみなさんにご協力をいただくなど、毎回演出も工夫しています。

保健師、看護師による健康チェック

保健師の健康講話

青木副会長のあいさつ

市民センター添野館長のお話

食事の前の健康体操

みんなで楽しく昼食




フラダンス

福祉協力員によるコーラス
 
 
 
 
 

「認知症に対する理解を深めるために」 医師会研修会

~地域活動者として、認知症について正しく理解しよう!~

●実施内容 戸畑区医師会の健康講座を活用し、浅生地区で活動する福祉協力員や民生委員・児童委員が、認知症についての研修会を実施しました。
●実施場所 浅生市民センター
●講師 社会医療法人 共愛会 介護老人保健施設 あやめの里
施設長 下河辺 勝世 先生


 
 
 
 

「めげない地域福祉活動者になるために」 福祉協力員研修会

~もっともっと地域福祉活動を楽しもう!~

●実施内容 近年、オートロックのマンションが増え、訪問を拒否する高齢者や地域とのかかわりを持とうとしない方など、福祉協力員の活動が難しくなってきています。
そこで、地域のボランティアとして見守り活動をする福祉協力員の活動上の日頃の悩みや、問題点などの解決のヒントを探るため、福祉協力員の研修会を実施しました。
●実施場所 浅生市民センター
●講師 北九州市立大学 基盤教育センター・地域創生学群
教授 中島 俊介 先生

※今後も、福祉協力員の資質向上のための様々な研修会を企画実施していきます。

 
 
 
 

「年長者を励ます会」

~ご長寿おめでとうございます!~

●実施時期 毎年、9月の敬老の日の前
●実施内容 喜寿、米寿の方々に記念品(天眼鏡)とお祝いの言葉を贈っています。
民生委員・児童委員、福祉協力員が、記念品と祝詞をもって年長者宅を訪問しています。
 
 
 
 

「多世代交流会 いきいきそうめん流し」

~地域の宝を地域で育むために~

●実施時期 毎年、8月頃
●実施場所 浅生市民センター
●実施内容 事前に青竹を割り、年長者の指導を受けて、竹で「マイ箸」作りをしました。
地域の老若男女・児童など、多くの参加があり、夏の風物詩のそうめん流しや冷やしきゅうりで楽しいひとときを味わいました。
 
 
 
 

「青少年健全育成・多世代交流もちつき大会」

~日本の伝統行事を、地域の次世代へ受け継いでいこう!~

●実施時期 毎年、3月頃
●実施場所 浅生市民センター
●実施内容 前日の下準備も、子どもたちや大人まで地域のみんなで協力して準備を進めています。
もちつきは、子ども三本杵、大人子ども三本杵、女の子三本杵など、多様な組み合わせで行い、みんなでワイワイ言いながら、いろんな味のもちをしっかり食べました。

男の子!地域の方の指導で楽しい餅つき!

女の子!男の子に負けないで!

表方の男性陣(お父さん)開始前のひと息!

裏方の美人女性陣(お母さん)

熱々のお餅をみんなで丸めました。
 
 
 
 
 

「南沢見地区社協との活動者交流研修会」

~お互いの地区社協活動を学ぼう!~

●実施日時 平成23年2月23日(水)19:00~20:30
●実施場所 浅生市民センター
●参加者 浅生地区社協  20名
南沢見地区社協 20名
市民センター館長 1名
区社協      2名  計43名
●実施内容 地区社協が実践している、ふれあいネットワーク活動をはじめとしたお互いの小地域福祉活動を学び、これからの取り組みの参考にし、戸畑区内の地域を超えた活動者の輪を広げ活動意欲を高めました。
●主なテーマ (1) ふれあいネットワーク活動を推進するための組織体制について
(2) 福祉協力員の選任について
(3) 見守り訪問活動について
(4) 連絡調整会議について
   

※お互いの地区社協の実情や工夫しているところ、問題点、今後進むべき方向などを話し合い、活動者にとって大変有意義な交流会となりました。

 
 

ページの先頭へ

戸畑区