私たちの主な活動内容の紹介

あいさつが飛び交うまち、熊西
(福祉活動が身近なものに実感できるまちづくり)

最も力を入れている活動の紹介

 
 

生活「困りごとお手伝い」事業

自治区会、民生委員・児童委員協議会と連携し、隣組からの「見守り」「助け合い」「話し合い」に必要な情報を活かしながら、支援が必要な世帯をフォローしています。また、高齢者世帯における日常生活面での些細な困りごとを「お手伝い事業」として取り上げ、ボランティア活動として推進しています。
 
詳細はこちら
 
 
 
 

広報紙「熊西社協だより」の発行

年一回新年号として「熊西社協だより」を発行。校区内全世帯配布を行い、熊西社協の「活動の考え方」及び校区を知ってもらう「校区内情報」を目玉にして、身近な広報紙になるよう努めています。
 
 
 
 

市民センター遊歩道の美化活動

市民センター内の「たらばる池」を囲む遊歩道は、利用者の心を癒すエリア。春先と秋口を花苗植え及び播種時期とし、花咲く遊歩道づくりを三世代交流事業として実施しています。
 遊歩道美化活動
 
 
 
 

三世代交流・ふれあい事業

5月に開催される「ふれあいコイまつり」では、催し物の他に年長者を接待し、記念品の贈呈を行ったり、子どもたちには綿菓子やポップコーンをプレゼントしています。秋口のグラウンドゴルフ大会は、校区内居住者の親睦を目的に、学校の校庭を借りて実施しています。高齢者・未経験者でも気軽に取り組めるスポーツとして、多くの参加者が楽しんでいます。
 三世代交流・ふれあい事業01三世代交流・ふれあい事業02三世代交流・ふれあい事業03三世代交流・ふれあい事業04
 
 
 
 

「年長者ふれあいサロン」

皇后崎公園内いこいの家で、毎月第3水曜日に「ふれあいサロン」を開催しています。みんなで楽しくおしゃべりしたり、お茶を飲んだり、参加者の持ち込んだ差し入れに舌鼓を打ったり…。
誰でも自由に参加できる「居場所づくり」に地域をあげて取り組んでいます。

サロン
 
 

ページの先頭へ

八幡西区