ふれあいネットワーク研修会

 1回目平成28年8月6日(土)『地域でめざそう!支え合い、心のかよう、まちづくり』

      と題して、八幡東区社会福祉協議会より、地域支援コーディネーターの村上さんに、

          ふれあいネットワーク研修会をしていただきました。約40名が集まりました。

                                       

 2回目:平成28年11月29日(火)『今日からできる誰でもできる介護予防』~認知症やロコモを

          予防して、いつまでも 元気に長生き~と、題して八幡東区役所保健福祉課地域保健係

          花井保健師から研修をしていただきました。約20名が集まりました。

                                 

 

八幡東区は、75歳以上の高齢者の割合が市内で一番高く、支え合いの地域づくりは今後ますます

大切なものとなってきます。併せて認知症やロコモの予防を始めとする、元気で長生きをするための

健康づくり、より元気な地域社会づくりについて講演していただきました。

研修実施の効果として前田北地区社協のコンセンサスを進めることができました。

 

敬老祝賀会

1区会:平成28年9月25日(日)前田市民センターに約70名が集い、北橋市長も見えられお祝いの

          言葉を述べられました。梅木社中の日本舞踊、育成会ブラスバンドなどで長寿を祝いました。

2区会9月24日(土)前田市民センターに90名が集いました。メンバーにお孫さんがいる育成会

         ブラスバンド、それに合わせて歌ったり、日本舞踊、福引大会で長寿を祝いました。

5区会:9月22日(木・祝)今年から希望者はタクシーで送迎することで、会場を前田市民センターに変えました。

     94名が集い、座席は各町内毎に配置し、演芸を楽しみながらの会話も弾みました。

    

 

第9回一人ぐらしの集い

地域の皆んなが安全・安心に暮らすには一人暮らしを始め、高齢者やいろんな困った人たちとふれあい、

お互い顔を見せ情報交換することが大事です。

今年は、平成29年1月31日(火)11時から65歳以上の一人ぐらしの住民を対象にした「一人ぐらしの集い」

を前田市民センターをメイン会場として、97名の参加のもと行われました。

    

来賓の前田北社協藤田会長、八幡東区社協半田会長より挨拶があり、続いて記念講演として

八幡東警察署瓜生佳彦氏による「ニセ電話詐欺の被害にあわないために!」

と、同じく八幡東警察署戸田智宏氏による「高齢者の交通安全について」の講演がありました。

 昼食をはさんでアトラクションでは北田富美子氏による「筑前琵琶」の演奏でラバウル小唄、

黒田節など合唱し、終わりに「福引抽選会」を行い大いに盛り上がっていただきました。

 地区社協と民生委員、そして地域の方々による手作り感いっぱいの「お・も・て・な・し」の集いとなりました。

 

第17回ふれあいもちつき大会

今年は、12月10日(土)の早朝から祇園1丁目公園で「第17回ふれあいもちつき大会」を開催しました。

当日は冬晴れの絶好の天気に恵まれ、さくら保育所園児からお年寄りまで三世代約700人が参加されました。

                

 臼を4か所設置し150㎏を皆んなで昼過ぎまでにつき上げました。

会場では、つきたての餅が販売され、酢もちや黄粉もち、ぜんざい、豚汁などの振る舞いコーナーも好評でした。

会場では、歓談やペッタン、ペッタンの杵の音が響き渡り三世代交流、地域の交流が図れました。