私たちの主な活動内容の紹介

夢を語り合うまち寿山

最も力を入れている活動の紹介

 
 

ふれあい昼食会

毎月第3月曜日
食進の会のメンバーによる食事とボランティアによるアトラクションの時間を楽しみにしている方が多い。
 
 
 
 

福祉ボランティアの活動


高齢者世帯の生活支援他。
 
 
 
 

敬老行事

敬老行事校区全体の85歳以上の方への手作り花束の準備とお届け。
 
 
 
 

福祉救援体制作り

福祉救援体制作りの一環、消化訓練特に災害時の体制作りをDIGから始め、避難訓練も実施した。
 
 
 
 

ふれあいもちつき

ふれあいもちつき各町内でも実施しているところが多いが、毎年12月第3日曜日にはセンターで120kgの餅つきを行う。
 
 
 
 

児童の登下校時の交通指導

主要交差点での見守りと指導で、児童たちからの挨拶も出来るようになった。
 
 
 
 

夜間パトロール

毎月1回、校区内を2手に分かれてパトロール。
 
 
 
 

ふれあい体育祭

地域の人々の交流の場、特に3世代間の交流の場として定着してきた。
ふれあい体育祭1ふれあい体育祭2
 
 
 
 

寿山の祭り

平成11年に始めた行事で、今ではすっかり定着した。
寿山まつり1寿山まつり2寿山まつり3
 
 
 
 

アンビシャス広場活動

 
 
 
 

健康づくり活動

健康づくりウォーキングセンター拠点の健康づくり活動。健康づくり推進員が主体となり、スポーツ推進員は過渡の連携を取りながら活動している。
 
 
 
 

広報紙「寿山校区だより」、「ふれあいだより」の発行。夫々、年1回。

 
 
 
 

寿山校区生活体験通学合宿

未来を担う子供たちの教育には、学校、家庭、地域が一体となって取り組む必要から、家庭における教育力をたかめ、地域の教育力も向上させることが生涯学の基点ととらえ、現在の各家庭事情を互いに理解し合うことを目的に実践している。
 
 
 
 

高齢者ふれあいサロン

交流まつり高齢化率の高い寿山校区では、独居や高齢者夫婦の方を対象にセンターや公民館などで、気軽に集え何でも語り合えるサロンを開催しています。現在では参加者から「人生に生きがいを見出し、みんなに会える喜びが増えた」との声も多くいただくようになった。
 
 

ページの先頭へ

小倉北区