サロン「ひまわり会」で認知症について学びました

 

7月23日(月)大平台つどいの家でサロン「ひまわり会」が開催されました。

 

「ひまわり会」では地域の方々が集まり、健康講座や季節の催し、脳トレなどを行っています。

 

今回は認知症サポーター養成講座の講師、猪熊 和仁 先生(則松校区社会福祉協議会 会長)の講義で、認知症について正しく理解し、地域で認知症の方やその家族をどう支えていくかを学びました。

 

 受講した方は「認知症サポーター」となり、認知症を支援する「目印」としてオレンジリングをつけてもらいます。地域で認知症になった方やその家族を理解し、できる範囲で手助けするなど、明るい輪が広がっていくことを願います。