私たちの主な活動内容の紹介

みなさんの心で支える八児の福祉
地域で目配り、気配り、見守りを。

地区社協だより等

 
   
 

最も力を入れている活動の紹介

 
 

活用!お買いもの便利マップ ~生活支援のためのマップづくり~

3月15日、ウエルとばた多目的ホールで、福祉協力員等約80人が参加して、「活用!お買いもの便利マップ ~生活支援のためのマップづくり~」というテーマで研修を行ないました。外出の困難な見守り対象者に対する支援方法としての、社会資源マップづくりとその活用方法を学びました。
福岡県立大学の村山浩一郎准教授による講義で、マップづくりの意義は、「地域の課題や社会資源を地図上に落とすことで、特定の問題や社会資源を浮き上がらせ、地域の姿を目に見えるようにする」ことにあると確認した後、実際にマップ作りに取り組んでみました。
戸配対応してくれる商店の情報、トラック等でのあおぞら市などの開催情報、公共のサービス、地域の活動拠点、散歩コースなど、各ブロック内のお役立ち情報を持ち寄り、地域ごとのマップにしてみました。
その後ブロック毎に作成したマップを披露しながら、気づいた点や課題などを発表し合いました。

 
 

ページの先頭へ

八幡西区