2019年09月の記事一覧

2019.09.13ふくしのまちづくり講座 1日目

浅生地区社会福祉協議会では2019年度に

ふくしのまちづくり講座を通じ、地域力UP!を目指します。  

 

1日目は「浅生まちをもっと知ろう」です。

まずはアイスブレイクTime

みなさん「待ちぼうけ」という唱歌をご存知ですか?

この歌は5番まであるのですが、

それを並び替えてみましょう♪というもの…

        アイスブレイクは結果を求めるものではないですから

        「結果」にこだわるものではないですから^^;

みなさんチーム一丸で、たいへん悩まれていたようです。

 

 

本日の流れを、例で示して説明 ↓  

 

「浅生」の自慢したいところや良い所をピンクの付箋に、

もっと良くしたい所や気になるところをブルーの付箋に

書いて行きました。

  

それを大まかにグループに分けていきます。

  

ちょっと気になる隣のグループのことは

ブレーンストーミング「脳の嵐」=便乗歓迎?!で覗き見(^^)/

  

自分の班に戻って、グループにわけたものに名前を付けて

それをみんなに披露します。

     

この日、みんなのハートをわしづかみにしたフレーズ

「夕日とマッチした若戸大橋」

最後をまとめてくださった原田館長さんからも

とても感動したといっていただきました。

 

豊かな心で見ないと見えないかもしれない風景ですね

浅生のまちのステキ☆ポイント☆が発見されました。

 

次回は10月17日(木)19:00からです。

若戸大橋と夕日の素晴らしい風景を

どんな人も同じように、いつでも感じることができるのか

と言う視点から 「認知症について学ぶ」時間となる予定です。

 

みんなで一緒に美しい風景を感じるまち=浅生をつくる!

一緒に参加されませんか?お待ちしています。

2019.09.098月のすこやかサロン

8月のすこやかサロンは

高齢者地域交流支援通所事業 さくらぎクラブさんとの

合同開催となりました。

「高齢者地域交流支援通所事業」とは、

市内に居住する在宅の65歳以上の高齢者のうち

要介護状態になるおそれの高い方に対し、

できるだけ長く地域で自立した生活ができるよう、

市民センターにおいて運動等のプログラムを提供することにより

介護予防・自立支援を図ることを目的として

北九州市が行っている事業です。  

 

講師は健康実践指導師として、

地域では健康づくり推進員として、また福祉協力員としても

大活躍の長谷川明美先生に来ていただきました。

いつお会いしても抜群のスタイルと

引き込まれる笑顔の素敵な先生です。

認知症予防体操や転倒予防のストレッチを行いました。

はじめてこのプログラムを経験された地域の方からは

「続けたい!クラブとかはありませんか」のお声や

後日、さくらぎクラブに見学に行かれた方も

いらっしゃったとお聞きしました。

北九州市が主催している高齢者介護予防事業と

地域のみなさんが元気で安心して過ごすことができるようにと

地区社会福祉協議会が開催しているサロン事業。

お互いが情報交換しながら、協働して

ますます浅生地域が安心して暮らせる支え合いのまちに

なっていくことを目指していけたら良いと思います。

開催に向けてご協力いただいた関係者のみなさん

ありがとうございました。

戸畑区