12月13日に八幡東区いきいき21推進協議会主催のサロン活動に関する勉強会

 

が開催され、事例発表として前田北地区社協の取り組みを紹介しました。

 

 八幡東区内の他地区社協の役員や民生委員・児童委員、区内の介護事業所の

 

職員など総勢70名が参加していました。

 

 勉強会の前半は、「サロン活動の意義と効果」と題して福岡県立大学の

 

村山先生による講義。

       

 

後半は、前田北地区社協のサロン活動の取り組みを紹介。

 

 登壇者は、事務局長和才氏、事務局牟田氏、地域支援コーディネーターです。

       

前田北地区社協は、サロン活動を始めるにあたって

 

「サロン活動準備委員会」を立ち上げました。

 

この委員会ではサロンのあり方や意義などを学び考え、どんな

 

サロンがこの前田北地区に必要か話し合いを進めてきました。

 この準備委員会の経過などを勉強会参加者のみなさんにお伝えし、

 

また現在開催しているサロンの様子も紹介しました。

 

「開設当初は不安でいっぱいでしたが、回を重ねるごとに参加される

 

皆さんが、サロンを楽しみにしていると感じられるようになりました。

 

皆さんと一緒にこれまで以上にサロンを楽しみたいと思います。」

 

という言葉で最後を締めくくりました。

 

 

この発表が、八幡東区内のサロン活動が活発になるきっかけと

 

なったらうれしく思います。