$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2019.09.10\ウェルクラブ活動で、高齢者施設でのお仕事体験をしました/

令和元年8月8日(木)

 特別養護老人ホーム「豊寿園」で、開催された「夏休みお仕事体験『しあわせつくる介護の仕事』」に、当校区ウェルクラブの児童6名、松ヶ江南校区ウェルクラブの児童9名、柄杓田小学校の児童9名が参加しました。

 

 はじめに、北九州市社会福祉協議会ボランティア・市民活動センター運営委員の八坂様、豊寿園の荒巻園長のご挨拶がありました。

    

 

 次に、「高齢者介護について」の講話を職員の方におこなっていただいた後、グループにわかれて、介護福祉士や看護師、歯科衛生士や理学療法士等、それぞれの仕事についてお話しを聞きました。

    

          

    

    口腔ケア用の歯ブラシの硬さは…          血圧計を手首につけて…

 

 今年、初めて参加した児童は、施設内の見学もさせていただきました。車椅子に乗ったままで、入浴できる機械に、驚いた様子でした。

 

 昼休憩がすむと、午後は、いよいよ利用者の方々との交流の時間です。

 交流をする前に、職員の方々から「認知症高齢者とのコミュニケーションについて」の講話が行われ、それぞれにグループで、利用者の方々とふれあいました。

    

     まずは、笑顔で、ご挨拶。            上手にできるかな?

   

      自然な笑顔って難しい。           タオルを使って簡単な体操。

 職員の皆さんに手伝ってもらって、利用者さんと一緒に楽しい時間を過ごしました。

 

 体験後、一日の振り返りをしました。

    

 「入居者の方の笑顔がいきいきとしていて、来てよかったと思いました。」

 「大人になったときに勉強したことを活かしていきたいです。」

 

 最後に松ヶ江北校区社会福祉協議会の橋﨑会長から、まとめのお言葉をいただき、門司区社会福祉協議会ボランティア・市民活動センターの杉本所長より、修了証が授与されました。

    

 皆さん、お疲れ様でした。ウェルクラブ活動を通して育まれた『ふくしの心』を大切にし、今後に活かして下さい !(^^)!

2019.08.19\年長者いこいの家でサロンがはじまっています/

令和元年8月5日(月)

 今年度、松ヶ江北校区の年長者いこいの家で、サロン活動がはじまり、今回で3回目となりました。

 

 10時になり、まず、はじめに、校区社協 木邊事務長より、「防災について」お話しがありました。平常時にどこに避難をすれば安全であるか、確認をしておくことが大切だということでした。

             

 

 そして、輪投げゲームのはじまりです。右手で5回、左手で5回の合計10回、得点が書かれた的に、輪をひっかけるように投げます。簡単そうですが、なかなか上手にできません。合計点で争い、1~3位まで、賞品がある、ということで、皆さん張り切っています。

     

 

 休憩をはさんで、カラオケがはじまりました。一人ずつ順番に、マイクをもって歌うというのではなく、皆が知っている歌を選び、全員で一緒に歌います。

     

 全員で一緒というのも、なかなか難しい…(*_*) 一人のテンポがずれると、皆がつられ、なかなか、カラオケの伴奏と合いません。

 「おかしいねぇ。先月は、この曲、全員で揃ったのにねぇ???」

     

 「炭鉱節」に「会津磐梯山」、「瀬戸の花嫁」に「せんせい」、「青い目の人形」と「七つの子」、民謡から歌謡曲、童謡まで幅広く歌いました。

 

 最後は、ビンゴゲームです。これにも1~3位まで、賞品があります。

     

 なかなか当たらない様子です。「ビンゴ!」どころか「リーチ!」の声も聞かれません。ルーレットの調子が悪いのかな?

 しびれをきらして、「45番」と言われたのに「44番にしよ。よし、ビンゴ!」…「いやいや、ダメダメ」部屋中に笑い声が響きます。

 やっと「ビンゴ!」の声が (^^)/

     

                さて、賞品は何にしましょう?

 

 時計はすでに11時40分。楽しい時間は、あっという間に過ぎます。

 

 次回は、9月9日(月) 10時~ です。

 また、笑顔があふれる楽しい時間を、皆さんで過ごしましょう (^○^)

2019.08.01\高齢者交流事業(ふれあい昼食会)が開催されました/

令和元年6月20日(木)

 高齢者交流事業のふれあい昼食会があり、「アルパカ」さんによる演奏が行われました。

 

  お世話係A) 「こちらの席へどうぞ。」と案内。

  参加者B)  「いつもありがとう。」と笑顔で着席。

 このやりとりに「良いんよ。今日はこの人、お世話係だから。」とお世話係Cさんの言葉に、お世話係Aさんが「はい、なんなりとお申し付け下さい。」とおどけた様子で返し、言葉の掛け合い、笑いが起きます。

           

 

 皆さんで、たのしく、美味しく、お食事をいただきました。

 

 さて、お食事のあとは、お楽しみのコンサートです。「アルパカ」さんは、ご夫婦。お二人は、松ヶ江北校区内にお住まいとのことで、親近感がましました。

     

 ご主人のギター伴奏に、奥様のきれいな歌声。「憧れのハワイ航路」や「青い山脈」、「涙そうそう」など、知っている曲の時には、参加者も一緒に口ずさみ、オリジナル曲の時には、静かに耳を傾けています。

    

 

 アイルランドの笛の紹介があり、アイリッシュホルンやアイリッシュフルートなどで演奏もして下さいました。

 初めてみる楽器でしたが、どこかで聞いたなつかしい音色の響でした。

     

 曲の間の奥様のMCや、ご主人との掛け合いも楽しく、たくさんの笑顔の中で、あっという間に、終了の時間となりました。

 

 高齢者交流事業のふれあい昼食会は、年4回を予定しております。

 次回たくさんの笑顔がみられることを、楽しみにしております (^o^)

2019.03.01\若松区の買い物支援の様子を視察に行きました/

平成31年2月15日(金)

 若松区の藤ノ木校区・浜町地区両社協の協力に行われている「買い物支援」(毎月第3金曜日 13:00~14:00)の様子を視察に行きました。

 

 当日は、早めに昼食を済ませ、松ヶ江北市民センターに12時に集合した福祉協力員、民生委員・児童委員の計9名が、ジャンボタクシーに乗って出発。

   

 

 若松区の浜市場へ、藤ノ木校区の買い物希望者が集まります。

 区内の4つの社会福祉施設が、バスと運転手の支援をして下さいます。

 藤ノ木校区で買い物支援の参加希望者を募り、校区内の集合場所に施設のマイクロバスでお迎え。

 福祉協力員や民生委員・児童委員などと一緒にバスにのって、浜市場へ向かいます。

   

 

 

 浜市場では、近くの公民館より長机・椅子、手作りのお菓子やお茶が用意され、おもてなしの準備です。この日は、ぜんざいが用意されていました。

   

 

 バスが到着して、それぞれが買い物をされます。

 買い物利用者や支援者、浜市場の方々にも、色々、お話しをうかがいました。

   

 

 買い物が終わった後は、椅子に座って休憩。

   

 

 長机にはお花や福祉協力員の方々の手作りの折り紙等の小物が置かれ、テーブルを華やかに彩っています。

 そして、お楽しみのガラガラの福引きです。

   

 

 福引きの商品も、実用的です。お米、トイレットペーパーにティッシュペーパー。

 

 浜町地区の皆さんの温かいおもてなしで、藤ノ木校区の皆さんの心もホンワカ。

 視察で参加した松ヶ江北校区の皆さんも、笑顔に包まれ、ホンワカ。

 

 松ヶ江北校区では、買い物支援について協議をしています。

 松ヶ江北校区に合った買い物支援とは?

 心温まる地域活動につながるように、皆さんで協力をしていきましょう(^○^)

 

2019.01.29\うたごえ広場(松北ふれあいサロン)をのぞいてみました/

平成31年1月28日(月)

 ボイストレーナーの 加嶋 明洋 様をお呼びして、今年度最後の「うたごえ広場(松北ふれあいサロン)が、開催されました。

   

 

 まず、準備運動。背伸びなど体をほぐし、大きく深呼吸をすることで、声が出やすくなるそうです。

  そろそろ準備OK? さあ、歌いましょう!

 

   

 スライドに映し出された歌詞・歌詞カードを見ながら、参加者全員で大合唱 ♪

 「美空ひばり」に「ダークダックス」「ザ・ピーナッツ」等々の懐かしのメロディーを歌ったり、童謡クイズで曲当てをしたり…

 

 1時間ほど歌ったあとは、小休憩。市民センターの鏡開きのお餅が入ったぜんざいと市民センターの菜園でとれた大根の酢の物を、皆さんとおいしくいただきました。

   

 

 後半は、民謡です。ポリバケツでつくった太鼓に、カネ、しゃもじで盛り上げます。

   

 

 盛り上がったところで、「炭鉱節」。これは、踊らねば!!

   

 「月が~、出たでったぁ、月が~出たぁ~~ ♪♪」

 「どんな感じやったかねぇ」

 『掘ってぇ掘ってぇ、また掘ってぇ。担いで担いで………ちょちょいのちょい!』

 さすが九州人。体が覚えています !(^^)!

 

 加嶋 明洋 様にも、歌っていただきました。

 「無縁坂」に「神田川」青春を思い出しました?

 

 最後は、全員で、「真赤な太陽」を合唱。大きな声を出して、気分も爽快 (^○^)

 

           

             皆さん、お疲れ様でした (^^♪

2018.12.26\今年度ウェルクラブ活動の活動発表会を行いました/

平成30年12月21日

 7/20 の発会式から、約5か月。色々なところで、様々な活動をしてきたウェルクラブの子ども達。今日は、活動発表会です。

   

  松ヶ江北校区社会福祉協議会        門司区社会福祉協議会

    橋﨑会長の挨拶に始まり         小田事務局長の挨拶の後に

 

 まず、今年の活動を、スライドで振り返りました。

   

 海の玄関口クリーンアップでのゴミ拾い、校区健寿会や地域の祭り等で、踊りや演奏

 

   

 地域の高齢者との交流会の他、特別養護老人ホーム「豊寿園」での福祉体験(8/2 実施・HP掲載済)も行いました。

 

 スライドで振り返った後は、代表者が活動発表・感想を述べました。

   

 海の玄関口クリーンアップでは、「暑かったけど、きれいになって嬉しかった。」「高齢者と触れ合ったとき、笑顔がみれてよかった。」など、それぞれの思いを、子ども達のことばで報告してくれました。

 

 子ども達の発表を聞いて、町内会長や市民センター館長など来賓の皆様方や、一緒に活動をした福祉協力員の方々も、とても感心されていました。

   

 

 ウェルクラブ活動で、感じたこと・考えたことが、たくさんあったことと思います。活動を通して芽生えた福祉の心を大切にし、育てていってもらいたいと思います。

 

 ウェルクラブの子ども達と一緒に活動をし、お世話をして下さった福祉協力員をはじめ、地域の皆さん、ご協力ありがとうございました。

 今後も、ふれあいネットワーク活動を一緒に広げていきましょう !(^^)!

2018.08.02\「松北ウェルクラブ」活動 福祉体験講座への参加/

8月2日(木) 特別養護老人ホーム「豊寿園」で、夏休み福祉体験講座へ参加しました

 

       

 まず、開講式で「豊寿園」の施設長の挨拶があり、その後オリエンテーション

「高齢者介護について」の講話があり、3~5人のグル―プに分かれ、お仕事の体験開始

 

       

     シーツ交換に挑戦           気管に入らないようにとろみをつけた

    『説明は受けたけど…?』         飲み物を実際に飲んでみた(*_*)

                          『ん?味は…変わらない?』

 

 施設見学で、高齢者の方々の作品をみたり、車いすのまま入浴できる浴槽に驚いたり、床はすべりにくく転倒時痛くないように少し柔らかくなっており冬は床暖房となることなどの工夫がされていることなどをきき、午前の部は終了

       

          

☆午前中の様子は、Jcomから取材に来られ、8/8(水)17時からの「デイリーニュース」で放映されました

 

 午後は「認知症高齢者とのコミュニケーションについて」の講話があり、その後、実際に高齢者とふれあい、一緒にレクリェーションをしました

 

       

   『セラピューティック』…「やさしくマッサージをするように」って? 難しい(+o+)

 

       

    簡単そうに見えるけど、右と左・手と足を別々に動かすって結構頭を使う体操だ\(◎o◎)/

 

       

       握手と笑顔で挨拶!                いつまでもお元気で!

 

 研修室に戻って一日の振り返り後、閉講式がおこなわれました

       

   「感想を文章にするのは難しいナ」              『修了証』授与(^^)

          高齢者との貴重な体験 ありがとうございました

2018.07.25\今年度も「松北ウェルクラブ」が始まりました/

7月20日(金)の15時より、今年度の「松北ウェルクラブ」の発会式が開催されました

       

 小学校3~6年生の21名の子ども達と、小学校の校長先生、地域の町内会長や福祉協力員に

民生委員・児童委員の方々が集合 (^_^)/

 

       

 橋崎会長からの挨拶、社規福祉協議会の小田事務局長より「ウェルクラブ」について話があり、

その後、昨年の活動の様子についてスライド鑑賞 … これからの活動がイメージできたかな?

 

       

                                      [発会式終了後は全員で会場の片づけ]

 

今年は酷暑、水分補給をはじめ体調管理をしっかり行いながら、活動をしましょう!!

2018.05.25\平成30年5月23日(水)サロン「松北いきいき塾」が開塾されました/

まず、橋崎会長より

「高齢化が進み、一人暮らしの方も増えてきました。地域の方々との交流が希薄になりがちな現在、孤立化を防ぐためにも『気軽に行き来ができる場所』づくり、サロン活動を当地区でも行います。

初年度は、地域の介護施設の方々へも参加を呼びかけ、当市民センターで年8回開催の予定です。

今後は、地域にある集会所等施設を活用し、サロン活動を広げていきましょう。」と、挨拶があり、開塾。

                                                    

第1回は、竹凛共振竹楽団:ガチャティーナの皆様をお招きしました。

竹から生まれたヴァイオリン>とは?

『手入れができずに放置された竹林の竹は、邪魔者扱い。この竹を使って楽器をつくったら?』と、

建築デザイナーで、現在は竹凛共振竹楽団代表「田中 昇三」氏が、竹で弦楽器(チェロ)をつくったのが始まりです。

竹で打楽器ではなく弦楽器をつくるという今までにない発想で、竹害解消・竹林資源とデザイン活用に

よる地域活性化プロジェクト、啓発活動(竹凛共振プロジェクト)を行っています。

 

<竹凛共振プロジェクト>では?

 竹チェロ製作ワークショップを開催

  誰もが簡単に、気軽にチェロ竹で製作し、簡単なレッスンで曲が弾ける

 大学との連携や地域のアーティスト・クリエーターが集結・協力

  元北九州出身のバンド「175R」(イナゴライダー)の「KAZYA」氏や、地域で子ども食堂などの地域活動をしている団体の「佐藤」氏も賛同し、共に活動

  ⇒ 市民センターなどで、少人数(5~6人)のサークル活動にも繋げたい。

〇竹チェロ、竹ヴァイオリン(2)、ピアノによる演奏

「夜明けのスキャット」や「おぼろ月夜」など6曲の演奏が終わり“アンコール”でさらに1曲「花」

聞いたことのある曲も、竹でできた楽器の演奏では、また、ちょっと雰囲気が違うような・・・。

 

〇演奏が終わり、それぞれの楽器に直接、触らせていただきました。

              

「自分達が実際に竹で楽器をつくれる?」 「つくった楽器を簡単に弾ける?」\(◎o◎)/

 

 今回は、初回ということもあり多数の参加者がありました。

 サロンは『気軽に行き来ができる場所』です。地域の方々の顔が見える環境づくりをしましょう。

 

 松ヶ江北校区に芽を出したサロン「松北いきいき塾」地域のみんなで育てていきましょう!

2018.03.28\「行方不明者捜索模擬訓練」を実施しました/

 

平成30年3月17日(土)

松ヶ江北校区社協では、行方不明者が出たときの素早い体制づくりを目的として、

年に1度「行方不明者捜索模擬訓練」を行っています。

 

地域の福祉施設の方々、民生委員・児童委員、福祉協力員、婦人会の方々、各町内会長および校区役員、

および校区内の児童クラブ、中学生、高校生が参加して取り組むものです。

3回目の開催となる今回は、警察、行政などの関係者を含め、過去最多の129名が参加しました。

  

    

 

今年の特徴は、行方不明者を昨年の4名から8名に増やし、

捜索対象者の中に障害者2名の参加協力を依頼して、

予想される行方不明者の人数および状態の想定幅を拡大したことです。

昨年の4エリアをさらに2つのグループに分け、広範囲で捜索訓練を実施しました。

 

発見したときにやさしく話しかけたり、相手の気持ちに寄り添った対応ができれば、

「ありがとうカード」が手渡されます。

 

地域全体で取り組む行方不明者捜索模擬訓練となりました。

最後に校区の皆さんが準備した「かしわめし」と、日赤豊寿園から提供のあった温かい「豚汁」を

みんなで楽しくいただきました。

日赤豊寿園の方々、会場となった市民センターの方々や校区役員のみなさん、ありがとうございました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。

«前へ1 2 3次へ»

門司区