高須地区社協バス研修に行ってきました。

2016.06.23

毎年恒例のバス研修。福祉協力員・民生委員含めて総勢30名。

心配された雨も上がって快適な旅行日和になりました。

今年は北九州市内の企業と新しくできた認知症カフェを見学してきました。

 

まずは、安川電機ロボット工場です。

 

ロボットとの早押しゲーム対決。この日は人間が勝利!      小倉祇園太鼓の演奏。難しいリズムを刻んでいます。

 

次は、TV・新聞でも取り上げられた認知症支援・介護予防センターにある

カフェ・オレンジ(認知症カフェ)を見学。 

到着後すぐE・G体操と介護予防体操を行って腹ごしらえ。

その後、草の根ネットワーク田代氏から、認知症の現状と、その取り組みに

向けた認知症カフェの説明を交えた講話を聞きながら、美味しいお弁当を

いただきました。                                                                    

室内は広々。介護予防体操もゆったり行えました。      食後は美味しいコーヒーでくつろいで楽しくおしゃべり

 

最後のTOTOミュージアムは、創立100周年記念事業として昨年8月に開設された白く

清潔な建物。日本の近代化とともに暮らしに直結する水まわりの製品技術の進歩に感激しました。

 建物内の展示品などは撮影禁止のものが多かったのですが、最後に記念撮影ができました。

 

帰りの車中では、日本を代表する安川電機・TOTOが、ともに北九州発祥の企業ということに、地元として

 

誇りが持てたとの意見が多く、北九州市のものづくりへの取組みがいかに優れているかを実感できました。

 

また、認知症は誰にでも起こり得る特別な病気ではないという認識を地域全体に広めていくこと、日頃の体

 

操や食生活などの予防対策が大事であることを再認識できた有意義な一日でした。

 

この研修は「マイレージ事業」として登録いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

若松区