高須地区「第2回認知症捜索模擬訓練」が開催されました。

2017.11.24

 

 11月19日(日)、高須地区で第2回目の認知症捜索模擬訓練が開催されました。

 

 「たかす元気プラン」推進の一環として発足した「SOSネットワーク(高須地区

 

社協と地域団体との協働」」の主催で、高須市民センターを拠点として、

 

高須東と北のブロックを捜索範囲とし、昨年の反省点を踏まえ、今年は「声かけ」を

 

重点目標に実施しました。

 

 さわやかな秋冷の朝警察・消防・施設・行政などを含め、子どもから年長者まで

 

3世代の19グループ(1グループ4~5人)110名が参加しました

 

 

9時30分の受付開始前からぞくぞくと人が集まります。

 

 受付を終えて、各自の捜索範囲を確認中   高須市民センター講堂は熱気に溢れました

 

 

     捜索エリア               不明者情報

 

 

  捜索チームが付けるゼッケン      香月実行委員長あいさつ

 

 訓練実施前に草の根ネットワーク中村真理子さんから

 

 声かけ方法の指導を受けながら、寸劇を行ないました。

 

  「劇団たかす」による寸劇

 

 ★悪い例

               

 ×多人数で取り囲む、強引に連れていこうとする。

 

  ★良い例

 

 

 ◯目線を合わせてから話しかける    ◯歩調を合わせてゆっくり誘導

  話しかけるのは一人で

 

 いよいよ捜索開始です。

 

4つのエリアで10人の行方不明者を19グループで捜索

 

 別にGPS隊も車で出発しました。

 

 

 

 

 不明者発見!

 

 グループの一人がやさしく話しかけます。

 

 「こんにちは。どちらへお出かけですか?」

 

 

 

 

 声かけが成功すると、不明者役の方から

 「ありがとうカード」がもらえます。

 

 

 無事に不明者を発見したら、本部へ発見者情報を伝えます。

 

 本部では、志多田まち協会長、佐々木老人クラブ会長などが応対しました。

 

 

 

 11時30分捜索終了。

 

 訓練を終えて帰路に着く参加者。

 

 みなさんが笑顔で和やかな表情です。

 

 

 

 市民センターへ帰り着いた報告をして、アンケートを記入します。

 

 

 

12時45分 反省会が開かれました。

 

【捜索者の感想】

 

 ◯ありがとうカードがもらえて嬉しかった。この経験を生かしたい。

 

 ◯去年よりはスムーズに声かけできた。

 

 ◯迷っていそうなお年寄りを見かけたら、手助けしたい。(子どもから)

 

 ◯いざとなると、何と言って声かけすればいいのか迷った。

 

 ◯声かけのタイミングが難しいと感じた。

 

 

 

【不明者役の感想】

 

 ◯ゆっくり話しかけてくれたので、楽しく会話できた。

 

 ◯言葉を選んで声をかけてくれたり、笑顔で接してくれて温かさを感じた。

 

 ◯不明者役を演じながら歩き回っていたら、本当に知らない場所に出てしまって、

 

  ここはどこ?と不安になった。きっと認知症の方もこんな気持ちなんだろうな

 

  と思った。

 

 ◯何十年も前に一緒に野球をしていた仲間に見つけてもらい、当時の懐かしい

 

  記憶がよみがえった。

 

 ◯耳が聞こえない人やフードを被っている人に対しては、やさしくタッチする

 

  など、軽いスキンシップも必要と思う。

 

 

 

 

 

来賓の若松区役所 保健福祉課長と若松区社協 事務局長から

 

「今後も訓練を継続して、笑顔あふれるやさしいまちづくりを期待します」との

 

激励とねぎらいの言葉をいただきました。

 

 

 

声かけの指導をしていただいた、中村真理子さんからも今回の

 

訓練の成功を祝っていただきました。

 

 

 

最後は、SOSネットワーク副委員長の田代さん(不明者役を熱演)

 

から、謝辞と閉会の辞。

 

 

 

行方不明者役の方からも、捜索者の方からも参加してよかったとの

 

声が多くあがりました。

 

110名が和気あいあいのうちに訓練が終了しました。

 

寒いなかにも関わらず、各団体や個人の皆さまのご協力とご支援のおかげで、

 

一陣のやさしい風が高須に吹いた一日になりました。

 

 

 ご参加ありがとうございました。m(__)m 

 

 

警察や消防からの報告によると、若松管内でも認知症行方不明者の連絡が

 

増えており、海や山での発見もあるようです。

 

認知症の方は足取りが速く、遠方へ行く可能性が高いので、早期の発見が

 

重要であることを認識しました。

 

 

 今後この経験を「たかすSOSネットワーク」のさらなる充実に向けて

 

 役立ててまいります。

 

 また、福祉協力員の訪問活動やサロン活動に生かしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若松区