令和元年12月23日(月)

 今年度のウェルクラブ活動の発表会が、松ヶ江北市民センターで開催されました。

 

松ヶ江北小学校の新森校長をはじめ、福祉協力員、民生委員・児童委員、町内会長など地域の皆様が見守る中、7/19の発会式からの活動の報告が行われました。

 

    

     発表会を見守る地域の方々      来賓代表 北九州市社会福祉協議会

                        門司区事務所  杉本所長

 

     活動記録のスライド見た後は、代表して5~6年生が、感想を発表

          

 「福祉施設で職員の方から教えてもらった、高齢者への接し方などが、とても勉強になった。」

 「健寿会で、みんなと一緒に歌ったのがとても楽しかったので、また一緒に歌いたいと思います。」

 「障害者施設訪問で、みんなの笑顔がうれしかった。」

 「中学校に行っても、この経験を活かしていきたいと思います。」

 

     今回、参加した保護者の方からも、ご意見や感想をいただきました。

          

 「日頃では経験できないことを体験したということを、これから先に役にたててほしいと思います。」

 「地域の方々と一緒に活動できて、良かったと思います。」

 「自分が笑顔になることで、みんなも笑顔になったと喜んでいました。」

 

 当校区のウェルクラブ活動は、平成23年から行われ、皆様にご協力いただき、今年で9年目を迎えることができました。

 

 これからも、『「ふ」だんの「く」らしを「し」あわせに』の気持ちを、みんなで育み、そして、誰もが、安心して暮らしていける地域づくりを、一緒に目指していきましょう !(^^)!