$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2017.08.08前田第四地区社協ふれあいネットワーク説明会を行いました。

7月3日(月)19:00から平野市民センターで、

 

ふれあいネットワーク説明会を行いました。

 

 当日は、八幡東区社会福祉協議会から、福島事務局長と、

 

地域支援コーディネーターの村上さんをお招きし、

 

ふれあいネットワーク活動についての説明会を行いました。

 

 

  “ふれあいネットワーク活動とは何か?″

 八幡東区は、市内7区で門司区に次いで高齢化率が高く、

 

孤立しがちなひとり暮らし高齢者や、高齢者のみの世帯が年々増加して

 

います。

 

また、高齢や障がいで介護が必要な人のいる世帯や子育て中の世帯など

 

家族の努力だけでは解決が難しい生活課題を抱えた方々もおられます。

 

ふれあいネットワーク活動はこのような世帯に対して、日常の中で、

 

ちよっとした助け合いを行う、住民主体の活動です。

 

 そのために見守り(気付き)、助け合い(行動)、話し合い(ふり返り)活動

 

を行い、今必要なことは、これらの方々を日常的に見守りながら、

 

困っている時に助け合う、そういった、昔ながらの隣近所の助け合いの

 

まちづくりのしくみを皆さんの地域で広めていくことではないでしょうか。

 

「いくつになっても住み慣れた家や地域で、安全に自分らしく生きたい」

 

という、みんなの願いを実現するため、人と人とのつながりを大切にし、

 

何かあった時にはお互いに助けたり助けられたりできる、「共に支え合う

 

まちづくり」を目指しています。

 

このネットワーク活動では組を単位とし、ふれあい通信員が、みなさんの

 

困った声を聞きます。

 

そうした声を福祉協力員、民生委員・児童委員が〝地域の支援活動”へと

 

また〝専門機関″へとつなぎ、地域のみんなで支え合うしくみを築いて

 

いきます。

 

こうしたそれぞれの役割について知るとともに、伝えること、ネットワークが

 

大切であるということを再確認しました。

 

 

2017.02.14ふくしのまちづくり講座第三回目が開催されました。

 最終回となる今回は、2月6日(月)「人づきあい・笑って健康」~笑いで地域をつなげよう~と

 

題して、北九州生涯学習講師・メンタルケアアドバイザーの赤松文雄先生の講話で

 

始まりました。

 

赤松先生のお話は、まず、人と人とのいい関係をつくるには「1+5の鍵」があり、人は以心伝心で

 

その人のことを良く思えば良く見えてくるし、聴くという漢字は耳に十四の心と書き、言い方と聴

 

方に気をつけること。忌み言葉は使わない、笑顔とアイコンタクト、目線をそらすと心理的距離は

 

遠くなることや、ただ、挨拶言葉を交わすだけでなく、関心事メッセージを足して伝えるなどのコツ

 

があるということなどを教えていただきました。

            

 

続きを読む

2016.11.24ふくしのまちづくり講座第二回目が開催されました。

11月7日(月)八幡東区役所 保健福祉課保健師 花井 さくら氏より健康に関するお知らせの後、

「これからの介護保険について」と題して、八幡東区役所 保健福祉課介護保険 担当係長

阿部 彰治氏をお迎えし、お話を伺いました。

    

   その後、「地域づくりは健康から」

と題して、穴生ドームスポーツ指導員 深川 美和氏をお迎えし、ニュースポーツのペタンクを

実践を交えてご指導いただきました。和気あいあいと笑顔があふれる楽しい講座となり、「地域

でも、さっそくペタンクをしてみたい。」との声も聞かれました。スポーツを通して健康維持や、

体力づくりを心がけながら、ますます地域の皆さんとの関わり合いを深めていくことで、お互いの

見守り・支え合いにもつながっていくことと思いました。

 

2016.11.24ふくしのまちづくり講座第一回目が開催されました。

10月3(月)「認知症を理解し、予防しよう」と題し、たつのおとしごクリニック医院長

小野 隆生氏から、講話をして頂きました。

その後、~地域での支え合いを考えてみよう~と題して、ファシリテーターに認知症・

草の根ネットワーク キャラバンメイトの田代 久美枝氏をお迎えし、意見交換会を

行いました。

    

認知症については、皆さん知っておかなければならない大切なことだと捉える方も多く、

活発な質問が出ました。

一番大切なことは、地域に住んでいる住民を孤立させないことや、一人暮らしをしている方へは、

地域交流などのお誘いが大事であること、また、田代氏からは、自宅で開催しているサロン活動

の話など参考になるお話も聞くことが出来ました。

2016.05.06市社協だよりに掲載されました


※ 画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

2013.03.07ふれあいネットワーク研修会を開催しました


3月4日(月)19時より平野市民センターにおいて“介護予防について”の内容で30名の参加の下、開催されました。
講師はふれあいサロン「夢追いひろば」代表の、常光孝一様にお願いしました。
サロン運営の仕方に始まり「笑いヨガ」でリラックスと、勉強に続き愉快の内の70分間でした。
皆で笑って、免疫力アップが図れたと思います。

2013.01.24ふれあいネットワーク研修会を開催しました。

 
平成25年1月21日(月)19時より平野市民センターにおいて、本年最初のふれあいネットワーク研修会が開催されました。
 八幡東区保健福祉課の稲富保健師による健康講話“特定健診について”と、椅子を利用しての“ストレッチ健康体操”が実施されました。
 日頃使わない筋肉を動かして、和やかな時間の内に健康づくりの意識の高揚が図れました。


2012.12.17一人暮らし年長者交歓の集いを開催しました


12月2日(日)、平野市民センターにおいて開催されました。
式典および会食の後、済世第一幼稚園児による、お遊戯とは言えない程の素晴らしい体操演技で盛り上がり、
ピアノのクラシック演奏で感嘆しながら、カラオケで和やかに、
続いての、愉快な司会者付きのギター演奏とカラオケ。
最後にピアノ伴奏による炭坑節の踊りと全員参加で和やかな内に過ごしました。





 

2012.11.12ふれあいネットワーク研修会を開催しました


平成24年11月5日(月)19時より平野市民センターにおいて、37名の方の参加で開催されました。

九州国際大学の山本啓一法学部長による“地域コミュニティと安全~防犯とまちづくり~”という講演を頂きました。

ポイントを摑まえた具体的で解りやすい内容で、地域内で犯罪に遭わない為の防犯“入りにくく、見えやすい場所”を心掛ける意識が、徹底できる様になったと思います。

«前へ || 1 || 次へ»

八幡東区