2017年08月の記事一覧

平成29年度 若松区 新任福祉協力員等研修

2017.08.03

事業報告

  今年度も7月14日(金)に若松区役所3階の特別会議室にて

新任の福祉協力員の研修が行われました。

 

 福祉協力員とは、地域の中で(概ね50~100世帯に1人

を置き)民生委員・児童委員と協力して、一人暮らし高齢者

高齢者夫婦世帯、障害のある人のいる世帯、父親や母親が

子どもを育てている世帯などで援助が必要と思われる世帯に

訪問して、生活上で困った問題などをいち早く見つけ、問題解決

のため、ニーズ対応チーム(地域の助け合い班)民生委員・児

委員、区社会福 祉協議会、区役所などの関係機関に連絡した

り、役立つ情報の提供等を行う人のことです。

 

若松区社会福祉協議会の添田会長より、開会のご挨拶

 

続いて、木下事務局長より地域福祉活動の要「社会福祉協議会活動」のお話し

 

  その後、健康マイレージのPRと脳梗塞予防体操脳トレ(難

読漢字・魚編)、高齢者地域交流支援通所事の説明をさせて頂き

ました。

 お暑い中、説明や体操、脳トレにお付き合い頂きどうもありが

とうございました

脳トレの難読漢字・魚編は、少し簡単過ぎたかな

という印象を受けましたが、次回はパワーアップしていきたいと

思います!お疲れ様でした。

 

 新任福祉協力員の皆様の地域での益々のご活躍をお祈り申し上

ます

 

変更点があります。ご注意ください!!!

・対象事業登録手続きに代表者の方の氏名、生年月日、性別の記入が必要となりました。

・応募受付け開始は、10月1日からです。 ・応募をする際は、健診日と健診機関名が必須

   です。

・ポストに投函する際は、62円切手が必要です。

(各区社会福祉協議会、市民センターに設置している応募箱に投函する場合は切手が不要

  です。)

・抽選景品は、応募者全員の中より抽選後、景品を発送します。

 景品は選べませんので、予めご了承ください。

ページトップへ