$('#fade').cycle();

私たち、こんな活動しています!

2022.06.24NSS(西門司スマイルスクール)の開校式を行いました

 

令和4年6月24日、NSS(西門司スマイルスクール)の開校式が行われましたので紹介します。

      

      

    

    

2021.12.15恒例のふれあい歳末事業が行われました!

 

2021年12月15日(水)恒例のふれあい歳末事業が行われました。

 あたたかな冬日の中、日頃から見守りをしている高齢者のお宅へお持ちをお届けする

「ふれあい歳末事業」が行われました。今年は140kgのもち米を総勢30名近くの

お手伝いをいただき開催することが出来ました。コロナ禍の中でしたが、「楽しみにさ

れている方々にお届けしたい」との思いから、密をさけ感染対策を充分に行い、福祉協

力員さんにより、お正月を前にお届けする事が出来ました。

行事に携わった西門司校区社協をはじめご協力を頂いた皆様、お疲れ様でした。

よいお年をお迎えください。

  

  

2021.11.17ふれあいネットワークバス研修「耶馬渓方面に行きました!」

 

2021年11月17日(水)ふれあいネットワークバス研修「耶馬渓方面に行きました!」

 ふれあいネットワーク協力員さん、民生委員さん47名は秋空に恵まれ曽根干潟や玖珠

ウインドファーム(風力発電)を見学しました。広大な祖へ干潟には絶滅危惧種のスグロ

カモメやツグシガモなどが生息、生きた化石と呼ばれるカブトガニの生息地となっている

そうです。耶馬渓の紅葉も美しく色づいていました。

  

2021.10.14ふれあいランチ会を開催しました!

 

2021年10月14日(木)ふれあいランチ会

 今回は、門司警察署交通安全課の方をお招きし、特殊詐欺についての情報や

区内で発生している高齢者による交通事故の状況、蛍光ホルダー利用時の注意等を

話していただきました。

  

2021.06.25西門司 スマイル スクール(旧名称:つきいちサロン)を開催しました!

 

2021年6月25日(金)NSS(西門司 スマイル スクール)

 今年度、月一サロンからNCC(西門司 スマイル スクール)と名前を変更し、

6月からスタートです。水上裕子さんをお迎えし、ピアノコンサートを行いました。

皆さんからのリクエストの歌等を演奏していただき、参加者の皆さんは、一緒に歌う

など楽しんでいました。

  

2020.12.15恒例のふれあい歳末事業が行われました 

 

 今年度も、日頃から見守りをしている高齢者のお宅へ、お餅を配付する

「ふれあい歳末事業」の時季がやってきました。新型コロナウイルス感染症

の拡大で、開催を見送ろうかとの意見もあったようですが、「楽しみにされて

いる方々にお届けしたい」という熱い思いから、万全の対策をとり開催されました。

    

続きを読む

2020.11.20つきいちサロンが始まりました!

 

令和2年9月18日(金)

 コロナ禍で、自粛していましたが、9月より開催。

前年度会員さんは、もちろんのこと、新会員さんも申込みがあると知るとすぐに応募!

瞬く間に定員数になりました。

  

  来られたら、まず検温!

 

 

令和2年11月20日(金)

 

 今回は、講師 前北九州市長 末吉 興一氏をお迎えし、「門司港レトロ今昔 過去から学ぶ

北九州の遺産」をテーマに、話されました。

「関門というと下関と門司となっているが、現在は第2関門橋ルート構想が言われている、

 今後は下関だけでなく山陰地方を含め、地域性を大切に発展させていかなければならない」

など、北九州市はもとより広域の未来を考えている話に、85歳の年齢を感じさせない歯切れの

良さに感動しました。

    

   85歳の歯切れの良さ!         皆さん、聞き入っていました。

 

2020.10.26ふれあい協力員さんとエコツアーバス研修へ出かけました

2020.09.10ふれあいランチ会、始まりました!

  

  コロナ禍で、自粛していましたが、9月より開催。

 密を避けるために、座席を交互に、重ならないよう配慮するなど、新しい

 ふれあいランチ会が始まりました。

 皆さん、待っていた様子で、「長かった~」「みんなと、会いたかった~」と、

 マスク越しに楽しく会話が弾んでいました。

   

                                   ≪講師≫

                        山内洋子氏を迎え、クイズ形式で

                        絵本を紹介されました

2019.12.25\恒例のふれあい歳末事業が行われました/

令和元年12月17日(火)

 今年度も、日頃から見守りをしている高齢者のお宅へ、お餅の配付と、年賀状を送付する「ふれあい歳末事業」の時期がやってきました。

 今年は、130㎏のもち米を用意。前日に下準備を終え、朝早くからお餅つき開始。

 

   

    やっぱり。マキの方が、早く蒸しあがります。 必要なマキは。1年かけて集めました。

 

   

   つきあがったお餅を、熱いうちに小餅に丸めます。  とにかくあつい熱い!! ヤケドしそうです。

 

   

 合間をみて、食進(食生活改善推進委員)さんが用意をして下さったおにぎりと具がたくさん入った豚汁で、昼食をとります。 心も身体も温まりました。

 さあ、もうひと頑張り !(^^)!

 

   

   紅白のお餅をあわせて5つずつ小袋に入れ、町内(班)毎に、配付世帯の数を用意。

   福祉協力員が受け取り、ご自宅まで、お届けします。

 

   

   そして、年賀はがき。宛名書きをして発送します。ご苦労様です m(__)m

 

 天気が心配されましたが、雨もほとんど降らず、今年最後の大きな行事を、皆様のご協力で、無事に行うことができました。

 お餅が配られるのを楽しみにしている方も多いと聞きます。でも、食べる時には、喉に詰めないように、十分注意をして下さいネ (^^)

 

 

ご報告です!

 先日(11/23・土)、まちづくり協議会主催(協賛:社会福祉協議会・自治連合会)のチャリティーカラオケ大会がにぎやかに開催されました。

    

 当日、集まった募金が、北九州市社会福祉協議会へ寄付されました。

 ご協力いただき、ありがとうございました <m(__)m>

«前へ1 2 3 4次へ»

門司区