\年長者いこいの家でサロンがはじまっています/

2019.08.19

令和元年8月5日(月)

 今年度、松ヶ江北校区の年長者いこいの家で、サロン活動がはじまり、今回で3回目となりました。

 

 10時になり、まず、はじめに、校区社協 木邊事務長より、「防災について」お話しがありました。平常時にどこに避難をすれば安全であるか、確認をしておくことが大切だということでした。

             

 

 そして、輪投げゲームのはじまりです。右手で5回、左手で5回の合計10回、得点が書かれた的に、輪をひっかけるように投げます。簡単そうですが、なかなか上手にできません。合計点で争い、1~3位まで、賞品がある、ということで、皆さん張り切っています。

     

 

 休憩をはさんで、カラオケがはじまりました。一人ずつ順番に、マイクをもって歌うというのではなく、皆が知っている歌を選び、全員で一緒に歌います。

     

 全員で一緒というのも、なかなか難しい…(*_*) 一人のテンポがずれると、皆がつられ、なかなか、カラオケの伴奏と合いません。

 「おかしいねぇ。先月は、この曲、全員で揃ったのにねぇ???」

     

 「炭鉱節」に「会津磐梯山」、「瀬戸の花嫁」に「せんせい」、「青い目の人形」と「七つの子」、民謡から歌謡曲、童謡まで幅広く歌いました。

 

 最後は、ビンゴゲームです。これにも1~3位まで、賞品があります。

     

 なかなか当たらない様子です。「ビンゴ!」どころか「リーチ!」の声も聞かれません。ルーレットの調子が悪いのかな?

 しびれをきらして、「45番」と言われたのに「44番にしよ。よし、ビンゴ!」…「いやいや、ダメダメ」部屋中に笑い声が響きます。

 やっと「ビンゴ!」の声が (^^)/

     

                さて、賞品は何にしましょう?

 

 時計はすでに11時40分。楽しい時間は、あっという間に過ぎます。

 

 次回は、9月9日(月) 10時~ です。

 また、笑顔があふれる楽しい時間を、皆さんで過ごしましょう (^○^)

門司区