$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2020.12.15恒例のふれあい歳末事業が行われました 

 

 今年度も、日頃から見守りをしている高齢者のお宅へ、お餅を配付する

「ふれあい歳末事業」の時季がやってきました。新型コロナウイルス感染症

の拡大で、開催を見送ろうかとの意見もあったようですが、「楽しみにされて

いる方々にお届けしたい」という熱い思いから、万全の対策をとり開催されました。

    

続きを読む

2020.11.20つきいちサロンが始まりました!

 

令和2年9月18日(金)

 コロナ禍で、自粛していましたが、9月より開催。

前年度会員さんは、もちろんのこと、新会員さんも申込みがあると知るとすぐに応募!

瞬く間に定員数になりました。

  

  来られたら、まず検温!

 

 

令和2年11月20日(金)

 

 今回は、講師 前北九州市長 末吉 興一氏をお迎えし、「門司港レトロ今昔 過去から学ぶ

北九州の遺産」をテーマに、話されました。

「関門というと下関と門司となっているが、現在は第2関門橋ルート構想が言われている、

 今後は下関だけでなく山陰地方を含め、地域性を大切に発展させていかなければならない」

など、北九州市はもとより広域の未来を考えている話に、85歳の年齢を感じさせない歯切れの

良さに感動しました。

    

   85歳の歯切れの良さ!         皆さん、聞き入っていました。

 

2020.10.26ふれあい協力員さんとエコツアーバス研修へ出かけました

2020.09.10ふれあいランチ会、始まりました!

  

  コロナ禍で、自粛していましたが、9月より開催。

 密を避けるために、座席を交互に、重ならないよう配慮するなど、新しい

 ふれあいランチ会が始まりました。

 皆さん、待っていた様子で、「長かった~」「みんなと、会いたかった~」と、

 マスク越しに楽しく会話が弾んでいました。

   

                                   ≪講師≫

                        山内洋子氏を迎え、クイズ形式で

                        絵本を紹介されました

2019.12.25\恒例のふれあい歳末事業が行われました/

令和元年12月17日(火)

 今年度も、日頃から見守りをしている高齢者のお宅へ、お餅の配付と、年賀状を送付する「ふれあい歳末事業」の時期がやってきました。

 今年は、130㎏のもち米を用意。前日に下準備を終え、朝早くからお餅つき開始。

 

   

    やっぱり。マキの方が、早く蒸しあがります。 必要なマキは。1年かけて集めました。

 

   

   つきあがったお餅を、熱いうちに小餅に丸めます。  とにかくあつい熱い!! ヤケドしそうです。

 

   

 合間をみて、食進(食生活改善推進委員)さんが用意をして下さったおにぎりと具がたくさん入った豚汁で、昼食をとります。 心も身体も温まりました。

 さあ、もうひと頑張り !(^^)!

 

   

   紅白のお餅をあわせて5つずつ小袋に入れ、町内(班)毎に、配付世帯の数を用意。

   福祉協力員が受け取り、ご自宅まで、お届けします。

 

   

   そして、年賀はがき。宛名書きをして発送します。ご苦労様です m(__)m

 

 天気が心配されましたが、雨もほとんど降らず、今年最後の大きな行事を、皆様のご協力で、無事に行うことができました。

 お餅が配られるのを楽しみにしている方も多いと聞きます。でも、食べる時には、喉に詰めないように、十分注意をして下さいネ (^^)

 

 

ご報告です!

 先日(11/23・土)、まちづくり協議会主催(協賛:社会福祉協議会・自治連合会)のチャリティーカラオケ大会がにぎやかに開催されました。

    

 当日、集まった募金が、北九州市社会福祉協議会へ寄付されました。

 ご協力いただき、ありがとうございました <m(__)m>

2019.10.28\R1 年度 ふれあいネットワーク 活動報告です/

 8月24日(土)「校区なつ祭り」、9月14日(土)「校区敬老会、10月18日(土)「つきいちサロン」の様子です。

    

 

 ※画面をクリックすると、PDFが開きます。

 

2019.08.07\ふれあいランチ会で、地域福祉権利擁護事業についてお話を聞きました/

令和元年7月11日(木)

 7月のふれあいランチ会で、北九州市社会福祉協議会が行っている、地域福祉権利擁護事業についてのお話しがありました。

 

 定刻の12時になり、まず初めに、皆さんで、お弁当をいただきました。

     

    今日のおかずの焼き魚は、骨があるのでご用心!

 

 次に、北九州市社会福祉協議会門司区事務所の杉本所長による、講義です。

           

 

 さて、「権利擁護」とは?

     

        なんか、難しそうだなぁ???

 物忘れがすすんできたり、障害をもたれていることなどで、金銭管理が自分では難しくなったときに、契約を結んで、金銭管理のお手伝いをする事業とのことです。

 

 2ヶ月に1回、振り込まれる年金を、1ヶ月で使い切ってしまうという方。年金が振り込まれると、知り合いの誘いがあり、使われてしまうという方。具体的な話しに、皆さん耳を傾けて聞いていました。

     

 

 後見人というのは聞いたことがあるけど?

  → 成年後見人制度を利用するほどではない方を対象をしていますが、個々の事情により、

   どちらが適切であるかを考えていく必要があります。

     

 

 本日参加の皆さんは、まだまだ、ご自身で管理できている方ばかりですが、こういう事業があることを知っていることで、何かの機会に役に立つこともあるかと思いますので、参考にして下さい。

 

 ふれあいランチ会も定例となりました。

 今後も、役に立つ講演や、笑いがおこる演目など、参加の方々と楽しい時間を過ごしたいと思っています。

2019.08.06\つきいちサロン 7月は ストレッチ体操です/

令和元年7月19日(金)

 今月の「つきいちサロン」では、ストレッチ体操を行いました。

 元A級ボクサーの 石井 直人 先生の指導のもと、椅子に座ったままで簡単にできるストレッチを行いました。

 

 つきいちサロンの始まりは、「しましょう宣言」です。

  1.外へ出かけましょう!        2.たくさんの人に会いましょう!

  3.いっぱいいっぱいお話ししましょう!  4.大きな口をあけて笑いましょう!

  5.大きな声を出して歌いましょう!   

 

 次に西門司市民センターの渡辺館長より、講師 石井 直人 先生の紹介です。

             

「地域の皆さんに、元気を与えられたら」と、地域活動への参加を希望され、市民センターに自ら売り込みに来られたそうです。

 現在は、ビートスイミングクラブ門司校で、ジムインストラクターとプールコーチをされているとのことです。

 

 それでは、ストレッチの始まりです。

     

「ゆっくりストレッチをすると血圧も下がります。」「体幹は下半身を鍛えることが大切です。」「筋肉を意識することで効果が上がります。」など、言葉かけをされながら、指導して下さいました。

     

「筋肉を鍛えると、寝ているだけでも痩せますよ。」と言う言葉に、俄然やる気が出てきた方も?

     

 身体をひねったり、座ったままで足踏みをしたり…。あれ?手と足が同じ?

 

 約40分、自宅でできる簡単ストレッチを行いました。

自宅でも行うことが理想ですが、なかなか…。サロンに参加して、皆さんと一緒に行うということが、良いのかもしれません。

 

 始まりの挨拶から、終わりの挨拶、片づけまでで1時間。「もう終わり?」と言うぐらいが、次につながる秘訣だとか。

 

 8月も第3金曜日(8/16)に行います。

 次回は、石井先生のプログラムではありませんが、皆さんと楽しめる内容を考えています。たくさんの皆さんの参加をお待ち しています。!(^^)!

2019.08.06\毎月第2木曜日に、ふれあいランチ会を開催/

令和元年6月13日(木)

 昨年度より、校区社協が主催となり、毎月第2木曜日の12時より、ふれあいランチ会を開催しています。

 6月のふれあいランチ会では、八幡東区在住の「ひびき落笑会」の 電電亭 光児 様の落語が披露されました。

 

 定刻の12時になり、まず、皆さんで、お弁当をいただきました。

     

    「今日は、梅シソご飯です。白ご飯ではありませんよ!」

    「お味噌汁も、具がたくさん入っていておいしい」

 

 それでは、本日のメインイベント、電電亭 光児 様による落語です。

 西門司市民センターの渡辺館長のお力で、実現しました。

     

 

 まず、落語の前に、元気で若さを保つための「あ・い・う・え・お」作文です。

   「あ」 … 安眠    → 寝る年寄りは元気。

   「い」 … 色気    → 色気をなくしてはダメですよ。

   「う」 … 運動    → 一番良いのは、ラジオ体操。(簡単)

   「え」 … 笑顔    → 良い笑いをしましょう!

   「お」 … オシャレ  → ときめきを忘れてはいけません。

            

 その後も、まだまだ「か・き・く・け・こ」作文へと続きます。

   「か」 … 感謝    → 他人の手がないと生きてはいけません。

   「き」 … 教養と教育 → 年齢を重ねるほど必要です。

   「く」 … 食う    → 口から入れて歯でしっかり噛みましょう。

   「け」 … 健康    → 以上のことを意識することが健康につながります。

   「こ」 … 恋     → ときめきの心が大切です。

 

 なかなか、本題の落語が始まりません。しかし、たくさんの笑い声が響いてます。

 

 さて、落語の演目は「厩火事(うまやかじ)」です。

 髪結いの奥さんが、仲人に、昼間から遊んで酒ばかり飲んでいる年下の亭主のことで相談に来て…というお話し」。

 奥さんになったり仲人になったり、声を変え、表情を変えてそれぞれになりきり話がすすみます。流石です。

     

 最後は、瀬戸物を壊した奥さんに「ケガはなかったか」と夫の言葉。しかし、心配をしてくれたことに喜んだ奥さんに対して、「おめえが手でもケガをしたら、明日から遊んでて酒をのむことができなくなる」と夫が言う。というオチでした。

 奥さんの立場としては、笑ってすませていいものか… (-"-)

 

 ふれあいランチ会では、1時間という短い時間ではありますが、皆さんと笑って楽しい時間を過ごしたいと考えています。

 皆さん、笑いすぎて喉に詰めないように、気をつけて下さいね (^o^) 

2019.07.02\つきいちサロン 令和元年度の開級式がおこなわれました/

令和元年6月21日(金)

 元気がなくなっていた「つきいちサロン」でしたが、もっと元気を出しましょう!と、声を上げて下さった方、その声に賛同して協力を申し出て下さった方々のお力で、本日、市民センターで、開級式を行うことができました。

    

 総勢33名。男性の参加もありました。

 

 まず初めに「しましょう宣言」です。

      1.外へ出かけましょう!

      2.たくさんの人に会いましょう!

      3.いっぱい、いっぱいお話しましょう!

      4.大きな口をあけて笑いましょう!

      5.大きな声を出して唄いましょう!

  毎回、始めに、全員で宣言することになりました。

 

 『サロンに参加して歯を出して笑って過ごしましょう。「つきいちサロン」=「歯だし会」(歯を出して笑う会)

 元気なサロンにしよう!とお世話係を買って出て下さった木戸氏のユーモアのあるお話し。童心に返っての手遊び。あちらこちらで笑い声が響きます。

   

 

 参加されている皆さんから、どんなことをサロンでやりたいか、意見を聞いてみました。

カラオケ、体操、脳トレ、地元のプロサッカーチームの応援、かるた、トランプ、手芸、フォークダンス、童謡、ビンゴゲーム、折り紙、しりとり等のことば遊び、ことわざを読む等々、たくさんの意見がでました。

 

 本日のまとめは、市民センターの渡辺館長によるピアノ伴奏で「もしもしカメよ」の替え歌です。」

 ♫ 1)人のお世話の  好きな人   本を読む人 ボケません

    いつも笑って  暮らす人   趣味の楽しみ もった人

 

  2)花の風情(ふぜい)の 解(わか)る人   詩(うた)を読む人 ボケません

    いつも俳句を ひねる人        旅やおしゃれの 好きな人   ♫

                            (4番までありました)

   

 

 最後に、開級式らしく、「全員 起立! 礼!」で、閉会。

 

 来月は、7月19日(金) 13:30~ です。

 何をするのでしょうか? … それは、次回までのお楽しみです (^○^)

 

 

«前へ1 2 3次へ»

門司区