私たちの主な活動内容の紹介

みんなが安心して暮らせる支え合いのまちづくり

最も力を入れている活動の紹介

 
 

連絡調整会議

ふれあいネットワークの基盤となる会議。毎月第3金曜日藤松公民館にて開催。
民生委員をリーダーとして、各町内会から選ばれた福祉協力員が全員集合。8グループに分かれての意見交換。見守り・助け合い・話し合いの大切な場です。

 
 
 
 

福祉バザー

校区の皆さんからご提供いただいた商品を、格安にて販売。
収益はすべて福祉事業に使われます。
毎年8月最終日曜日 藤松公民館にて開催予定。詳しい日時はご確認ください。


 
 
 
 

ウェルクラブ次世代地域福祉活動者育成事業

藤松小学校児童に呼びかけて募集。夏休み期間に校区の年長者宅を福祉協力員さんと一緒にまわり、ボランティア体験をします。活動報告はみんなの前での発表会となり、楽しい思い出にもなります。


 
 
 
 

校区敬老会

9月中旬、校区にお住まいの75歳以上の年長者、約700名を招待し、藤松小学校体育館にて開催。演芸などを楽しんでいただくとともに、親しい方々とお会いできる楽しい1日です。

 
 
 
 

ふれあい餅つき交流会

12月、昔ながらのうすと杵を使い、餅つきをします。
校区の一人暮らしの年長者の方々とともにつきたてのお餅をいただきます。


 
 
 
 

ふれあいひなまつり

3月、7段飾りのお雛様を飾り、麹からつくった甘酒をいただきながら、年長者の方々が福祉協力員はじめ校区のボランティアの方々と楽しいひな祭りを過ごします。健康体操などもあり多くの年長者が楽しみにしています。
ひなまつりはいくつになっても嬉しいものです。


 
 
 
 

ふれあい昼食交流会

毎月第2火曜日、市民センターにて開催。美味しい料理をいただきながら会話もはずみます。参加費400円。事前申込みが必要です。

 
 
 
 

広報発行

『藤松校区だより』
毎月全世帯に向け、地域の情報や、福祉のお知らせをお届けしています。
発行部数1500部。

 
 

ページの先頭へ

門司区