2020年11月12日(木)19:00~ 

到津市民センター児童劇場にて

第2回ふくしのまちづくり講座が開催されました

今回のテーマは・・

防災はふだんのくらしから~いざという時のために今できること~

です

会場は市民センターで最も広い児童劇場

ソーシャルディスタンスを保ちながらの講座がスタートしました

熱心な地域活動者50名近くの参加者がありました

本日の司会も、第1回にひきつづき・・

小倉北区社会福祉協議会の古島さんが務めて下さいました

鷹取館長より

センターおはなしの庭プロジェクトの説明がありました

建設から41年経過した、おはなしの庭の活用方法を・・

みなさんで考えていきたいとのことでした

到津校区社会福祉協議会 村上 会長より挨拶

ふくしの観点から・・

地域の防災について考えていきたいと力強く発言がありました

講師は前回に引き続き

北九州市立大学の 村江 先生 です

到津をもっと知るための『作戦会議②』がスタートしました

まずは前回の振り返りをパワーポイントで説明

それからグループワーク、マップづくりの説明がありました

校区内で6グループに分かれて

75歳以上の高齢者・・黄色シール

     町内会長・・青色シール

     民生委員・・緑色シール

    福祉協力員・・赤色シール

を貼っていきます

フェイスシールドを装着してグループワークへ突入

マップに多くのシールが貼られていきます

「敬老祝品を配りに行ったら、入院していた」

「ここは空き家になっていた」

などなど

様々な地域情報が飛び交います

マンション等の集合住宅については・・

A3サイズの罫線つき模造紙に、実際の部屋番号や階数を記入

そこにシールを貼っていき、集合住宅独自のマップが完成

白熱するグループワークで・・

到津校区の「見える化」に成功しました

最後に村江先生による本日のまとめがありました

今後は、マップ上に避難所等の防災と結びつける予定です

第2回ふくしのまちづくり講座は大盛況のうちに終了

次回は来年

令和 3年 1月 21日(木)19:00~ 児童劇場にて

第3回ふくしのまちづくり講座が開催される予定です

内容は・・

到津をもっと良くするための『作戦会議③』

です

皆様の振っての参加をお待ちしています