私たちの主な活動内容の紹介

自分が輝き、地域が輝く支え合いのまち中原

最も力を入れている活動の紹介

 
 

中原地区社協連絡調整会議

  • 毎月、第3火曜日の19:00より中原市民センターで開催
  • 地区社協役員、福祉協力員、民生委員・児童委員、区社協職員、行政(いのちをつなぐネットワーク職員等)、地域包括支援センターなどが出席しています。
  • 福祉協力員の見守り活動の報告や、見守り、助け合いを進める中で出てきた問題点などについて関係機関や団体と話し合い、問題解決方法や役割分担などを検討しています。

 
 
 
 

ヤクルト佐賀工場視察研修

  • 平成22年9月18日 佐賀市
  • 福祉協力員の研修及び親睦・交流とリフレッシュを目的に、ヤクルト佐賀工場の視察研修を実施しました。


 
 
 
 

ひとり暮らし高齢者ふれあい訪問

  • 11月に、見守り訪問活動の充実強化を図るため、福祉協力員がひとり暮らし高齢者世帯に指定ゴミ袋を持って訪問しています。
    市営住宅等の集合住宅にも1軒1軒、福祉協力員が訪問しています。
    その他、熱中症やインフルエンザ予防などの啓発チラシも、その都度1軒1軒、福祉協力員が配布しています。

 
 
 
 

年長者と子どものふれあいグランドゴルフ大会

  • 平成22年10月23日 仙水公園で開催
  • 地域の年長者と子どもが一緒のチームになり、グランドゴルフの大会を毎年開催しています。中原小学校の教頭先生や、子供たちの保護者も参加され、秋晴れの空のもと、みんなで楽しくなかよく、そして真剣にプレーしました。


 
 
 
 

ふれあいもちつき大会

  • 平成22年12月5日 中原市民センター
  • 地域の子ども会、婦人会、まちづくり協議会、老人会などの様々な団体と協力し、餅つき大会を開催しました。小学生や中学生も多数参加し、日本の伝統行事が次の世代へと受け継がれています。プチボも、おろし餅と、きなこ餅をたくさんいただきました。
    プチボで協力してくれたのは、北九州市立高校のインターアクトクラブの女子高生です。



 
 
 
 

安心生活創造事業「ボランティア養成講座」(1)

  • 平成23年1月24日 中原市民センター
  • 中原地区社協の新たな福祉協力員の確保と、更なる活動の活性化を図るため、九州共立大学の永渕准教授をお招きし、ボランティア養成講座を開催しました。


 
 
 
 

安心生活創造事業「ボランティア養成講座」(2)飯塚市幸袋地区社協視察交流会

  • 平成23年2月15日 飯塚市幸袋公民館
  • 中原地区社協と同じく安心生活創造事業を実施する、飯塚市へ視察と活動者交流会に行きました。活発な活動の紹介と意見交換が行われ、有意義な視察研修会となりました。


 
 

ページの先頭へ

戸畑区