私たちの主な活動内容の紹介

思いやりの町、横代

最も力を入れている活動の紹介

 
 

地域交流活動(さつま芋植え体験)

福祉協力員と老人クラブの指導のもとで、横代小学校の低学年と高齢者を対象にサツマイモ植えから収穫までの一連の農作業を学びながら世代間を超えた交流ををはかり、地域の活性化を図っています。

地域交流活動(さつま芋植え体験)写真1地域交流活動(さつま芋植え体験)写真2地域交流活動(さつま芋植え体験)写真3

 
 
 
 

研修・学習活動(バリアフリー体験・講座)

横代小学校4年生を対象に車いす体験・高齢者疑似体験学習を福祉協力員とともに指導します。次世代を担う子どもたちに福祉への理解と福祉のこころを育むことを目的としています。
福祉協力員は事前に車いす操作の研修をし、本番を迎えます。
また、福祉協力員研修を年に数回おこないます。

バリアフリー体験講座写真1バリアフリー体験講座写真2バリアフリー体験講座写真3
バリアフリー体験講座写真4バリアフリー体験講座写真5バリアフリー体験講座写真6

 
 
 
 

広報誌の発行

地域住民への活動報告及び活動予定の認知広報のために、広報誌を年2回発行しています。

 
 
 
 

ふれあい昼食会

年に一度、市民センターで福祉協力員と見守り対象者と一緒に昼食会を行います。お弁当を食べながら、ゲームや歌を歌い交流します。

ふれあい昼食会写真1ふれあい昼食会写真2

 
 
 
 

年末年始ふれあい活動

ふれあいネットワークの対象者に福祉協力員がクリスマスプレゼントを配布します。見守りの中での状況把握や対象者とのつながりを深めるための活動となっています。

 
 

ページの先頭へ

小倉南区