ウェルクラブで校外研修に行ってきました。

2019.01.31

8月17日(金)ウェルクラブ郊外研修でいとうづの森公園に見学に行きました。
ウェルクラブ児童、合馬校区社協中村会長、福祉協力員の方々、
合馬小学校谷口校長、先生方総勢31名で行きました。



到津の森到着

岩野園長から、自然を再現した到津の森の魅力についてお話を聞きました。
岩野園長のお話で、到津の森が新鮮に感じられ、わくわくしてきました。
合馬校区で地域の方がレッサーパンダの餌となる笹を寄付していることも教えてくれました。                
レッサーパンダに会うのが楽しみです。




岩野園長が象の前で、動物を見る楽しさを教えてくださいました。

さあ、班に分かれて到津の森を散策です。



園内はいろんな工夫が施されていて、とても楽しめました。


レッサーパンダに出会えました。
合馬が笹を寄付していることはどこに書いてあるのかな?                                みんなで探します。

見つけました見つけたのは 谷口校長先生でした。
合馬校区社協中村会長も福祉協力員の方達も、笹を寄付しているそうです。


到津の森で活躍する高齢者ボランティアさん
「到津の森の活動はやりがいがあってとても楽しいです。」
といっていました。

寄付をしている合馬校区の方達やボランティア活動をしている高齢者の方達も
関わり方がいろいろですが、みんな優しい気持ちで活動していることがわかりました。

 

小倉南区