防災訓練を実施しました。

2016.04.05

 

 

平成28326日に浜町地区社協では防災訓練を実施しました。

 

局地的集中豪雨による水害を想定しての避難訓練で、

 

930分に避難情報発令の連絡を受けて市民センターに避難を開始する設定でした。

 

日頃から福祉マップを更新しているため、

 

要援護者が誰かはマップを見たらすぐに分かります。

 

手助けの必要な人のところへは車いすを持った福祉協力員が迎えに行き、

 

市民センターに誘導します。

 

目の不自由な人を想定して、アイマスクと白杖を使いながら

 

市民センターへの道を歩く人もいました。

 

 

 

  

避難所設営は多目的ホールにシートを敷くところから始まります。

 

避難所でプライバシーを確保するためのパーテーション設営の訓練も行いました。

 

設営は5分もあれば十分。初心者でもできそうでした。

 

内部は十分な広さがあり、プライバシーも確保できそうです。

 

しかし、パーテーションをたたむ作業はそう簡単ではありませんでした。

 

何度もトライし、ようやく片付けられた時には自然と会場から拍手が沸き起こりました。

 

若松消防署からの講話もあり、参加者は真剣に話を聞いていました。

 

すぐに役立つ内容でとても分かりやすく、今まで正しいと信じていたことが間違って

 

いたりして、認識を新たにしました。

 

避難所に欠かせない炊き出し訓練も同時に行われ、全員にまぜ後飯と豚汁が

 

配給されました。浜町地区社協婦人部のみなさんが腕を振るってくれました。

 

 

第3回目の防災訓練も無事に終了し、浜町地区社協の災害に対する備えは

 

ますます強固なものになったと思います。

 

 

 

 

 

若松区