\ウェルクラブの児童が高齢者宅訪問をしました/

2019.09.09

令和元年8月2日(金)

 ウェルクラブ活動で、高齢者のお宅を訪問しました。

 今年は、田野浦にこにこ塾の生徒たちも、参加しました。

 10時30分開始予定でしたが、酷暑の為、9時開始に変更。それでも暑い (-_-;)

    

 

 3つの班に分かれて、訪問をしました。皆さん、笑顔で出迎えて下さいました。

  

 せっかくに機会なのに、いざとなると、緊張して何のお話しをしたら良いのか…。

 飼っている猫のことや、軒下にスズメバチが巣をつくってしまったこと、運転をしないので買い物が大変で、娘や息子に手伝ってもらっていることなどの話しを聞きました。

 

 市民センターに戻り、訪問をしてみて思ったことや感じたことをノートに書きました。

   

         文章にするのって、難しい (*_*)

 「緊張して、よくしゃべれなかった。」

 「今の生活のついて話しを聞いたら、色々話しをして下さった。」

 「趣味があれは、さびしくないと言っていたのが、印象的だった」

 

 最後に、校区社協の金子会長からまとめの言葉をいただきました。

 「暑い中、お疲れ様でした。なかなか高齢者と話しをする機会もなかったと思います。今日の経験を活かして下さい。みんなよく頑張りました。」ということで、ジュースと参加賞が送られました。

やったね (^_-)

 

 皆さん、暑い中、お疲れ様でした <m(__)m>

 今日の経験から育まれた「ふくしの心」を大切にし、今後に活かして下さい。

 

門司区