私たちの主な活動内容の紹介

安全・安心なまちづくり

最も力を入れている活動の紹介

 
 

ふれあいネットワーク活動~見守り・助け合い・話し合いのしくみづくり~

堺町は、住民主体による見守り、助け合い活動等を中心に福祉活動を積極的に実施しています。福祉協力員が中心となり、民生委員・児童委員や町内会長さんと連携・協力し、支援を必要とする世帯への生活課題の解決に対応できるよう日々活動を続けています。また、対象世帯には、連携を図るなどして関係団体と綿密なサポートを提供しています。

 
 
 
 

三世代ふれあいオリンピック事業(米町・天神島と合同実施)

 毎年10月に小倉中央小学校で3地区(米町・堺町・天神島)合同で親・子・孫の三世代が集まり、体育祭を実施します。この行事は、隣接する校区のお互いの家族や地域住民が交流を深めることを目的に実施してきました。孤立化する現代社会の中、事業の必要性を感じます。

 
 
 
 

「堺町・生きがいふれあいサロン」で居場所づくり、健康づくり

 毎週2回、火・土曜日の9時00分~15時00分まで、憩いの家で「お茶の間サロン」を開設いています。各自の都合の良い時間に集まって、お話しに華を咲かせています。また、お弁当が話の潤滑油のように皆さんの元気の素となっています。参加者は常に募集していますのでお気軽にご連絡を。

 
 
 
 

小学生安全・安心ふれあいパトロール(暴力追放及び下校時パトロール)

 毎月第1、3水曜日を基本に、15時に校区安全パトロール隊15人が小倉中央市民センターに集合し、児童の下校時の安全パトロールを永年続けています。子どもたちの見守りを進めていく中で、校区の重大犯罪の抑止力として堺町地区の子どもたち「地域の宝」を大人たちが真剣に支援・見守りしていることで、保護者達が社協活動に理解を示してくれています。また、安全パトロール隊は、夜間にも定期的に地域パトロールを行っています。

 
 
 
 

どんど焼き・餅つき大会および防災訓練(ともに米町・天神島と合同実施)

 毎年1月の第2月曜日(成人の日)に小倉中央小学校の運動場にて実施します。
小倉中央校区内の3地区合意で開催するこの事業は、校区の交流を深める人気の恒例行事として定着しています。厳粛な神事を行った後、年男・年女が「どんどん焼き」に点火します。その後、小倉北消防署浅野分署、第二消防団の皆さんに指導して頂き、防災訓練も行います。また、餅つき大会を行い、ぜんざい、豚汁、おにぎり等も振舞われます。

 
 
 
 

堺町公園の花植え・清掃活動、まち美化活動

 月2回、堺町地区及び近隣の公園などの植え込みに、清掃を兼ねて季節の花を植える活動を実施しています。また、まち美化活動は、休日後の繁華街のゴミを一斉清掃することで、街も市民の心も清々しくなります。自治会の皆さんや子ども達も参加してくれています。

 
 

ページの先頭へ

小倉北区