豪雨災害時の避難方法について学びました

 

八児地区社会福祉協議会の保健福祉部会では、毎年

地域の福祉力を高めるために福祉活動研修会を行っています。

 

今回は、近年の豪雨災害から地域の皆さんの命を守るため、

避難時の組織づくりをいかにしていくかを考える研修を行いました。

 

講師として八幡西区役所 総務企画課地域防災担当 石丸係長と、

いのちをつなぐネットワーク担当 笠係長に来ていただきました。

避難者の多くは身近な人の言葉で行動されており、

近所の方の声掛けや、早めの避難の大切さを学びました。